2013/01/23

カメルーンで臓器採集のための連続殺人事件が起きている

アフリカ方面では、ウィッチハンティングやウィッチクラフトによる児童虐待や殺人事件が起きているが、カメルーンではオカルト儀式のための臓器採集のために殺人事件が連続していると、CNNが報道した。
Michele Mbala Mvogo, a 17-year-old high school student, left home to go to school one morning, and she never came back.

On Friday, police found Michele's corpse with four other bodies dumped outside a kindergarten school. Fighting back tears, Deborah Ngoh Tonye described what was left of her sister's gruesome corpse. Someone had removed Michele's genitals, tongue, eyes, hair, and breasts.

Michele's bizarre murder is believed to be part of a wave of killings linked to occult rituals that has triggered panic in Yaounde, the capital city of more than 2 million people in the West African nation of Cameroon.

In the past two weeks police have found 18 bodies dumped along the streets. Authorities said all of the bodies had been mutilated. Officials have not said if the female victims among the 18 bodies had been raped.

17歳の高校生Michele Mbala Mvogoが朝、学校に出かけて、二度と帰らなかった。2013年1月18日に、警察は幼稚園の外で、他の4人の死体とともにMicheleの死体を発見した。Deborah Ngoh Tonyeは、涙をこらえて、身の毛もよだつ妹の死体に残されたものについて語った。誰かがMicheleの性器、舌、目、髪、そして胸を取り去っていた。

Michele の猟奇殺人は、西アフリカのカメルーン共和国の人口200万人以上が住む首都でパニックを引き起こしている、オカルト儀式に関連する殺人事件の一部であると考えられている。

過去2週間に警察が通りに沿って遺棄された18人の遺体を発見した。当局は、遺体のすべてが手足を切断されていたと述べた。当局者は18人の女性被害者がレイプされていたか否かについては言及していない。
...

In some regions of the country, traditional healers claim eyes, genitals, tongues and other organs have mystical powers. Some occultists believe such organs hold the keys to gaining wealth and other good fortune.

Until the 1970s, ritual killings were a common cultural practice in Cameroon, before education became more widespread. Signs of its gradual resurgence beginning last year have shaken much of the city.

カメルーンの一部の地域では、伝統的ヒーラーが、目、性器、舌や他の臓器には、神秘的な力があると主張している。一部のオカルト信者たちは、そのような臓器には、富と明るい未来を約束する鍵があると信じている。

教育が行きわたる前の1970年代までは、儀式殺人は、カメルーンではありがちな文化の為だった。この儀式殺人が復活し始めた昨年以来、首都Yaoundeを揺るがしてきた。
...

Fears about occult groups and human organs gained strength in late 2012 when Health Minister Andre Mama Fouda fired a laboratory technician and four mortuary attendants. They admitted to trading organs harvested from dead bodies stored in the mortuary of the state regional hospital in Douala, Cameroon's largest city

オカルト集団と人間の臓器への恐怖は、Andre Mama Fouda保健相が検査技師と遺体安置所の作業員を解雇した2012年終りから大きくなった。彼らは、カメルーン最大の都市Doualaの政府地域病院の遺体安置所にあった死体から臓器を採集したことを認めた。

[ Tapang Ivo Tanku: "City panicked by wave of suspected ritual killings" (2013/01/22) on CNN via DoutfulNews]
ひとたび消えた習慣が復活してきたもよう。今のところ、犯人は見つかっておらず、夕方になると人々は家に閉じこもっているという。また自警団を作って犯人を尽か迷うとしている人々もいるが、いまだ手がかりなし。
posted by Kumicit at 2013/01/23 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。