2013/04/03

証明されない、あるいは否定された治療法を選択しても...

Edzard Ernst曰く...
I can fully understand that disappointed patients look for help and compassion elsewhere, and I am quite sure that the failings of modern medicine are an important motivator for people to try alternative medicine.

But looking elsewhere might not be the best approach for improving health care. Alternative practitioners may well be more compassionate than conventional clinicians but features like empathy, time and attention can never make good medicine, if they are not accompanied by effective therapies.

The conclusion is therefore simple: whenever we encounter one of the many failings of conventional medicine, instead of turning away in disgust, we ought to make sure that mistakes are corrected, lessons are learnt and improvements are found and put into practice. Our aim must be to generate progress, and it cannot be reached by opting for unproven or dis-proven treatments.


医療に失望した患者が、どこか別なところに助けと思いやりを探し求めるのを、私は完全に理解できる。そして、現代医学の欠点は、代替医療を求める人々の重要な動機であることを、私は強く確信している。

しかし、別なところを探し求めることは、医療を改善するための最善のアプローチではないかもしれない。代替医療師は通常臨床医よりも思いやりがあるかもしれないが、彼らに効果的な治療法がない限り、共感・時間・注意といったものでは、決して良い医療を創れない。

結論は、したがって単純である。通常医療の多くの欠点の一つの遭遇するたびに、うんざりして通常医療を離れるのではなく、「誤りが正され、教訓が学ばれ、進展が見出され、それが実践に使われる」ことを確実にすべきだ。我々の目標は、進展であり、それには証明されない、あるいは否定された治療法を選択しても到達できない。

[Edzard Ernst: "Are the inadequacies of mainstream medicine to blame for the popularity of alternative medicine?" (2013/03/28) ]
でも、人間の自然な思考は、失望すると人をあっち側に行かせてしまうもののようだ。たとえば、「科学が信頼できないと神を信じる」[Preston and Epley, 2009]とか。
posted by Kumicit at 2013/04/03 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック