2013/02/26

オクラホマ州上院の反進化論州法案が廃案

米国の進化論教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州上院の反進化論州法案が廃案になり、州下院の反進化論州法案は委員会を通過した。
Senate Bill 758 (document), the so-called Oklahoma Science Education Act, which would have undermined the integrity of science education in the Sooner State, is dead. February 25, 2013, was the deadline for Senate bills to pass their committees, but the Senate Education Committee adjourned its February 25, 2013, meeting without considering it. Still active in the Oklahoma legislature is House Bill 1674 (document), styled the Scientific Education and Academic Freedom Act, which differs from SB 758 primarily in mentioning "biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning" as supposedly controversial topics. HB 1674 passed the House Education Committee on a 9-8 vote on February 19, 2013.

成立すれば州の理科教育の完全性を損なうことになる、オクラホマ州上院SB758、いわゆるオクラホマ科学教育が廃案になった。2013年2月25日に、州上院委員会の通過期限を迎えたが、州上院教育委員会はこの州法案を検討することなく、休会した。

理科教育と学問の自由州法案の形をとるオクラホマ州下院HB1674は。州上院SB758と違って、「生物進化と生命の化学起源と地球温暖化とヒトクローン」を論争となっているものとして言及している。HB1674は2013年2月19日に、州下院教育委員会を通過した。

[Antiscience bill dies in Oklahoma (2013/02/25) on NCSE]
オクラホマ州上院SB758はありがちな放置モードの廃案。州下院は委員会を通過した。しかし、この後に州下院本会議を通過できても、いったん同様のSB758を放置・廃案にしている州上院教育委員会で審議されるのは、あまり考えにくい。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:


2013年の反進化論州法案:



2013年の反進化論州法案のうち、廃案・先送り・提案断念・棚上げは:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

posted by Kumicit at 2013/02/26 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/331963665
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック