2013/02/01

自動車利用抑制で大気汚染を乗り切ろうとする北京

中国の大気汚染の主たる原因は火力発電の石炭燃焼だが、都市部の汚染は自動車も大きいという:
While burning of coal for power plants is a major source of air pollution across China, vehicle emissions are the single biggest source of PM2.5 – a secondary pollutant that forms in the air and is tiny enough to enter deep into the lungs – in Beijing, according to the capital's former vice mayor, Hong Feng.

He says vehicles account for 22 percent of PM2.5 in the capital, followed by 17 percent from coal burning and 16 percent from construction site dust.

北京の前市長Hong Fengによれば、火力発電の石炭燃焼が中国全体の主要な大気汚染源であるが、自動車からの放出が単一要因としてはPM2.5 (大気中で形成される2次汚染物質で、肺深くに侵入できる小さな粒子)の汚染源の最大のものである。彼は、北京のPM2.5の22%が自動車によるもので、これに続いて、17%の石炭燃焼と16%の建設ダストがある。

[ LOUISE WATT: "China Pollution: Cars Cause Major Air Problems In Chinese Cities" (2013/01/31) by AP]
そして、北京市は自動車も含めた規制に動きだした。...
Tuesday's air-pollution levels marked the fourth bout of heavy smog to hit the region this month. Two weeks ago the city of Beijing for the first time activated a new plan restricting construction and industrial activity, curbing vehicle use by government officials and ordering schools to limit outside activity. The move was prompted when levels of PM2.5 hit more than 25 times the top recommended standard in the U.S. Beijing has since said it plans to tighten vehicle emissions standards, among other measures.

2013/01/29の大気汚染レベルは、今月のスモッグの4番目のひどさとなった。2週間前に北京市は初めて、建設と産業活動を制限し、政府関係者による自動車利用の抑制し、学校の屋外活動を制限する新たな計画を発動した。この動きはPM2.5が米国推奨基準の25倍になったことに促されたものである。北京はこの他の措置とともに、車両の排出基準を厳しくする予定だと述べた。

WO_BP_201301.jpg
[Wen Urges Clean-Air Action as China's Skies Clog Again (2013/01/29) on Wallstreet Journal]
とともに、直近の対策として、自動車利用を控えることを求めている。
In a front-page story on Wednesday, the paper said a “joint effort” was required to fight air pollution, arguing that citizens should do their part by taking more public transportation and driving less.

“Tackling air pollution requires input from individuals as well as officials,” the newspaper said, citing experts.

“Everyone is responsible for creating air pollution. No one will act if we all just place our hopes in others,” the paper quoted Du Shaozhong, director of the China Beijing Environment Exchange, as saying.

2013/01/1のChina Dailyの一面記事は、市民は自動車の利用を控え、公共交通機関を利用することで、大気汚染対策に加わるよう求めて、全員参加が必要であると述べた。

「大気汚染対策には政府とともに個人の参加が必要である。大気汚染の責任は誰にもある。誰か他人に期待を寄せることはできない。」とChina Beijing Environment Exchangeの長であるDu Shaozhongの発言をChina Dailyは引用した。

WO_BPt_201301.jpg
[ (2013/01/30) on BLOG.Wallstreet Journal]
汚染がひどくなると、外を出歩くのを避けて、自動車を利用するようになるというポジティブフィードバックが起きているとも言われ、自動車利用抑制がうまくいくかは危ういところ。


posted by Kumicit at 2013/02/01 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック