2013/03/31

星が落ちないと、イエスは再臨していないはずだが...

3年ほど前に、PEW Researchが行った40年以内に起きることについての世論調査に、イエスの再臨も入っていた。
WASHINGTON - For centuries, Christians have proclaimed that Jesus died, Jesus rose from the dead and Jesus will come again.

A survey conducted by the Pew Research Center and Smithsonian magazine in 2010 suggests that future hope remains strong.

A majority of American Protestants and about one-third of Roman Catholics told the pollsters they believed Jesus would definitely or probably return by the year 2050.

Pew senior researcher Greg Smith says that belief was strongest in the South and among people with a high school education or less.

About one-eighth of Americans said they didn't know if Jesus Christ would return by the year 2050 -- placing them in agreement with Jesus's declaration that no one knows the day or the hour when he'll return, except God the Father.

世紀を越えて、キリスト教徒たちは、イエスは死に、イエスは蘇り、そして、イエスは還ってくると公言してきた。

2010年にPew Research CenterとSmithsonian magazineが実施した世論調査は、その希望が強く残っていることを示している。米国の過半数のプロテスタントと1/3のカトリックが、2050年までに確実もしくは多分、イエスは再臨すると回答した。Pew Research CenterのGreg Smithによれば、その信条は、南部および高卒以下で強い。

1/8の米国人がイエスキリストが2050年までに再臨するかわからないと回答し、その理由として、「父なる神以外にイエスの再臨の日を知らない」というイエスの言葉を挙げた。

[Poll: Many expect Jesus' return by 2050(2013/03/29) by The Associated Press]


Definite/Probable in next 40 years (by 2050)

Jesus Christ will return 46
World War 58
Nuclear terror 53
[PEW 2010/06/22]
米国人の半数近くが2050年までにイエスが再臨すると回答していた。

で、聖書によれば、イエスが再臨には前提事項がある。
戦争の騒ぎや戦争のうわさを聞くだろうが、慌てないように気をつけなさい。そういうことは起こるに決まっているが、まだ世の終わりではない。民は民に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に飢饉や地震が起こる。しかし、これらはすべて産みの苦しみの始まりである。[マタイによる福音書24章6-8節]

You will hear of wars and rumors of wars, but see to it that you are not alarmed. Such things must happen, but the end is still to come. Nation will rise against nation, and kingdom against kingdom. There will be famines and earthquakes in various places. All these are the beginning of birth pains.

そのときには、世界の初めから今までなく、今後も決してないほどの大きな苦難が来るからである。神がその期間を縮めてくださらなければ、だれ一人救われない。しかし、神は選ばれた人たちのために、その期間を縮めてくださるであろう。[マタイによる福音書24章21-22節]

For then there will be great distress, unequaled from the beginning of the world until now−and never to be equaled again. If those days had not been cut short, no one would survive, but for the sake of the elect those days will be shortened.

「その苦難の日々の後、たちまち/太陽は暗くなり、/月は光を放たず、/星は空から落ち、/天体は揺り動かされる。そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。[マタイによる福音書24章29-30節]

Immediately after the distress of those days, the sun will be darkened, and the moon will not give its light; the stars will fall from the sky, and the heavenly bodies will be shaken. Then will appear the sign of the Son of Man in heaven. And then all the peoples of the earth will mourn when they see the Son of Man coming on the clouds of heaven, with power and great glory
戦争や飢饉や地震は幾らでもあるが、"the stars will fall from the sky(星は空から落ち)"はむつかしそうだ。これは数ある新約聖書にある地球平板記述のひとつで、こんなかんじの世界でないと話にならない。
flatearth1.jpg

で、ご都合主義で、流星のことだと思って、1833年11月12-13日に盛り上がったようだが...
november_13_1833.jpg
People were drawn out of their homes and looked up at the countless meteors that were streaking across the heavens during the early hours of November 12th, 1833.
["The Night The Stars Fell"]
もちろん、イエスは再臨していない。

もっとも、こういう空がすべて落ちてくる日なら...

[sky factory]


posted by Kumicit at 2013/03/31 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック