2007/01/29

さらに気絶するほどバカなJonathan Wells by PZ Myers

University of Minnesotaの生物学の准教授で、進化論ブログPanda's Thumbの執筆者のひとりであるDr. PZ Myersが個人ブログPharyngulaの2007年1月25日付けのエントリ「Jonathan Wells knows nothing about development, part II」で、引き続いて、いつものように"統一教会信者にして進化論破壊を誓うJonathan Wells"に蹴りを入れた:
PZ Myers wrote:

Wells and his fellows at the Discovery Institute have an even more radical goal of fighting natural, material explanations of many other phenomena, and his latest screed at the DI house organ is against natural explanations of development. Not evolution, not evo-devo, just plain basic developmental biology -- apparently, he wants to imply that the development of the embryo requires the intervention of a Designer, or as he refers to that busy being in this essay, a postmaster.

Jonathan WellsとDiscovery Instituteの仲間たちは、多くの他の現象についての自然の唯物的説明との戦いにもっとラジカルな目標を持っている。そして、Jonathan WellsのDiscovery Instituteの社内報での最新の長たらしいは、胚発生の自然の説明に反対するものだった。進化論でもなく、進化・退化でもなく、ただの普通の基本的な発生学だ。Jonathan Wellsは、ポストマスターというエッセイで触れているように、胚の発生にデザイナーの介入が必要だと言いたがっている。
「自然な説明」とは、方法論的自然主義に基づく理論のことである。すなわち機械仕掛けの宇宙を自然法則で記述する機械論たる科学の原則。これに反対する立場はもちろん超自然。

反進化論はふつう「進化はない」と主張するか、"Guided by God"とか神の介入とかの超自然を持ち出す。しかし、胚発生にまで神の関与が必要だと言うバカはいない。と思っていたら、バカがいたらしい。そのバカ曰く:
Jonathan Wells wrote:

The many different kinds of cells in an animal or plant develop from a single fertilized egg cell. Humans, for example, consist of cells that form bone, skin, muscle, digestive organs, nerves and many other tissues. Such cells are so different from each other in form and function that an untrained observer might conclude that they represent different species.

動物や植物にある多くの違った種類の細胞はたったひとつの受精卵から発生する。たとえば人間は骨格や皮膚や筋肉や消化器官や神経や多くの組織を形成する細胞から構成されている。そのような細胞は、形態と機能がそれぞれ大きく違っていて、素人が見れば、それらは異なる種だと結論するかもしれない。

Yet all of these cells contain the same DNA, a fact long known to embryologists as "genomic equivalence." As the fertilized egg divides, it bequeaths a complete set of DNA (its "genome") to all of its descendants - with a few minor exceptions, such as red blood cells, which have no DNA at all. But if bone, skin, muscle, digestive and nerve cells all have the same DNA, why are they so different? Why don't nerve cells secrete juices that digest the brain? Part of the answer is that although brain cells have the genes for digestive juices, those genes are turned off in nerves. As an embryo develops, its cells go through a phase called "differentiation" that turns some genes on and leaves others turned off.

それでもなお、これらの細胞はすべて同じDNAを持っていて、これは"genomic equivalence"(ゲノム等価性)として、発生学者たちには長きにわたって知られている事実だ。受精卵の卵割が進んでも、DNAをまったく持たない赤血球細胞のような一部の例外を除けば、すべての細胞は完全なひとそろいのDNA(ゲノム)を持っている。しかし、骨格や皮膚や筋肉や消化器官や神経の細胞が同じDNAを持っているなら、何故それらは違うのか? 何故、神経細胞は脳を消化する消化液を分泌しないのか? その部分的な答えは、脳細胞が消化液の遺伝子を持っているが、神経細胞の中ではオフになっているというものだ。胚が発生するにつれ、細胞は、ある遺伝子はオンになり、他はオフになる"differentiation"(分化)というフェーズを通過する。

But this does not solve the problem, since it begs the question of why two cells with the same DNA would differentiate in two distinct ways.

しかし、これは問題の解決にならない。というのは、同じDNAを持つ2つの細胞が2つの違ったものに分化する理由に答えていないからだ。
これに対して、それは発生生物学の導入部分で、その後が講義の本編だとDr. PZ Myersは言う:
PZ Myers wrote:

This is developmental biology 101. We describe this central issue, and then, basically, the rest of the term is spent explaining exactly how this works: we tell the students about maternal factors, environmental effects, cell signaling, single transduction, gene repression and activation, all this wonderfully fun stuff that explains how cells with the same DNA would differentiate in many distinct ways.

これは発生生物学の基礎講義だ[訳注: Biology 101]。我々はこの中心的問題を説明してから、基本的に残りの期間を使って、正確にこれらがどう働くかを説明する。母系性因子や環境効果や細胞シグナリングやシグナル伝達や遺伝子抑圧・活性化および、これらすばらしく楽しいものたちが、いかに同じDNAを持つ細胞が分化した多くの違うものになるのかを説明するのかを、我々は学生たちに教える。
Dr. PZ Myersは「創造論者は導入な質問だけ言って、それがまったく解決されないミステリーかのように語る」と批判して、その例をMark Isaakによる創造論者の主張リストClaim CA113.1:Darwin on evolution of the eye.(創造論者の主張: 目の進化についてのダーウィンの記述)を挙げた[ie. 忘却からの帰還: 創造論者の主張:目の進化についてのダーウィンの記述 ]。

Jonathan Wellsはさらに郵便番号のメタファーで発生学を語る:
Yet the existence of "cellular zip codes" still doesn't solve the problem either (and the authors of the article don't claim that it does). If the human body were the United States and cells were postal envelopes, each would start out bearing every zip code in the country on its face. Only after the postmaster had stuck each envelope into one of many slots on the wall to direct it to its final destination would a particular zip code be highlighted. Obviously, the postmaster and the array of slots play a major role in determining where each letter goes.

「細胞の郵便番号」があったとしてもなお、問題は解決しない。この論文の著者たちは解決すると主張していない。人体がアメリカ合衆国であり、細胞が郵便封書だとすると、封書の表面にの国内の郵便番号から始めるだろう。それは、郵便局長が、郵便番号が指し示す宛先に対応する壁の多くあるスロットのひとつに封書をスタックした後だ。明らかに、郵便局長とスロットの配列は、各々の手紙がどこに行くか決定する際の主役である。

If the DNA corresponds to zip codes that are originally the same on every envelope, where in the embryo are the postmaster and the slots? What is it that highlights one zip code but not others? Where is the all-important developmental information that directs cells to different parts of the body and tells them where they are and how to differentiate?

すべての封書でもとは同じであった郵便番号にDNAが対応するなら、郵便局長とスロットは胚のどこにあるのか?ある郵便番号をハイライトし、別の郵便番号をハイライトしないものとは何か? 細胞に身体のどの部品になり、それがどこにあり、どう分化するかを指示する重要な発生学的情報のすべてはどこにあるのか?
どこにあるかというと、ここいらへんにあると:
PZ Myers wrote:

  • Maternal factors. The egg is not a uniform smear of factors. When produced in the ovary, various proteins that specify patterns of gene activity are non-uniformly distributed, so that the dividing cells receive different portions of these maternal components. The best known example now is probably bicoid in the fly, but this principle has been known for a century or two; frogs also have visibly striated eggs, and Conklin in 1905 described a detailed pattern in ascidians.
    母系性要因: 卵は要因の均一なスメアではない。卵巣で産生されるとき、遺伝子活性パターンを指定する様々なタンパク質が非一様に分布する。そのため、分裂した細胞はこれらの母系性要素の異なる部分を受け継ぐ。最も有名な例はおそらくハエのBicoidだろう。しかし、この原理は一世紀かそれ以上前から知られていた。カエルは目に見える線条の卵を持っており、Conklinは1905年にホヤ類の詳細なパターンを記述した。

  • Sperm entry. One obvious symmetry breaking event in diploid organisms is fertilization: a single sperm enters the egg, and its entry can trigger a cascade of membrane and cytoplasmic events localized to one side of the zygote. This is a very common signal, used in amphibians, for instance, that can be used to generate differential gene activity.
    精子侵入 二倍体生物の対称性をこわす明らかなイベントは受精である。ひとつの精子が卵に侵入すると、その侵入が膜と細胞質のイベントを接合子の片側に局在化させるカスケードをトリガーできる。これは両生類に共通したシグナルで、たとえば相異な遺伝子活性をつくりだすのに使われる。

  • Environmental influences. Many animals use gravity as a cue, and the mechanism is easy enough to understand: denser proteins will sink through the cytoplasm to localize to the bottom of the egg. Another cue is light; the alga Fucus uses light to induce calcium fluxes on one side of the embryo that lead to differentiation of the rhizoid. Mammalian embryos are oriented relative to the site of implantation in the uterus.
    環境の影響 多くの動物は契機として重力を使う。このメカニズムは簡単に理解できる。密度の大きいタンパク質は細胞質を通って卵の底面に局在化する。もうひとつの契機は光である。藻類Fucusは光を使って、胚の片側にカルシウム流を誘起して、仮根の分化を推進する。哺乳類の胚は、子宮の中で着床場所に対して正しい方向を向く。

  • Chance. Especially when dealing with small numbers of molecules, chance fluctuations in the distribution of the determinants can lead to small quantitative differences in gene expression, which can be coupled to feedback mechanisms that amplify differences (for example, as I described for Notch) which then produce stronger qualitative differences in cell identity.
    偶然 特に分子の数が少ないとき、決定要因の分布の揺らぎは、遺伝子発現において小さな量的違いをもたらす。この違いがフィードバック機構と組み合わさると、違いを増幅できて、これは細胞のアイデンティティに定性的に強い違いを生み出す。


These describe ways of breaking symmetry early in development to establish initial polarity, but later events are also explainable: they become more complicated in detail, but the problems are simpler in principle. Once you've got two cell types, additional cell types can be generated by, for instance, cell signaling. ....

これらは発生初期の対称性をこわすして、初期極性を確立する方法を記述したものだ。しかし、この後のイベントも説明可能だ。その詳細はもっと複雑だが、問題は原理的には単純だ。ひとたび2種類の細胞タイプが手に入ったら、たとえば細胞シグナリングによって新たな細胞タイプを形成できる。....
とDr. PZ Myersえんえんと説明する。

Jonathan Wellsは大学の発生学の講義レベルのことさえ知らないバカなのか、それともその程度のこともわかっていないとウソをついているのか。さらにバカは突き進み:
Jonathan Wells wrote:

By focusing attention on DNA as the supposed source of raw materials for evolution, neo-Darwinism has systematically downplayed the nature and location of developmental information elsewhere in the embryo. Obviously, there is more to embryo development than is dreamt of in neo-Darwinian philosophy.

進化の原材料とされるものとしてDNAにフォーカスすれば、ネオダーウィニズムが発生学的情報が胚のどこにあるか系統的に無視している。明らかに、ネオダーウィニズム哲学が夢見る以上のものが胚発生にはある。
Jonathan Wellsが知らないわけもないので、Discovery Institute公式ブログのひとつの読者をだましているだけ。

時の勢いで胚発生はわかっていないと書いてしまったJonathan Wellsは、困ったことになる。胚発生について「今はわかっていないが、いずれ自然な説明がつく」か「超自然の介入が必要」のどっちも選べないからだ。前者を選べば、「進化はないくてデザインだ」という主張とバッティングする。「ミスコピーが起きればあとは自然選択次第」な進化よりも、胚発生の方がむつかしいからだ。一方、後者を選べば、胚発生という実験可能な現象について超自然を持ち込むことになる。限りなくDr. Rupert Sheldrakeに近寄ることになるだろう。
「熱力学第2法則が、進化を妨害するが、胚発生は妨害しない」という創造論的熱力学第2法則と同じで、胚発生が絡むとアホがばれる。
タグ:id理論 Wells
posted by Kumicit at 2007/01/29 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック