2013/05/22

陰謀論のバックファイア効果

最近のNY Timesの陰謀論を信じる心理学についての記事が、バックファイア効果にふれている。
Our access to high-quality information has not, unfortunately, ushered in an age in which disagreements of this sort can easily be solved with a quick Google search. In fact, the Internet has made things worse. Confirmation bias − the tendency to pay more attention to evidence that supports what you already believe − is a well-documented and common human failing. People have been writing about it for centuries. In recent years, though, researchers have found that confirmation bias is not easy to overcome. You can’t just drown it in facts.

高品質な情報へのアクセスは残念ながら、ググれば容易にこの種の反対意見を始末できる時代では、我々を正しく導かない。実際、インターネットは事態を悪化させる。自分が既に信じているものを支持する証拠により関心を持つ確証バイアスは、多くの研究文献で実証されているように、ありがちな人間の誤りである。人々は幾世紀にもわたり、このことを書いてきた。近年、研究者たちは確証バイアスを容易に乗り越えられないことを発見した。事実、消せないのだ。

In 2006, the political scientists Brendan Nyhan and Jason Reifler identified a phenomenon called the “backfire effect.” They showed that efforts to debunk inaccurate political information can leave people more convinced that false information is true than they would have been otherwise. Nyhan isn’t sure why this happens, but it appears to be more prevalent when the bad information helps bolster a favored worldview or ideology.

2006年に、政治科学者Brendan NyhanとJason Reiflerは、バックファイア効果と呼ぶ現象を特定した。彼らは、誤った政治情報をデバンクする努力が、逆に誤った政治情報が正しいという確信を強めうることを示した。Nyhanはこれが起きる理由について明確にできてはいない。しかし、悪い情報が、好みの世界観やイデオロギーを強化することが、ありがちななことは、明らかである。
 
[MAGGIE KOERTH-BAKER: "Why Rational People Buy Into Conspiracy Theories" (2013/05/21) on NY Times]
Brendan NyhanとJason Reiflerは次のような実験をしている。
Subjects read an article on the tax cut debate attributed to either the New York Times or FoxNews.com (see appendix for text). In all conditions, it included a passage in which President Bush said “The tax relief stimulated economic vitality and growth and it has helped increase revenues to the Treasury.” As in Study 1, this quote – which states that the tax cuts increased revenue over what would have otherwise been received – is taken from an actual Bush speech. Subjects in the correction condition received an additional paragraph clarifying that both nominal tax revenues and revenues as a proportion of GDP declined sharply after Bush’s first tax cuts were enacted in 2001 (he passed additional tax cuts in 2003) and still had not rebounded to 2000 levels by either metric in 2004. The dependent variable is agreement with the claim that “President Bush's tax cuts have increased government revenue” on a Likert scale ranging from strongly disagree (1) to strongly agree (5).

被験者は、減税論争について、New York TimesあるいはFoxNewsの記事だと告げられた記事を読んだ。いずれも、ブッシュ大統領が「減税は経済活動と成長を刺激し、税収を増加させる」と述べたことが書かれている。実験1と同じく、減税が税収増をもたらすという主張は、実際のブッシュ大統領の演説からの引用である。そして、被験者たちは、これを訂正する記述を受け取った。すなわち、ブッシュの初回減税(彼は2003年にも減税している)が2001年に発効したあと、税収額及び税収のGDP比はいずれも急減し、2004年に至るも2000年水準に回復していない。従属変数は、「ブッシュ大統領の減税は税収を増加させる」についての、強く不同意(1)から強く同意(5)のLikertスケールである。
...

Again, the raw data are compelling. The percentage of conservatives agreeing with the statement that President Bush's tax cuts have increased government revenue went from 36% to 67% (n=60). By contrast, for non-conservatives, agreement went from 31% to 28% (n=136).

ここでも生データは有無を言わせないものだ。ブッシュ大統領の減税は税収を増加させるという主張に同意する保守な被験者は36%から67%に増加した。一方、保守でない人々では同意率は31%から28%に減少した。

[Brendan Nyhan and Brendan Nyhan: "When Corrections Fail: The persistence of political misperceptions , Political Behavior, June 2010, Volume 32, Issue 2, pp 303-330]
とても鮮やかなバックファイア効果である。Brendan NyhanとJason Reiflerはリベラルな主張についても実験をしていて、その場合はリベラルにバックファイア効果が見られる。

デバンキングハンドブックは、世界観バックファイア効果として対処方法を記載しているが、そうはうまく行きそうにない心理の問題である。


posted by Kumicit at 2013/05/22 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック