2012/12/24

"Jeder hat eine chance" (誰にもチャンスはある)

旧西独の1960年の民間防衛ブックレット"Jeder hat eine Chance"を訳してみた。
JederHatEineChanceF.jpg
Jeder Hat Eine Chance (誰にもチャンスがある)
(西独 1960) [source]

冒頭に、「誰にもチャンスがある」ことを印象付けるように、2名の二重被曝者のエピソードが書かれている。

Spiegelが当時(1962/05/23) Jeder hat keine changeという記事で批判している。

なお、これは、英国のProtect and Survive(防護と生存)の20年前のブックレットであるCivil Defence Handbookと同世代の民間防衛ブックレットである:
posted by Kumicit at 2012/12/24 13:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。