2006/12/26

聖書の無謬性とファンダメンタリズム関連用語メモ

キリスト教根本主義と聖書の無謬性について、現時点での日本語wikiの記述は:
wiki:福音主義

福音主義(第一定義)=福音主義(第二定義) + 社会派(=先鋭自由主義)
福音主義(第二定義)=福音派 + 自覚的な穏やかな自由主義神学
福音派=キリスト教根本主義 + 自覚のない穏やかな自由主義神学

wiki:キリスト教根本主義

聖書を文字通り一字一句が真実で、誤謬・矛盾は決してないものと考える。字義的解釈が明らかに不可能な際は必要に応じて「柔軟な」解釈を行うが、可能な限り例え話や抽象的な表現だとは考えない。創世記の物語もそのまま、世界の歴史そのものと捉えている。そのため、創世記の記述と直接一致しない科学、特に進化論を受け入れる余地は全くない。

wiki:聖書無謬説

聖書に書かれていることは一言一句にわたって全く誤りがないと説き、しかも聖書をそのままに「文言を鵜呑みにする」ように読むべきであるという教義を、「聖書無謬説」であると定義する神学者と教派が多数存在することから、キリスト教関係のキリスト教関連用語として使用されているのである。


英語版で補足すると...

英語版wikipedia: 聖書のインスピレーション(Biblical inspiration)によれば:

In a number of passages the Bible claims divine inspiration for itself. Besides the direct accounts of written revelation, such as Moses receiving the Ten Commandments, the Prophets of the Old Testament frequently claimed that their message was divine by the formula "Thus says the LORD" (for example, 1 Kgs 12:22--24; 1 Chr 17:3--4; Jer 35:13; Ezek 2:4; Zech 7:9; etc.). In the New Testament, Jesus treats the Old Testament as authoritative and says it "cannot be broken" (John 10:34--36), and the Second Epistle of Peter claims that "no prophecy of Scripture ... was ever produced by the will of man, but men spoke from God as they were carried along by the Holy Spirit" (2 Pet 1:20--21). That epistle also claims divine authority for the Apostles (3:2) and includes Paul's letters as being counted with the Scriptures (3:16).

幾つかの章節で、聖書自体が神のインスピレーションを主張する。十戒を受けるモーゼのような直接の報告の他に、旧約聖書の預言者たちは、自らのメッセージが神によるものであることを主張して「神はこのように言われた」と記述する[列王記 上12章22-24節, 歴代誌 上17章3-4節, エレミヤ書35章13節, エゼキエル書2章4節, ゼカリヤ書7章9節]。新約聖書ではイエスが旧約聖書を権威として扱い、「聖書が廃れることはありえない。 」と言っている[ヨハネによる福音書10章34-36節]。ペトロの手紙二は「何よりもまず心得てほしいのは、聖書の預言は何一つ、自分勝手に解釈すべきではないということです。なぜなら、預言は、決して人間の意志に基づいて語られたのではなく、人々が聖霊に導かれて神からの言葉を語ったものだからです。 」と主張している[ペトロの手紙二 第1章20-21節]。さらに、ペトロの手紙二は使徒たちに対する神の権威を主張し[ペトロの手紙二 第3章2節]、パウロの手紙は聖書に含まれると主張する[ペトロの手紙二 第3章16節]。


この"神のインスピレーションによる聖書"という主張をもとに、聖書の無謬性が主張される。英語版wikipedia: 聖書の無謬性(Biblical inerrancy)によれば:
The theological basis of the belief, in its simplest form, is that as God is perfect, the Bible, as the word of God, must also be perfect, thus, free from error.

最も単純な形での信仰の神学的基礎は、神は完全であり、聖書は神の言葉として完全であり、従って無謬だというものである。

Proponents of biblical inerrancy also teach that God used the "distinctive personalities and literary styles of the writers" of scripture but that God's inspiration guided them to flawlessly project his message through their own language and personality. [The Chicago Statement]

聖書の無謬性の支持者は、神は聖書の"特徴的な個性と作家の文学的なスタイル"を使ったが、神のインスピレーションが彼ら自身の言葉と個性を通して神のメッセージを無謬に反映するように導いたと主張する。

Infallibility and inerrancy refer to the original texts of the Bible. And while conservative scholars acknowledge the potential for human error in transmission and translation, modern translations are considered to "faithfully represent the originals" [The Chicago Statement].

絶対確実性と無誤謬性は、聖書原文に対しての主張である。そして、保守的な学者は伝達と翻訳において人為ミスが起きる可能性を認めるつつも、現代の翻訳は"忠実に原文を表現する"と考えている。

In their text on the subject, Geisler & Nix (1986) claim that scriptural inerrancy is established by a number of observations and processes, which include:

この件に関して、Geisler and Nix[A General Introduction to the Bible. Moody Press, Chicago1986]は、聖書の無謬性は次のような多くの観察と過程によって確立されると主張する:

1. the historical accuracy of the Bible,
2. the Bible's claims of its own inerrancy,
3. church history and tradition, and
4. one's individual experience with God, etc.

1.聖書の歴史の正確さ
2.無謬であるという聖書自体の主張、
3.教会史と伝統
4.神に接したその個々人の経験。

"Prima Facie" refers to evidence and claims from the Bible itself. "The Witness of the Spirit" is cited as proof to the person to whom God speaks. The "Transforming Ability" of scripture is cited as yet another supernatural proof to an individual. The "Unity of the Scripture" despite its myriad of authors, cultures, and topics, the "Historicity of the Bible" and how the archaeological record is interpreted to confirm the Bible, the "Testimony of Christ," "fulfilled prophecies," "apparent indestructibility" of the scriptures, and the "integrity of its authors" are all commonly taught as ways reliability is established. [Geisler & Nix (1986). A General Introduction to the Bible. Moody Press, Chicago]

"Prima Facie"は聖書自体に証拠と主張があると言及する。"聖霊の証し"は神がその人に話したことの証明として挙げられる。聖書の"翻訳可能性"は、個人に対する超自然の証明とみなされる。数多くの著者と文化と話題をこえた"聖書の統一性"と、"聖書の史実性"および考古学的記録による聖書記述の確認と、"キリストの証言"と、"成就した予言"と、聖書の"見た目の不滅性"と、"著者たちの健全性"が、聖書の真実性を確立するものとして主張される。


The Chicago Statement on Biblical Inerrancy
聖書の無謬性についてのChicago Statement


In 1978 a large gathering of American Protestant churches, including representatives of the Conservative, Reformed and Presbyterian, Lutheran, and Baptist denominations, adopted the Chicago Statement on Biblical Inerrancy. The Chicago Statement does not necessarily imply that any particular traditional interpretation of the Bible is without error. Instead, it gives primacy to seeking the intention of the author of each text, and commits itself to receiving the statement as fact depending on whether it can be determined or assumed that the author meant to communicate a statement of fact. Of course, knowing the intent of the original authors is impossible. Acknowledging that there are many kinds of literature in the Bible besides statements of fact, the Statement nevertheless reasserts the authenticity of the Bible in toto as the word of God. Advocates of the Chicago Statement are worried that accepting one error in the Bible leads one down a slippery slope that ends in rejecting that the Bible has any value greater than some other book. "The authority of Scripture is inescapably impaired if this total divine inerrancy is in any way limited or disregarded, or made relative to a view of truth contrary to the Bible's own; and such lapses bring serious loss to both the individual and the church."

1978年の改革派教会や長老教会やルーテル教会やバプティスト教会を含む米国プロテスタント教会の大きな集まりで、聖書の無謬性についてのChicago Statementが採択された。Chicago Statementは、聖書のいかなる特定の伝統的解釈も無謬であるとは、必ずしも意味しない。その代わりに、各文書の著者の意図をさぐることを最重視し、著者が事実の記述を伝える意図があると確定もしくは仮定できるかに依拠して、記述が事実であると認めると明言する。もちろん、原作者の意図を知ることは不可能である。事実の記述の他にも聖書には様々な種類の文書があることを認めた上で、Chicago Statementは、神の言葉として、聖書の権威を主張する。Chicago Statementの主唱者は、ひとつでも聖書に誤りを認めれば、坂道を転がり落ちて、聖書が他の本よりも偉大な価値があるということを拒否することにつながると懸念する。「いかなる形であれ、神の完全性が限定されるか無視される、あるいは聖書の真実性に反する事実の見識と比較されるならば、聖書の権威は不可避的に損なわれる。そのような過ちは、個人と教会に莫大な損失をもたらす」

King James Only

Another belief (King James Only) holds that the translators of the King James Version were guided by God, and that the KJV thus is to be taken as authoritative. However, those who hold this opinion do not extend it to the KJV translations of the Apocryphal books, which were produced along with the rest of the Authorized Version. Modern translations differ from the KJV on numerous points, sometimes resulting from access to different early texts. Upholders of the KJV would nevertheless hold that the Protestant canon of KJV is itself an inspired text and therefore remains authoritative. The King James Only movement asserts that the KJV is the sole English translation free from error.

もう一つの信仰(King James Only)は、King James Version(KJV)の英訳が神によって導かれたものであり、KJVは従って、権威あるものだと考える。しかし、この考えを持つ者は、欽定訳聖書にとともに作成された聖書外典にまでその権威を拡大しない。初期の異本を使用した結果、現代の翻訳は多くの点でKJVと異なる。しかしながら、KJV支持者は、KJVのプロテスタント規範それ自体が、神によるインスピレーションの文書であるので、権威あるものだと考える。King James Only運動は、KJVが唯一の誤りなき英訳であると根拠なく主張する。




posted by Kumicit at 2006/12/26 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック