2012/12/11

何故か、若い地球の創造論を否定したPat Robertson師

「インテリジェントデザインを教えないと神が怒る」でおなじみのテレビ伝道師Pat Robertson師が、何を思ったのか、若い地球の創造論を否定した。
Televangelist Pat Robertson challenged the idea that Earth is 6,000 years old this week, saying the man who many credit with conceiving the idea, former Archbishop of Ireland James Ussher, “wasn’t inspired by the Lord when he said that it all took 6,000 years.”

The statement was in response to a question Robertson fielded Tuesday from a viewer on his Christian Broadcasting Network show "The 700 Club.” In a submitted question, the viewer wrote that one of her biggest fears was that her children and husband would not go to heaven “because they question why the Bible could not explain the existence of dinosaurs.”

“You go back in time, you've got radiocarbon dating. You got all these things, and you've got the carcasses of dinosaurs frozen in time out in the Dakotas,” Robertson said. “They're out there. So, there was a time when these giant reptiles were on the Earth, and it was before the time of the Bible. So, don't try and cover it up and make like everything was 6,000 years. That's not the Bible.”

テレビ伝道師Pat Robertsonが今週、地球が6000歳だという考えに異を唱え、「多くの人々がその考えの祖だとする男、かつてのアイルランド大主教James Ussherは、地球が6000歳だと述べたとき、主にインスパイアされていなかった」と述べた。

この声明は、彼のChristian Broadcasting Network の番組"The 700 Club"の視聴者からの火曜日の質問に応えてのものだった。投稿された質問で、その視聴者は「夫と子供が何故、聖書が恐竜の存在を説明していないか疑問に思っているので、彼らが天国に行けないかもしないことが、最大の恐怖です」と書かれていた。

Pat Robertsonは「時間を遡るのに、放射性炭素年代測定法がある。これらすべてを知るのに、ダコタで時間を超えて凍結している恐竜の死骸がある。すべてはここにある。これらの恐竜たちが地球上で生きていたのは、聖書の時代より過去だった。すべてが6000歳だったかのように、話をつくってはならない。それは聖書ではない。」と述べた。

[Dan Merica: "Pat Robertson challenges creationism" (2012/11/29) on CNN]
国民の45%程度が若い地球の創造論を信じている米国で、若い地球の創造論を否定することは、商売に差し障る。商売をたたむ気がない限り、こんなことは言わないはずだが....
posted by Kumicit at 2012/12/11 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック