2013/01/26

インディアナ州下院に反進化論州法案登場

米国の進化論教育を守るNCSEによれば、インディアナ州下院に反進化論州法案が登場した。
House Bill 1283, introduced in the Indiana House of Representatives on January 23, 2013, and referred to the House Committee on Education, is the seventh antiscience bill of 2013. Although evolution is not specifically mentioned in the bill, the previous legislation introduced by its sponsor, Jeff Thompson (R-District 28), and the similarity of its language to the language of previous antievolution bills together make it amply clear that the teaching of evolution in the state's public schools is a main target.
...
HB 1283 requires state and local education officials to "endeavor to create an environment within accredited schools that encourages students to explore questions, learn about evidence, develop critical thinking skills, and respond appropriately and respectfully to different conclusions and theories concerning" such topics, and also requires them not to prohibit teachers from "helping students to understand, analyze, critique, and review in an objective manner the strengths and weaknesses of existing conclusions and theories being presented in a course being taught by the teacher."

2013年1月23日に、インディアナ州下院に提案され、州下院教育委員会に送られたHB1283は、2013年の7番目の反科学法案である。州法案では進化論は明示されていないが、この州法案の提案者であるDistrict 28選出の共和党Jeff Thompson州下院議員が以前に提案した州法案や、従来の反進化論州法案の文言を考え合わせれば、州の公立学校の進化論教育を標的としていることは明らかである。
...
HB1283は州および地域の教育当局に「州公立学校において、問いを探求し、証拠ついて学び、批判的思考能力を発達させ、そのようなトピックについての異なる結論や理論について適切かつ敬意を以って対処することを生徒たちに推奨する環境を創りだす」ことを義務付け、教師たちが「生徒たちが、教師たちが教える課程で提示される既存の結論や理論の強みと弱みを理解し、分析し、批判し、客観的にレビューすることを助ける」ことを禁じないことを義務付けられる。

["A stealth antiscience bill in Indiana" (2013/01/25) on NCSE]
反進化論州法案はさらな進化を遂げ、ついに「including, but not limited to biological evolution, chemical origin of life,...」がなくなり、もはや何を言っているのかわからない州法案になった。ミズーリ州下院のHB291がインテリジェントデザインと進化論の等時間教育を義務付けるものなのとは対照的である。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:


2013年の反進化論州法案:





2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2013/01/26 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック