2012/11/17

カリフォルニアの電力をめぐってJPMorganに新たな問題が...

カリフォルニアでは、1958年に建設された、Huntington Beach火力発電所 (4機 合計89万kW)の閉鎖が迫っている。このため、2012年8月10日付のReutersの報道によれば、AES Huntington Beach LLCは、まずは運転していない3号機と4号機を解体して場所を確保し、そこに45万kWの発電機新設を計画している。

特に、Edison and San Diego Gas & Electric CoのSan Onofre原発の停止により、電力容量に余裕がなくなっている現在、重要度が増しているわけだが、LA TimesSacrament Beeなどの報道によれば、JPMorganがこの計画を妨害している。
Meanwhile, the ISO moved Thursday to stop Morgan from blocking the upgrade of two Huntington Beach power plants considered key to keeping air conditioners humming next summer in Southern California. Morgan could not be reached for comment.

The operator of California's far-flung power grid filed a petition with federal regulators, accusing Morgan of raising legal obstacles to getting the plants working in time to avoid possible brownouts and rolling blackouts when the temperatures climb.

The shoreline facilities, currently not in use, are needed to help make up for the loss of more than 2,000 megawatts of power caused by the shutdown for safety reasons of both reactors at Southern California Edison's San Onofre Nuclear Generating Station.

Several power plants in Huntington Beach are owned by AES Corp. Two of them currently supply power to Morgan. But it is two other plants there, currently not operating, that the state wants to upgrade.

But the ISO says AES is balking, saying Morgan doesn't want to go along with the upgrade. The state is trying to force Morgan and AES to go ahead.

Grid operators want FERC to rule that JPMorgan's consent is not needed to retrofit the Huntington Beach power plants. The retrofit is essential to maintain sufficiently high voltage in transmission lines to meet peak summertime demand.

"The inability to resolve the consent issue in time to allow construction to commence in early 2013 could leave Southern California exposed to reliance on a widespread load-shedding scheme in the summer of 2013," state officials warned the commission.

カリフォルニア独立系統運用機関(CAISO)は、木曜日(2012/11/15)に、来夏の南カリフォルニアの冷房需要に応えるためのカギと考えられるHuntington Beach火力発電所の2機の発電機の更改をJPMorganが妨害するのを止める動きに出た。これについてJPMorganにコメントを求めることはできなかった。

CAISOは連邦エネルギー規制委員会(FERC)に対して、JPMorganが、気温上昇時に起きうる電圧降下や輪番停電を回避するために、時機にあわせて稼働するように発電所を整備することの、法的障害となっているとの訴えを出した。

海岸沿いにある現在運転していない2機が、Southern California Edisonの運転停止中のSan Onofre原発200万kW分の穴埋めに必要となっている。Huntington Beach火力発電所の発電機はAES Corpが所有している。うち2機はJPMorganに電力を供給している。しかし、もう2機には現在、運転しておらず、州政府はこれらの発電機の更改を求めている。

しかし、CAISOは「JPMorganが機器更新を求めていないと述べて、AESは躊躇している。州政府はJPMorganとAESに計画を進めるよう求めている」と述べた。

CAISOはFERCに対して、Hunting Beach火力発発電所の発電機更改にJPMorganの同意は不要であるとの決定を出すように求めている。発電機更改は夏のピーク需要に対応して送電線の高圧を維持するのに不可欠である。

2013年の早い時期の建設開始に間に合うように、JPMorganの同意問題を解決できないと、南カリフォルニアは2013年夏に輪番停電のリスクに晒されることになる」とFERCに対して、州政府は警告した。


[Marc Lifsher: "JPMorgan's California energy dealings draw more fire (2012/11/16) on LA times]
JPMorganの意図は不明である。ただ、電力供給不足になると、卸電力価格は暴騰する。電力供給サイドの会社を持つJPMorganは、電力供給力の増強を妨害することで、利益を得られる。もしかすると、相場操縦の意図があるのかもしれない。
posted by Kumicit at 2012/11/17 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Prayer&Magic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。