2012/11/17

テキサス・ニューメキシコの電力会社Xcel Energyが供給力確保のため、消費者価格引き上げに動き始めた

電力供給の予備力不足の状態になっているテキサス州で、発電所建設及び送配電系の強化のため、電力会社Xcel Energyが電気料金の値上げ手続きを始めた。
Xcel Energy is asking Texas customers to pay an average $6.61 more per month on their electric bills to help fund the cost of ongoing generation and delivery projects in Texas and New Mexico.

A proposal presented Thursday to the 79 Texas towns and cities served by the company, and to the Public Utility Commission of Texas, seeks to boost revenue by $90.2 million per year, said Wes Reeves, a spokesman for Xcel. The increase would not affect wholesale customers, including the city of Lubbock, that purchase electricity from Xcel through a purchase power agreement set to expire in 2019.

Impacts on each customer class vary, but for residential customers using 1,000 kilowatt-hours per month, the increase would average $6.61 per month, or 7.3 percent with fuel costs factored in. New rates are likely to take effect in spring, pending a state hearing.

For all customer classes combined, the total increase is 12 percent, accounting for base rates and fuel costs.

Xcel Energyはテキサス州の顧客に対して、テキサス及びニューメキシコでの発電及び送配電プロジェクトの費用確保のために、平均6.61ドル/月の追加支払いを求めている。

Xcel Energyの広報担当Wes Reevesは、「この提案は、年間9020万ドルの収入増を求めて、Xcel Energyの供給エリアにある79の市町及び、テキサス州公共企業委員会にに対して木曜日(2012/11/15)に行われた」と述べた。この価格改定は、2019年までの長期契約でXcel Energyから電力を調達しているLubbock市など、卸電力の顧客には影響しない。

顧客種別により影響は異なるが、1000kWh/月を利用する家庭では、燃料コストファクター込みで、月当たり6.61ドルの負担増、すなわち7.3%増となる。新料金は州政府の公聴会を待って、春から適用されるとみられている。全顧客をあわせると、基本料金及び燃料コストファクター込みで、12%の負担増となる。

“The economy of the Texas Panhandle and South Plains continues to outpace national economic growth,” according to a statement from Riley Hill, president and CEO of Southwestern Public Service Co., an Xcel Energy company. “Our customers expect us to invest wisely to modernize and upgrade our system to meet this growing demand and provide the reliable service necessary to sustain economic growth. This case is largely driven by these investments, which provide great value to our customers over the long term.

Reeves said the additional revenue will help fund about $2 billion in upgrades to transmission lines, modernization of distribution systems and construction of additional generating capacity planned through 2016.

Reeves said Xcel in 2011 finished construction of the nearly $90 million Jones 3 Unit gas-fired power plant just southeast of Lubbock and will begin construction of the Jones 4 unit − another $90 million gas-fired turbine − this year. Both plants will produce about 169 megawatts and will be primarily used during peak electrical demand in the summer. One megawatt can power about 750 homes.

「Texas Panhandle及びSouth Plainsの経済成長は全米平均を上回っている。我々ぼ顧客は、我々が適切に投資して、設備の更新を行って、この増大する需要に応え、経済成長を維持するために必要な安定供給を行うことを期待している。今回の料金改定はおおよそ、この投資によるもので、長期的に見れば顧客の利益になるものである」と、Xcel Energy傘下のSouthwestern Public Service Co.のCEOであるRiley Hill社長は声明で述べた。

広報担当のReevesは「追加収入となる20億ドルは2016年までに計画されている送電線の更新、配電システムの近代化、発電所の建設に使われる。Xcel Energyは2011年に、Lubbock市のすぐ南東にある、9000万ドルのJones火力発電所3号機(ガス火力)の建設を終え、続いて今年、9000万ドルの4号機(ガスタービン)の建設を開始する。両号機は16.9万kWの電力を供給し、夏のピーク需要時に使用される。1000kWで750世帯の電力をまかなえる」と述べた。

...
[Adam D. Young: "Xcel Energy requests rate increase from Texas customers, Public Utility Commission" (2012/11/16) on Lubbock AVALANCHE-JOURNAL]
既に卸電力取引の上限価格が1.5倍に引き上げられ、さらに2倍に引き上げられることが決定している。発電・送電系を持たない販売会社も卸電力価格の変動の影響により、値上げが必要となる。

テキサス州は電力自由化によって、全米平均より高くなった電気料金が、ようやく全米平均を下回ったところだった。しかし、それが原因で発電投資不足から、予備力不足になっていた。その対策として、再び、電気料金を引き上げることになるもよう。

posted by Kumicit at 2012/11/17 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック