2007/02/04

Wedgeな言い訳

インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのLuskinがEast Tennessee State Universityで行われた、歴史学者で哲学者で認知学者であるDr. George Kampisの講演を取上げて文句たれてる「How Darwinist Myths Are Spread Part II」のチェックのさらに続き。

本日はLuskinのエントリの末尾にある
Kampis then goes on to discuss the "wedge document", apparently failing to mention Discovery's response.

そして、Kampisは"wedge document"を論じるが、明らかにDiscoveryの反論に言及しない。
について見てみる。

まずは、"The Wedge Document"とは何かというと、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteの内部文書で、インテリジェントデザイン運動の方針・戦略などを記述したもの。これがコピーセンターから漏れて、1999年2月5日にWeb化されて世間に知れるところとなった。

==>Prog. PZ Myers: "The True History of the Wedge" on Pharyngula, 2006/02/01
==>Roger Downey: "Discovery's Creation" on Seattle Weekly, 2006/06/05

文書は、なかなかおどろおどろしいもので、一読の価値がある。

==>反進化論ウォッチャーサイト上にあるコピー
==>Discovery Instituteの言い訳つき
==>和訳: 忘却からの帰還: The Wedge Document

けっこう長々しい言い訳をDiscovery Instituteが書いている。特に攻守両サイドの最大の論点である:
Discovery Institute のセンターは唯物論的世界観の息苦しい支配をくつがえし、かつキリスト教と有神論の確信と調和した科学に置き換えることを約束する。
について、かなり長い言い訳がついている。

言い訳を読んでみても、「科学は超自然に言及しろ」という主張は否定されていない。

以下Discovery Instituet: "The Wedge Document: So What?"の該当部分。

Comment: For many the scandal of the "Wedge Document" is nothing more and nothing less than its mention of "Christian and theistic convictions"
and our stated intention to support scientific research that is "consonant" with such convictions.

"Wedge Document"に対する多くの反感は、「キリスト教徒と有神論の信念」と我々の深遠と"調和"するような科学研究を支援する意図表明について言及以上でも以下でもない。

But why should this be upsetting?

しかし、これが何故大問題なのか?

Please note first, that "consonant with" means "in harmony with" or "consistent with". It does not mean the "same as". Recent developments in physics, cosmology, biochemistry, and related sciences may lead to a new harmony between science and religion. Many of us happen to think that they will, and we are not alone in that. But that doesn't mean we think religion and science are the same thing. We don't. Nor do we want to impose a religious agenda on the practice of science.

"consonant with"(調和した)は、"in harmony with"(調和した)あるいは"consistent with"(矛盾しない)を意味することに注目してほしい。最近の物理学や宇宙論や生化学や関連科学、科学と宗教の新たな調和につながるかもしれない。我々の多くはそうだと考えており、そう考えるのは我々だけではない。しかしそれは、宗教と科学が同じ物だと考えていることを意味しない。我々はそうは考えていない。また、宗教課題を科学の遂行に強要したいとも考えていない。
そもそも、価値判断や善悪判断を行う宗教と、方法論的自然主義の原則のもとで機械仕掛けの宇宙を自然法則で記述する科学は、まったく別物。調和するかどうかは、宗教の教義次第。

まずもって、特定の自然界の歴史について教義が及んでいれば、まず確実に宇宙物理や惑星科学や進化生物学と敵対する。何故なら、当初は科学をフルコピーして教義にしたとしても、科学は一時的真理に過ぎないので、いずれは教義と科学は乖離するからだ。

また、特定の自然法則や自然界の歴史に基づいて何らかの教義をつくっていれば、それもいずれはまずいことになる。たとえば、宇宙も地球も生物も不変だという"事実"に基づいて、それは神の意志だという教義をつくっていた場合とか。その場合は、現在では不変に創った神はいないか、意志を読み違えていたかということになる。

This passage instead was referring to our conviction that science, rather than supporting a materialistic philosophy, is at least consistent with theistic belief, including Christian belief. In fact, some of our fellows actually go further than this. They think that new developments in science may actually support a theistic worldview or have "theistic implications", even though they do not think that science can "prove" the existence of God of specific religious doctrines.

この一文は、唯物論哲学ではなく科学が少なくともキリスト教信仰を含む有神論信仰と矛盾しないという我々の信念に言及したものだ。実際、我々のフェローのなかには、これ以上に進んだ者たちもいる。彼らは科学が特定宗教の教義の神の存在を証明できるとは考えてはいないが、科学における新たな発展が有神論的世界観を支持したり、有神論的インプリケーションを持つと考えている。
「of specific religious doctrines」がついていることで、「科学は神の存在を証明できるが、それは特定教義の定める神ではない」という主張になっている。ここが論点で、Discovery Instituteは「証明可能かつ反証可能なものを対象とする科学は、超自然について言及しない」という方法論的自然主義(Methodological Naturalism)の原則を無視している。

また、「有神論を支持する(support a theistic worldview)」あるいは「有神論的インプリケーションを持つ(have theistic implications)」としても、それは科学の版図外。検証不可能な超自然についての言明は、哲学の領分である。

なお唯物論は形而上学的自然主義(Metaphysical Naturalism)とも呼ばれ、超自然の存在を否定する哲学である。当然、有神論とは背反する。

Two of our fellows, William A. Dembski and Stephen C, Meyer, have developed these distinctions in some carefully argued philosophical essays[6]. We commend the essays to those who want to develop a responsible understanding about relationship between science and religious belief. Dembski and Meyer have argued that certain evidences from the natural world provide what they call "epistemic support" for theism even though (we have to repeat) such evidences can't "prove" the existence of God or a specific religion.

我々のフェローであるWilliam A. DembskiとStephen C, Meyerは、注意深く論じ哲学のエッセイでこれらの区別を発展させている。科学と宗教信仰の関係について信頼できる理解をしたい人々にこのエッセイを奨める。繰り返すが、そのような証拠が特定宗教の神の存在を証明できないとしても、自然界にある特定の証拠が有神論にエピステミックな支持を与えるとDembskiとMeyerは論じている。

These are important philosophical distinctions and we can understand how some of our critics might have misunderstood us and our intellectual agenda, especially if their first encounter with our ideas was reading the "Wedge Document" out of context on a hostile atheistic website. Nevertheless, that some of our fellows think some aspects of science may support theistic belief, or that science is consonant with theism, does not constitute a threat to the practice of science. Nor is it a kind of a modern thought crime. In fact many of the founders of modern science -- such as Boyle, Kepler and Newton -- held precisely this same view.

これらは重要な哲学の区別であり、敵対的無神論サイトでコンテキストを無視して"Wedge Document"を読んだのが、我々の考えとの最初の遭遇であれば、我々および我々の知的課題を、批判者たちがいかに誤解したか、よくわかる。しかし、我々のフェローのなかには科学の一面が有神論信仰を支持するかもしれないとか、科学は宗教と調和すると考えているが、それは科学の遂行に脅威とはならない。また、それは現在の思想犯罪でもない。事実、近代科学の礎を築いたBoyleやKeplerやNewtonたちは、まさにこのような考えをいだいていた。
まさに、機械論そのものが、機械仕掛けの宇宙を自然法則で記述し、それができなければ神の介入の証拠だという思いで誕生したもの。その点は正しい。BoyleもNewtonも神の存在を疑ってはいなかった。

Newtonは惑星軌道の安定性の維持には神の介入が必要と考え、それこそが神の存在の証拠と考えた。そして、その考えはNewtonの死後に否定された。すなわち、Newtonは自ら、科学の隙間に神を置く"God of the gaps"論が、神を科学の隙間に生き埋めにするものだということの実例になってしまった。

In any case, the "Wedge Document" does not propose replacing "science" or the "scientific method" with "God" or "relision", as one reporter claimed. Still less does it advocate imposing a particular concludion on scientists as a condition of their practicing science -- something that would be absurd. Instead, it advocates open debate and argument (see below). Proponents of intelligent design have long insisted[7] that all scientists must be free to follow evidence wherever they think its leads. It happens that many (though not all) of our fellows think that a considerable body of evidence now pints to the intelligent design of life and the universe. Most of these scientist and scholars think that this evidence supports, or is at least consonant with, a theistic view of the world. The "Wedge Document" does nothing more sinister than announce our intention to support the research of such scientists -- among others.

いずれにせよ、ある批判者が主張したような、"Wedge Document"は科学や科学的方法を神と宗教に置き換えることを目的としていない。ましてや、なんらかの不合理なものを、科学の遂行の条件として、科学者に特定の条件を課そうと主張しない。そうではなくて、後述のように、率直な議論(Debate)と論を主張する。インテリジェントデザイン支持者たちは、科学者たちは証拠の導くところに従うべきだと長きにわたって主張してきた。すべてではないが多くのフェローたちは、かなりの量の証拠が生命と宇宙のインテリジェントデザインを指摘すると考えている。これらの科学者と学者の大半は、この証拠が、有神論の世界観を支持するか、少なくとも調和すると考えている。"Wedge Document"は、そのような科学者の研究を支援する我々の意向表明上のものではない。
「this evidence supports, or is at least consonant with, a theistic view of the world.」と英文自体グレーな記述で、科学の版図内で「support」するのか、版図外なのかが明確ではない。科学の版図外、すなわち形而上学とか哲学とか神学とか宗教でなら、はじめから問題にならない。

このあと、一見まっとうな記述が続くのだが:
Even so, our critics insist that the "Wedge Document" shows that the case for intelligent design is unscientific because it is based on religious belief. But here again they fail to grasp an obvious distinction -- the distinction between the implications of a theory and the basis for theory.

それでも、我々に対する批判者たちは、宗教信仰に基づいているからインテリジェントデザインは非科学的であることを"Wedge Document"が示していると主張する。

Contemporary theories of intelligent design are not based upon theistic belief. They are based upon scientific evidence and analyses. In his groundbreaking book, Darwin's Black Box, Lehigh University biochemist Michael Behe bases his case for design on the presence of the "irreducible cpmplex" miniature motors and circuits now found in cells[8]. Center fellow Stephen Myer (philosopher of science)[9], Charles Thaxton (chemist)[10] and Dean Kenyon (biophysicist)[11] have made a case for intelligent design based upon the presence of encoded information in DNA. Other Center scientists and philosophers are now making arguments for intelligent design based upon evidence of the "fine tuning" of the laws of physics and/or the parameters that make Earth friendly to life and scientific discovery[12].

インテリジェントデザインの現代理論は宗教信仰に基づくものではない。それらは科学的証拠と分析に基づいている。Lehigh Universityの生物学者Michael Beheは、その草分け的な本である"Darwin's Black Box"において、今や細胞に見つかる還元不可能に複雑な微小なモーターと回路の存在に基づいてデザインを論じる。センターのフェローである科学哲学者Stephen Meyerや化学者Charles Thaxtonや生物物理学者Deab KenyonはDNAにコード化された情報の存在に基づいて、インテリジェントデザインを論じる。センターの他の科学者たちと哲学者たちは今や、地球を生命に適したものにした物理法則や物理定数のファインチューニングの証拠や科学的発見に基づいて、インテリジェントデザインの論を構築している。

These arguments have evidential, not theological premises. As CSC director Stephen Meyer has said, intelligent design is "an inference from bilogical data, not a deduction from religious authority"[13]. Or, as geneticist Michael Denton has observed, the contemporary argument for design "may have religious implecation, but it does not depend on religious presuppositions"[14].

これらの論は証拠に基づくものであって、神学を根拠とするものではない。CSCセンター長としてStephen Meyerは、インテリジェントデザインが生物学的データからの推論であって、宗教的権威からの演繹ではないと言っている。または、遺伝学者Michael Dentonが述べたように、現代のデザイン論は宗教的インプリケーションはあるかもしれないが、宗教的前提には依存しない。

This, someone cannot refute design arguments simply by asserting that such arguments are "religiously-motivated". In fact, many contemporary design arguments have been advanced by scientists (such as Paul Davies, Michael Denton and John Leslie) who are not personally religious. But even if this were not the case, science-based design arguments would still need to be assessed independently of any consideration of motives of personal beliefs,. Motives don't matter in science. Evidence does.

これは、宗教に動機付けられた論だと主張するだけで、デザイン論を論破できない。事実、デザイン論は、Paul DaviesやMichael DentonやJohn Leslieのような、個人的信仰者ではない科学者たちによって発展した。しかし、これがそれにあたらないとしても、科学を基礎とするデザイン論は、個人的信条の動機とは無関係に評価されるべきである。科学は動機は関係ない。証拠だけだ。
実のところ、ここまでは別に何の問題もない。インプリケーションは科学の版図外にあり、インプリケーションとして神を主張したところで、別にとやかく言うことではない。そして、もちろん、研究動機と結果は無関係。

Consider a parallel example. Noted Darwinist Richard Dawkins has praised Darwin's theory because it allows one "to be an intellectually fulfilled atheist"[15]. In Dawkins's view Darwinism explains "the appearance of design" without having to invoke a designer -- something as an atheist he wants to avoid. Does Dawkins's anti-religious motive disqualify his scientific argument against design? Does it disqualify Darwinian evolution from consideration as a scientific theory? Clearly not. But then the same rule should apply when considering the case for design. It's not what motivates a scientist's argument that determines its validity; it's the quality of the evidence and analysis that the scientist uses to support argument.

パラレルな例を考えよう。ダーウィにストRichard Dawkinsは、知的に達成される無心論者たらしめるものとしてダーウィンの理論を称揚する。Dawkinsの見方では、ダーウィニズムは「見かけのデザイン」を、無心論者が避けたがる、デザイナーを呼び出すことなく説明する。Dawkinsの反宗教的な動機は、デザインに対する彼の科学的な議論を無効にするか?あるいは、科学理論として考慮からダーウィンの進化論を無効にするか? 明らかにそうではない。しかし、デザイン論のためにケースを考慮するとき、同じ規則はあてはめねばならない。それは科学的な論の有効性を動機によって判断できない。科学者が論を支持に使うのは証拠と分析のクオリティである。
一見、正しそうに見えるが、実は一点で根本的に間違っている。方法論的自然主義の範囲では、そもそも超越的な神への言及は不可能、それを強引に、取り違えた説明に持ち込んでいる。

「Darwinism explains "the appearance of design" without having to invoke a designer -- something as an atheist he wants to avoid.」が示すのは、「超自然への言及もあり」だということ。これは検証不可能な超自然を科学に含めるということで、科学の再定義となる。

==>忘却からの帰還: 方法論的自然主義の拒絶に転換した?インテリジェントデザイン[2006/03/28]

インテリジェントデザイン支持者のなかには、「方法論的自然主義の範囲に限定されるScience」とは別に「超自然に言及するMeta-Science」があってもいいと主張する者もいる。しかし、主流なインテリジェントデザイン支持者たちは、そのような考えを支持しないもよう。

==>忘却からの帰還: 他人の口を借りて、"超自然もありにすべき"といってみるDembskiブログ[2006/03/17]



結局のところ、"Wedgeな言い訳"では抑えた表現で、"Wedge Document"と同様なことを言っている。当然と言えば当然か。


[6] William A. Dembski and Stephen C Meyer: "Fruitful Interchange or Polite Chit-Chat?: The Dialogue between Science and Theology?" in Science and Evidence for Design in the Universe, Proceedings of the Wethersfield Institute (San Francisco: Ignatius Press, 2000), pp. 213-234.

[7] Stephen C. Meyer: "The Scientific Status of Intelligent Design: The Methodological Equivalence of Naturalistic and Non-Naturalistic Origins Theories", in Science and Evidence for Design in the Universe, Proceedings of the Wethersfield Institute (San Francisco: Ignatius Press, 2000), pp.151-211.

[8] Michael Behe: "Darwin's Black Box: The Biochemical Challenge to Evolution" (New York: The Free Press, 1996).

[9] Stephen C. Meyer: "DNA and the Origin of Life: Information, Specification and Explanation" in ed. Campbell and Meyer Darwinism, Design and Public Education", pp. 223-285.

[10] Charles Thaxton, Walter Bradley and Roger Olsen, "The Mystery of Life's Origin" (Dallas: Lewis & Stanley, 1992)

[11] Gordon Mills and Dean Kenyon: "The RNA World: A Critique", Origins & Design", 17: 9-16.

[12] Guillermo Gonzalez and Jay Richards: " The Privileged Planet: Why Our Place in the Cosmos is Designed for Discovery" (Washington, D.C. Regnery, 2004).

[13] Stephen C. Meyer: "Let Schools Provide Fuller Disclosure", The Spokane Spokesman Review, Opinion Section, March 29, 1998.

[14] Michael Denton: "Evolution: A Theory in Crisis" (London: Burnett Books, 1985), p.341

[15] Richard Dawkins: "Blind Watchmaker" (London: Penguin Books, 1988), p.6

タグ:id理論 DI
posted by Kumicit at 2007/02/04 03:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック