2012/11/14

インディアナ州上院議員が反進化論案提案準備中

インディアナ州では、2012年に州上院を反進化論州法案SB89が通過したが、州下院で事実上廃案となっていた。米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、このSB89を提案した、共和党Dennis Kruse州上院議員が2013年州議会で、また反進化論州法案を提案しようとしている。
Efforts to undermine the teaching of evolution are likely to be revived in the Indiana legislature, according to a columnist for the Lafayette Journal and Courier (November 10, 2012). At the center of the efforts is state senator Dennis Kruse (R-District 14), who told the newspaper that he plans to introduce a bill drafted by the Discovery Institute, presumably along the lines of the bills adopted, despite the protests of the scientific and educational communities, in Tennessee in 2012 and Louisiana in 2008. NCSE's executive director Eugenie C. Scott was quoted as describing such bills as a "permission slip for teachers to bring creationism, climate-change denial and other non-science into science classrooms."

In 2011, Kruse's Senate Bill 89 would have allowed local school districts to require the teaching of creation science − despite the Supreme Court's ruling in the 1987 case Edwards v. Aguillard that teaching creation science in public schools is unconstitutional. SB 89 passed the Senate but was amended to delete the reference to creation science and to require reference to "Christianity, Judaism, Islam, Hinduism, Buddhism, and Scientology"; the speaker of the House of Representatives declined to let it come to a vote there, and the bill died when the legislature adjourned. Now, Kruse told the Journal and Courier, "We’re going to try something a little different this time." ...

Lafayette Journal and Courier (2012/11/10)のコラムニストDave Bangertによれば、インディアナ州議会で、進化論教育を損なう動きが復活するようである。その中心人物は共和党District-14選出のDennis Knuse州上院議員で、彼はDiscovery Instituteが原案作成した州法案の提案を計画しているとJournal and Courierに語っている。これは、科学界や教育界の反対にもかかわらず、2012年にテネシー州及び、2008年にルイジアナ州で成立した州法と同様のものであると思われる。NCSE代表Eugenie C. Scottは「そのような州法案は、教師に創造論や温暖化否定論など非科学を理科の授業で教えることを可能にするもの」であると述べている。

創造科学を公立学校え教えることは違憲であると1987年のEdwards v. Aguillard裁判で連邦最高裁判決が出ているにもかかわらず、2011年のKnuth州上院議員のSB89は、学区教育委員会に創造科学の教育を義務付けるものだった。SB89は創造科学への言及を削除し、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教・ヒンズー教・仏教・サイエントロジーへの言及を義務付ける修正を受けて、州上院を通過した。州下院はこれを採決しないことにし、会期切れで廃案になっていた。Knuse州上院議員はJournal and Courierに「我々は今回は少し違うことをする」と語っている。

[Antievolution legislation on the horizon in Indiana (2012/11/12) on NCSE]
2012-2013年州議会はまだ先だが、これが最初の反進化論州法案の動きである。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:


2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:



2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
タグ:反進化論州法
posted by Kumicit at 2012/11/14 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック