2013/01/02

モンタナ州下院の反進化論州法案が変形

米国の進化論教育を守るNCSEによれば、モンタナ州下院で準備中の「インテリジェントデザイン教育を義務付ける」反進化論州法案が変形した。
The bill in Montana that was intended to "[r]equire public schools to teach intelligent design along with evolution" instead now purports to "encourage critical thinking regarding controversial scientific theories." On November 5, 2012, Clayton Fiscus (R-District 46), a new member of the Montana House of Representatives, asked for a bill to be drafted to require the teaching of "intelligent design," which would presumably conflict with the decision in the 2005 case Kitzmiller v. Dover, in which requiring the public schools to teach "intelligent design" was held to be unconstitutional.
...
Although the draft bill provides that it "may not be construed to promote any religious or nonreligious doctrine," it is silent on whether "intelligent design" constitutes a religious doctrine. From the list of controversial topics − "biological evolution, the chemical origins of life, random mutation, natural selection, DNA, and fossil discoveries" − it is clear that the teaching of evolution in Montana's public schools is still Fiscus's target.

「公立学校で進化論とともにインテリジェントデザインを教えることを義務付ける」ことを意図したモンタナ州法案が、「論争対象の科学理論についての批判的思考の奨励」を主張するように変わった。2012年11月5日に、共和党Distric 46選出のClayton Fiscusモンタナ州下院議員が、インテリジェントデザイン教育を義務付ける州法案の作成を求めた。これは「公立学校でのインテリジェントデザイン教育義務付けは違憲」という2005年のKitzmiller v. Dover裁判判決に反する。
....
州法案は「宗教あるいは非宗教の教義の宣伝を禁じ」ているが、インテリジェントデザインが宗教か否かには言及していない。論争対象のリストには、生物進化・生命の化学起源・ランダムな突然変異・自然選択・DNA・化石発見が挙げられており、Fiscus州下院議員のターゲットがモンタナ州の公立学校の進化論教育であることは明らかである。

[Montana bill mutates (2013/01/01) on NCSE]
Fiscus州下院議員は、インテリジェントデザイン教育義務付けでは最初からアウトであることに気付いたようで、「批判的思考」などの流行の文言に変えている。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:


2013年の反進化論州法案(準備中):




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


posted by Kumicit at 2013/01/02 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック