2007/01/27

気絶するほどバカなJonathan Wells by PZ Myers

University of Minnesotaの生物学の准教授で、進化論ブログPanda's Thumbの執筆者のひとりであるDr. PZ Myersが個人ブログPharyngulaの2007年1月24日付けのエントリ「Jonathan Wells knows nothing about development, part I」で、"統一教会信者にして進化論破壊を誓うJonathan Wells"にいつものように蹴りを入れた。

ターゲットにした記事は、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentの2007年1月14日付けのGilDodgenによるエントリ「Q&A Part 3 — Jonathan Wells on the Cambrian Explosion and Darwinism as a Science-Stopper」に提示されたカンブリア爆発についてのDr. Jonathan Wellsの記述:
How did it happen? We don't have the foggiest idea how it happened. Assuming a jellyfish was the common ancestor -- I don't believe that -- but how do you turn a jellyfish into a trilobite? How do you turn a jellyfish into a fish with a backbone? How do you do it? I don't just mean taking a scalpel and rearranging the parts like you're doing a collage in third-grade art class. We're talking about a living animal here, that reproduces itself and makes more things like itself. How do you do it? We don't have the foggiest idea.

どのように、それは起こったのか? どのように起こったか我々は全くわからない。クラゲが共通祖先だと仮定すると -- 私は信じていないが-- クラゲをどうやって三葉虫に変化させればいいだろうか? クラゲをどうやって背骨のある魚に変化させればいいだろうか? どうすればいい? 3年生の美術の授業でコラージュをするように、メスで部品を再構成するという意味ではない。我々は自己複製し、増殖する、ここで生きている動物について論じている。どうすればいい? 我々にはまったくわからない。

To try to explain this away by saying Darwin's theory accounts for it is a science-stopper. It's the biggest science-stopper of modern history. It stops your inquiry right there. You have no more questions. Oh, all these animals just appeared. That's not science.

ダーウィンの理論がこれを説明すると言って、これを説明しようとすることは"Science Stopper"である。近代史上最大の"Science Stopper"である。そこで問うことを止めるのだ。もはや問いはない。これらすべての生物はただ出現したと。それは科学ではない。
Dr. Michael Beheは自著"Darwin's Black Box"(1996)で、細菌の鞭毛はデザインだと主張した。それ以上、探求しても自然の進化過程など見つからないのだと。しかし、鞭毛はKenneth R. Miller: The Flagellum Unspun -- The Collapse of 'Irreducible Complexity
N. J. Matzke: Evolution in (Brownian) space: a model for the origin of the bacterial flagellum[2006/09改訂]などにより分解された。「ある生物器官がデザインだから、それ以上問うな」という主張は"Science Stopper"でしかないことが示された。これに対抗したいインテリジェントデザイン運動サイドの反論のひとつが、このDr. Jonathan Wellsの記述である。

このJonathan Wellsのアホな記述の第1パラグラフについて、PZ Myers准教授は:
It's as if the fool hasn't even glanced at the evo-devo literature in the last 20 years. Identifying the molecular mechanisms that drove the divergence of the major metazoan phyla is one of the grand goals of the whole field -- all the comparative molecular genetics being done on flies and nematodes and anemones and fish has been identifying the common molecular substrates of the body plan, and the differences; I don't know why he even mentions this 'scalpel' nonsense, since it's all about the subtle transformations of ancient rules for development, understanding the changes in the process in living animals that lead to evolutionary novelties.

このバカは過去20年のEvo-Devoの文献に目を通してないようだ。主要な後生動物門の多様性を促進した分子メカニズムを特定することは、あらゆる分野のグランドゴールのひとつだ。ハエと線虫とクマノミについて為された比較分子遺伝学は、ボディプランの共通の分子substrateと違いを特定している。私はJonathan Wellsが何故にメスのナンセンスな話をするのかわからない。というのは、進化的なノベルティにつながる現存する生物のプロセスの変化を理解するという、過去の発生のルールの巧妙な変化についての話だからだ。

We don't know all the details, there are messy and confusing aspects to the story, but to claim "we don't have the foggiest idea" is absolutely wrong ... unless by "we" he means specifically he and his fellow creationist clowns at the Discovery Institute.

我々は詳細をすべて知っているわけではなく、このストーリについて見方が混乱してはいるが、「我々にはまったくわからない」と主張することはまったく間違っている。その"我々"が特にJonathan WellsとDiscovery Instituteの創造論者な同僚を言いするのでない限り。
そして、第2パラグラフについて、進化論によって古典的な発生生物学が一気に新しい局面へと進んだと指摘した上で:
The irony of his dismissal of evolutionary biology as "Oh, all these animals just appeared" is deep. That's not what evo-devo is about .... It's the position of Intelligent Design creationism that "all these animals just appeared" by the unknowable actions of an unidentified and unidentifiable "designer" whose intent and mechanisms are off the table. The "just appeared" explanation is a science stopper, but it's what Wells practices.

「これらすべての生物はただ出現した」として進化生物学を無視するJoathan Wellsの皮肉は深い。それは進化退化についてではない。... 意図とメカニズムが研究対象外である身元不詳で身元特定不可能なデザイナーによる未知の行動によって「これらすべての生物はただ出現した」というのはインテリジェントデザインのポジションだ。「ただ出現した」という説明は"Science Stopper"であるが、それはJonathan Wellsがやっていることだ。
まったく、Jonathan Wellsは何が言いたかったのやら。「カンブリア爆発はデザインだ」というのは「科学ではない」と自分で言ったに等しい。

まさに、PZ Myers准教授曰く「he stuns me with his ignorance(彼の無知には気絶させられる)」というところだ。
タグ:id理論 Wells
posted by Kumicit at 2007/01/27 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック