2013/02/23

家主はラドン検査をする義務があるノルウェー

ノルウェーの新聞moss-avis.noの2013年2月22日付けの報道によれば、賃貸住宅・集合住宅は2013年末までにラドン検査をしなければならない。
[PAL ANDREASSEN: "Utleiere må sørge for radonmåling" (2013/02/22) on moss-avis.no]

Innen utgangen av 2013 må alle som leier ut bolig/leilighet sørge for at det er målt radon. Dette er nye krav i Strålevernloven for å redusere radoneksponeringen og muligheten for lungekreft i befolkningen.

家主はラドン検査をする義務がある。
2013年末までに、すべての賃貸住宅/集合住宅は、ラドン検査をしなければならない。これは国民のラドン被曝及び肺癌になる可能性を低減するための、放射線防護法のもとで新たな義務付けである。

Alle utleieboliger må ha målt radon innen utgangen av dette året. Målinger bør gjøres i vinterhalvåret, og over en periode på minst 2 måneder. Sesongen er nå på hell, så hvis man ikke kommer i gang i februar, så må man vente helt til oktober.

Norge er et av de landene som er mest utsatt for høye radonverdier. Radon er en edelgass som finnes i uranholdig fjell og kan forårsake lungekreft hvis man oppholder seg i høye verdier over mange år.

Noen steder er mer utsatt enn andre, men dette varierer, så du bør absolutt få gjennomført en måling av verdiene i huset der du bor. Når det gjelder utleieboliger er dette altså et krav etter Strålevernloven.

すべての賃貸物件は、今年末までにラドン検査をしておく必要がある。測定は、冬に、少なくとも2ヶ月の期間にわたってなされなければならない。冬の終わりが近づきつつある今、もし2月にラドン検査を開始していないなら、10月まで待たなければならない。

ノルウェーはラドン濃度が最も高い国の一つである。ラドンはウラン含有岩石から発生する希ガスで、長期にわたって高レベルのラドンガスに被曝すると、肺癌を起こす可能性がある。し、それが長年にわたって高いレベルに存在しているなら、肺がんを引き起こす可能性希ガスである。

濃度の高い地域と低い地域があるが、それは家により違っている。したがって、住んでいる家を測定しなければならない。賃貸住宅では、検査は放射線防護の必要要件である。

...

Radongass tar livet av anslagsvis 300 nordmenn årlig. Opphold over flere år i innemiljøer med høye radonkonsentrasjoner gir økt risiko for utvikling av lungekreft. Risikoen øker med eksponeringstid og økende radonkonsentrasjon i luft. Nest etter aktiv røyking, er radon den viktigste årsaken til lungekreft.

Norge er et av landene i verden med høyest radonkonsentrasjon i inneluften.

På bakgrunn av landsomfattende kartlegginger er det anslått at rundt 160 000 husstander har en radonkonsentrasjon i inneluften som er over 200 Bq/m3.
[NGU]

ラドンガスで、毎年推定300人のノルウェー人が死亡している。高濃度のラドンのある屋内環境で数年間生活することは、肺癌の発症リスクを増加させる。被曝時間と空気中のラドン濃度の増加とともに、リスクは大きくなる。ラドンは能動喫煙に次ぐ肺癌の主要要因である。

ノルウェーは、室内空気中のラドン濃度が最も高い国の一つである。

全国的な調査に基づくと、約16万世帯が、室内空気中のラドン濃度が200Bq/m3を超えていると推定される。
この人口500万人で年間300人死亡という数字は、隣国スウェーデンの人口900万人で年間500人の死亡と同程度。

で、ノルウェーの法規制では、測定すればよいのではなく、証跡として記録に残さなければならない。そして、基準値以上であれば、2014年1月1日までに対策を完了し、完了したことを証明しなければならない。10月から測定を開始すると、基準値を超えていた場合に対策する時間がほとんどない。今月が駆け込み実施時期ということになるようだ。


posted by Kumicit at 2013/02/23 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック