2012/12/02

いずこも同じ、食物の癌リスク

米国でも食物の癌リスクについての記事があふれている。そして、その多くは、有意でなかったり、些末的だったり...
They are mainstay stories of tabloid newspapers and women's magazines, linking common foods from burnt toast to low-fat salad dressing to cancer. But now US scientists have warned that many reports connecting familiar ingredients with increased cancer risk have little statistical significance and should be treated with caution.

"When we examined the reports, we found many had borderline or no statistical significance," said Dr Jonathan Schoenfeld of the Harvard School of Public Health in Boston.


トーストのコゲから低脂肪サラダドレッシングまで、普通の食物と癌を結ぶ付けるのが、タブロイド紙や女性誌の主力の記事でとなっている。しかし、今や、米国の科学者が、よくある成分と癌リスクをリンクさせる多くの記事について、ほとんど有意でなく、注意して取り扱う必要があると警告する。

BostonのHarvard Schoolの公共医療のDr Jonathan Schoenfeldは「これらの記事を調べると、多くがボーダーライン上か、統計的に有意ではなかった」と述べた。

Bacon-tea-and-burnt-toast.jpg

"Statistical significance" is the term used for an assessment of whether a set of observations reflects a real pattern or one thrown up by chance. The two researchers' work suggests that many reports linking foodstuffs to cancer revealed no valid medical pattern at all.

"We found that, if we took one individual study that finds a link with cancer, it was very often difficult to repeat that in other studies," said Schoenfeld. "People need to know whether a study linking a food to cancer risk is backed up before jumping to conclusions."

統計的有意性は、観察結果が実際のパターンを反映しているのか、偶然なのかを判断するために使われる。ふたりの研究所の成果は、食物と癌の関係についての多くの記事が、まったく医学的パターンがないことを示している。

「癌との関係を発見したという個々の研究を見たとしても、多くの場合、その研究に再現性はないことがわかった。食物と癌リスクの関係を示す一つの研究の結論に飛びつく前に、他の研究に支持されているか確認すべきだ」とDr Jonathan Schoenfeldは言う。

[Robin McKie: "US scientists challenge scares about food links to cancer" (2012/12/01) on The Guardian]
どこでも違わない風景...


posted by Kumicit at 2012/12/02 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック