2013/01/24

他意はないというジャンムー・カシミール州警察の...

AFPAPの配信ニュースによれば、新聞掲載は初めてだが、「災害対策のアウェアネスの通常の通知であり、他意はない」と注釈つきで、ジャンムー・カシミール州警察の民間防衛及び州災害即応部は、核戦争が起きた場合の防護について助言を出した。現地の新聞Greater Kashmirによれば...
[MUDDASIR ALI: "Disaster Response Force issues advisory on nuclear attack" (2013/01/22) on Greater Kashmir]

Srinagar, Jan 21: From construction of basements to stocking non-perishable food items and staying calm, Jammu and Kashmir Police’s Civil Defence and State Disaster Response Force on Monday issued a detailed advisory to people for protection in case a nuclear war erupts. The advisory comes at a time when there is deterioration in Indo-Pak relations in the wake of LoC skirmishes.

地下室の建設からた保存食の備蓄及び冷静でいることまで、ジャンムー・カシミール州警察の民間防衛及び州災害即応部は月曜(2013/1/21)に、核戦争が起きた場合の防護についての詳しい助言を出した。これは紛争における印パ関係の悪化したときに出された。

The advisory talks in detail about the steps people should take if there is a nuclear war and the measures needed to be taken during and after a nuclear attack.

“People should construct basements where the whole family can stay for a fortnight (in case of war),” reads the advisory. In case no basement was available, it reads, people should construct bunkers as in conventional war in an open space in front of the house as “some protection was better than no protection.”

助言は、核戦争が起きて、核攻撃中及び核攻撃後の対策が必要となった場合に、住民がするべきことについて詳しく書いている。

「戦争の場合に、家族全員が2週間留まれる地下室を建設すべきである」と書かれている。地下室を作れない場合は、「何も防護しないよりは何らかの防護になるもの」として、家の前のオープンスペースにバンカーを掘るべきであると書かれている。

The notice advises people to stock the shelter with non-perishable food items and water to be replaced regularly before it gets unhygienic.

“Construct toilet facilities at the basement, store ample candles and battery lights, remove stock of flammables, if any, keep battery-operated miniature transistor, TV sets in the basement to listen instructions being announced by the civil defense authorities,” the awareness notice issued in various local dailies in J&K goes on to add.

助言では、保存食と水をシェルターに備蓄し、それが傷む前に定期的に交換することを助言している。

「地下室にトイレ機能を作り、十分な量のロウソクと懐中電灯を用意し、引火性のものを地下室から出しておくこと。あれば、民間防衛当局から広報される指示を聞くために、地下室に電池で使える小型テレビを用意しておくこと」と、ジャンムー・カシミール州の多くの地方紙に掲載された助言には描かれている。

DOs DURING ATTACK:(核攻撃中にすること)

The notice reads that if a person was in open during nuclear attack, he/she should “immediately drop to ground and remain in lying position.”
The persons should protect his eyes and face by covering it with his/her hands and at the same time he/she is advised to protect his ears with fingers to prevent ear drum rapture.

“Stay down after the initial shock wave, wait for the winds to die down and debris to stop falling,” the notice reads. “If blast wave does not arrive within five seconds of the flash you were far enough from the ground zero and initial radiation exposure will not exceed 150 rads.”

助言には、オープンスペースで核攻撃を受けた場合、「ただちに地面に伏せて、動かないこと」と書かれている。手で眼と顔を覆って防護し、同時に指で耳をふさぐようにと書かれている。

「最初の衝撃波のあとも、そのまま留まり、風が止まり、破片が落ちてくるのが終わるまで待つこと」とある。「閃光のあと、爆風が5秒以内に来なければ、爆心から十分に離れており、初期の放射線被曝は150radを超えない」

DOs AFTER ATTACK:(核攻撃後にすること)

The police notice advises people to “stay calm” and stay down under cover until debris stop falling, emphasizing that blast wind generally end in one or two minutes after burst and burns, cuts and bruises are no different than conventional injuries.

“Dazzle is temporary and vision should return in few seconds,” the notice reads. “The chance of being exposed to lethal dose of radiation is relatively small unless located in an early fallout area. Expect some initial disorientation as the blast wave may blow down and carry away many prominent and familiar features. Beware of weakened structures and trees from collapsing.”

警察は「冷静にして」破片が落ちてくるのが終わるまで、避難場所に留まるよう助言している。そして、爆風は通常は爆発後秒しか続かず、火傷、切り傷や打ち身は、普通の怪我と違いがないことを強調している。

「一時的に目がくらむが、視力はすぐに回復する。致命的な放射線被曝する危険性は、初期のフォールアウト領域にいなければ、大きくない。最初の爆風で、有名なものや、よく知っているものが吹き飛ばされる。弱い構造物や木々は粉砕される」

The notice goes on to suggest several measures for protection against biological and chemical warfare too.

Inspector General of Police (IGP) Home Guard and Civil Defence, Yoginder Kaul said the notice was a normal exercise to raise general awareness among public about disaster management. “It has nothing to do with anything and it should not be connected with anything,” he said.

助言は生物兵器及び化学兵器による戦争にたいする防護についても書いている。

国土防衛及び民間防衛IGPであるYoginder Kaulは、「これが一般人に対する、災害管理についての、一般的なアウェアネスのための、通常の通知である。他意はなく、何かと結びつけてはならない」と述べた。

news_22_1_2013_10.jpg
他意はないと言われても、これは現地がパニくりそうなネタ。
posted by Kumicit at 2013/01/24 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。