2007/01/06

地球温暖化問題に取り組めない福音主義

米国キリスト教福音主義は地球温暖化について、環境保護側に行きかけて、もどっていたらしい。昨年(2006年)2月2日付けのWashington PostのAlan Coopermanの記事「Evangelicals Will Not Take Stand on Global Warming」によれば:
The National Association of Evangelicals said yesterday that it has been unable to reach a consensus on global climate change and will not take a stand on the issue, disappointing environmentalists who had hoped that evangelical Christians would prod the Bush administration to soften its position on global warming.

The National Association of Evangelicals(全米福音協会)は昨日(2006年2月1日)、世界的気候変動についてコンセンサスに達することが出来ず、問題について明確な態度を打ち出さないと発表し、福音主義キリスト教徒が地球温暖化に対するブッシュ政権の姿勢を変えることを望んだ環境保護主義者たちを失望させた。

Over the past four years a growing number of evangelical groups have embraced environmental causes, urging Christians to engage in "Creation care" and campaigning against gas-guzzling SUVs with advertisements asking, "What would Jesus drive?"
In October 2004 the leadership of the NAE, which says it has 30 million members and is the nation's largest evangelical organization, declared that mankind has "a sacred responsibility to steward the Earth and not a license to abuse the creation of which we are a part." At about the same time, the umbrella group's president, the Rev. Ted Haggard of Colorado Springs, called the environment "a values issue."

過去4年にわたり、多くの福音主義グループが環境保護主義を受け入れた。そして、キリスト教徒に"Creation Care"とイエスは何を運転していたかと問いかけるガソリン食いのSUVに反対する運動に参加するように訴えた。
2004年10月に、3000万の会員を持つ米国最大の福音主義団体とされるThe National Association of Evangelicals(全米福音協会)の指導者たちは、人類には地球の面倒を見る聖なる責任があり、我々も一部である創造物を不当に使ってよいわけではないと主張した。同じ頃、傘下のグループの代表であるColorado SpringsのTed Haggard師は、環境問題を価値問題と呼んだ。

But this fledgling movement -- dubbed the "greening of evangelicals" in a front-page Washington Post article a year ago -- has also met internal resistance. In a letter to Haggard last month, more than 20 evangelical leaders urged the NAE not to adopt "any official position" on global climate change because "Bible-believing evangelicals . . . disagree about the cause, severity and solutions to the global warming issue."
The letter's signers amounted to a Who's Who of politically powerful evangelicals, including Charles W. Colson, founder of Prison Fellowship Ministries; James C. Dobson, chairman of Focus on the Family; the Rev. D. James Kennedy of Coral Ridge Ministries; the Rev. Richard Land of the Southern Baptist Convention; Richard Roberts, president of Oral Roberts University; Donald E. Wildmon, chairman of the American Family Association; and the Rev. Louis P. Sheldon, chairman of the Traditional Values Coalition.

1年前にワシントンポスト第一面記事「福音主義者の環境保護の目覚め」で報じられた、この未熟な運動は内部の抵抗に遭遇した。先月のHarggardへの書簡で、20名以上の福音主義の指導者たちが、The National Association of Evangelicals(全米福音協会)が、地球温暖化問題について原因・深刻さ・対策について、聖書を信じる福音主義は同意していないという理由で、地球環境変動についてのいかなる公式立場もとらないように主張した。
Prison Fellowship Ministriesの創設者Charles W. Colsonや、Focus on the Family代表であるJames C. Dobsonや、Coral Ridge MinistriesのD. James Kennedy師や、Oral Roberts University学長Richard Robertsや、American Family Association代表のDonald E. WildmonやTraditional Values Coalition代表のLouis P. Sheldon師を含む、
政治力のある福音主義者が、書簡の署名欄に名を連ねている。

In a written statement yesterday, Haggard denied reports that the NAE had circulated a draft paper calling for the Bush administration to support mandatory limits on carbon dioxide emissions.
"Allow me to confirm at the outset that the NAE is not circulating any official document on the environment. We are not considering a position on global warming. We are not advocating for specific legislation or government mandates," Haggard said. His statement added that the NAE's executive committee recently passed a motion "recognizing the ongoing debate" on global warming and "the lack of consensus among the evangelical community on this issue."

昨日(2006年2月1日)、Haggardは、The National Association of Evangelicals(全米福音協会)がブッシュ政権に二酸化炭素排出規制を支持するように要請するドラフトペーパーをまわしたとする報道を否定した。
「The National Association of Evangelicals(全米福音協会)が環境問題についていかなる公式文書も出していないことを、まず確認させてほしい。我々は地球温暖化についてのポジションを検討していない。我々は特定の法律あるいは政府規制を支持していない。The National Association of Evangelicals(全米福音協会)の理事会は、最近、地球温暖化についての進行中の論争を認識することと、この問題について福音主義コミュニティでコンセンサスを欠いていることを認める」と発言した。

Calvin DeWitt, a professor of environmental studies at the University of Wisconsin who is a leading evangelical supporter of environmental causes, called the statement "a retreat and a defeat."

University of Wisconsinの環境研究の教授であり、環境問題支持の福音主義の指導者であるCalvin DeWittはこの声明を"退却と敗北"だと評した。
...

But E. Calvin Beisner, professor of social ethics at Knox Theological Seminary, a conservative Presbyterian school in Fort Lauderdale, Fla., applauded the NAE's non-position.

フロリダ州Fort Lauderdaleの保守的長老派の学校であるKnox Theological Seminaryの社会倫理学の教授E. Calvin Beisnerは、環境問題にポジションをとらないThe National Association of Evangelicals(全米福音協会)に喝采した。
...



世界には、たとえ目の前に水が迫ってもなお、信仰を捨てることのない敬虔な信者たちがいる:
"Oh, it's a very important concern," is the standard and slightly mechanical response to questions on climate change, Farbotko says. In her experience, and in mine, some Tuvaluans refuse even to talk about climate, or dismiss it with a weary wave of the hand. Tuvalu is a deeply Christian country, and some islanders put their faith in the promise God made to Noah in Genesis 9:11: "And I will establish my covenant with you; neither shall all flesh be cut off any more by the waters of a flood; neither shall there any more be a flood to destroy the Earth."

「それは非常に重要な懸念です」というのが、気候変動について問われた時の、標準的でちょっと機械的な反応だとFarbotkoは言う。彼女の経験および私の経験で、一部のツバル人は気候について話しことも拒絶するか、手を振ってこれを避ける。ツバルは敬虔なキリスト教国であり、一部の住民は創世記第9章11節「わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない」というノアに対しての神の約束を信じている。
[S.S. Patel: "Climate science: A sinking feeling", Nature, 440, 734-736, 2006.]

米国でも同様なのかもしれない。それがキリスト教福音主義の環境問題に対する対応をよろめかせているのかもしれない。

posted by Kumicit at 2007/01/06 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。