2013/05/08

理論採択ルールを問うインテリジェントデザインの父Phillip Johnson

インテリジェントデザインの父たる法学者Phillip Johnsonは以下の3つの主張をする。

  • 方法論的自然主義(超自然に言及しない)という科学の原則を拒絶する
  • "God of the gaps"(科学で説明できないものは神様のせい)を詭弁扱いしない
  • 現在の理論よりも良い理論を提唱しないと、現在の理論を破棄できないというルールの拒絶する
逆に言えば、インテリジェントデザイン"理論"は「超自然に言及する、"God of the gaps"な論であって、進化論に劣る理論である」ことを意味する。
The key element in the cultural authority of the scientific naturalists is their power to set the standards by which theories are evaluated. That power explains why theists are so paralyzed by fear of the "God of the gpas" fallacy. Darwinism became unchallengeable scientific orthodoxy not because the creative power of the mutation / selection mechanism was experimentally demonstrated, but because the scientific community adopted standards of evaluation that made something very much like Darwinism inevitable. Naturalistic rules require that theories employ only two kind of forces -- chance and necessity, random variation and impersonal law. The only debate is over details like the relative importance of chance (mutation) and necessity (natural selection), or the mechanism of heredity. The rules also provide that a theory retains its authority even in the teeth of great deal of nonconforming evidence unless critics can provide a better theory.

Because of this way of thinking, even the notorious discrepancies between the facts of the fossil record and Darwinian expectation do not matter so long as there is some evidence (Archaeopteryx, Lucy, the "mammal-like reptiles") that can be interpreted to fit the paradigm -- and critics are unable to propose a credible mechanism for evolution by big jumps. If the contest is between Darwinism and supernatural creation, or between Darwinism and "we don't know," Darwinism wins.

科学的自然主義者の文化的権威の重要な要素は、理論の評価する基準を設定する力である。この力が、「God of the gaps」詭弁を怖れて、有神論者が動けなくなる理由を説明する。ダーウィニズムは挑戦されざる科学的正統となったのは、突然変異と選択のメカニズムが実験的に証明されたからではなく、ダーウィニズムを不可避とするような評価基準を科学界が採択したからだ。自然主義のルールは理論が、ただ二種類の力のみを採用することを義務付ける。すなわち、偶然と必然、ランダムな変異と人格を持たない法則である。論争は、偶然(突然変異)と必然(自然選択)の相対的重要性、あるいは遺伝のメカニズムのような詳細レベルのものでしかない。さらにルールは、批判者がより良い理論を提供するまで、不適合な証拠が多大にあっても、権威の座に居続けることを可能とする。

このような考え方により、パラダイムに合うと解釈可能な、何らかの証拠(始祖鳥やルーシーや哺乳類のような爬虫類)があれば、化石記録の事実とダーウィン理論の予測の悪名高き乖離でさえも問題ではなくなる。そして、批判者はビッグジャンプによる進化論についての信頼できるメカニズムの提唱が不可能になる。ダーウィニズムと超自然の創造論が戦えば、あるいはダーウィニズムと「我々は知らない」が戦えば、ダーウィニズムが勝利する。

[Phillip Johnson: "Reason in the Balance", 1996. chap 5. Theistic Naturalism & Theistic Realism, pp 105-6]
このような主張をは自然科学の世界では通らない。でも、この理論採択ルールを問うという論はSTSとしては、まっとうな論かもしれない。


posted by Kumicit at 2013/05/08 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック