2013/05/25

「銃で武装して自己防衛するのが、神の教え」

米国の保守雑誌National Reviewの執筆者の一人David Frenchによれば、武装して自己防衛を行なうことを、神は認めている。
In Mosaic law, God obviously continued his mandate of the death penalty for murder (as well as for blasphemy and other crimes) − but not for all killing. He specifically carved out an exception for the defense of one’s home: ”If a thief is found breaking in and is struck so that he dies, there shall be no bloodguilt for him . . .” (Exodus 22:2). There was bloodguilt if the thief was killed during the day, however. Note the grace that God gives the citizen in the midst of the fear and ambiguity of a nighttime invasion − even a “thief” (not a rapist, not a murderer) can be killed at night, but in the clarity of day, the “thief” (again, not a rapist, not a murderer) should not be killed.
Going forward, the morality of the right of self-defense is presumed. Nehemiah, when he was rebuilding the Jerusalem in the face of hatred (not in wartime, but when tribal neighbors were seeking to carry out vigilante attacks on Jews) instructed his people: ”Do not be afraid of them. Remember the Lord, who is great and awesome, and fight for your brothers, your sons, your daughters, your wives, and your homes.” (Nehemiah 4:14).

モーゼの律法で、神は明らかに引き続き、(神への冒涜や他の犯罪と同じく) 殺人罪に死刑を命じているが、すべての殺人についてではない。「もし、盗人が壁に穴をあけて入るところを見つけられ、打たれて死んだ場合、殺した人に血を流した罪はない。」(出エジプト記 / 22章 1節) しかし、太陽が昇っているならば、殺した人に血を流した責任がある。夜間の侵入の恐怖と状況不明確な中での市民に、神が慈悲深いことに注意しよう。(レイピストや殺人者でなく) 盗人であっても、夜間は殺してもかまわない。しかし、昼の光のもとでは、(レイピストや殺人者でなく) 盗人を殺すべきではない。さらに、自己防衛の権利の倫理性も前提としている。(戦時ではないが、部族の隣人たちが、ユダヤ人への自警団攻撃を実行しようと機会をうかがっているような) 憎しみに直面しながら、エルサレムの再建に取り組んでいたネヘミヤは、人々を次のように指導した。「仕事が多く、範囲は広い。わたしたちは互いに遠く離れて城壁の上に散らばっている。角笛の音を聞いたら、わたしたちのもとに集まれ。わたしたちの神はわたしたちのために戦ってくださる。」(ネヘミヤ記 / 4章 13-14節)

It’s often-forgotten that the climax of the Book of Esther involves the Jews gathering together in an act of self-defense, where a despotic king was persuaded to allow them to fight against their attackers: ”. . . the king allowed the Jews who were in every city to gather and defend their lives, to destroy, to kill, and to annihilate any armed force of any people or province that might attack them, children and women included, and to plunder their goods.” (Esther 8:11). The Jews then “struck all their enemies with the sword, killing and destroying them, and did as they pleased to those that hated them.” (Esther 9:5). Before Esther’s intervention, a despotic king would have denied the Jews their right of self-defense. After Esther’s intervention, the Jews didn’t merely look to law enforcement for salvation but took matters into their own hands.

ユダヤ人たちが集まって、専制王に対して、攻撃者に対して戦うことを認めるよう、説得したという、エステル記のクライマックスは忘れられていることが多い。「こうして王の命令によって、どの町のユダヤ人にも自分たちの命を守るために集合し、自分たちを迫害する民族や州の軍隊を女や子供に至るまで一人残らず滅ぼし、殺し、絶滅させ、その持ち物を奪い取ることが許された。」(エステル記 / 8章 11節) そして、「ユダヤ人は敵を一人残らず剣にかけて討ち殺し、滅ぼして、仇敵を思いのままにした。」(エステル記 / 9章 5節) エステルの介入前は、専制王はユダヤ人の自己防衛の権利を認めなかった。エステルの介入後は、ユダヤ人たちは法の執行による救済を見ているのではなく、自らの手で事態に対処することとなった。

While the New Testament certainly removes from the individual Christian any justification for vengeance (leaving vengeance to God’s agent, the state) − lex talionis was a rule of proportionate justice, not self-defense. In fact, Jesus’s disciples carried swords and even said the unarmed should arm themselves. The sword’s use was only specifically forbidden when Peter used violence to block Christ’s specific purpose to lay down his life.

新約聖書はキリスト教徒個人から復讐の権利を取り除いた。 (復讐権を神の代理たる国家に委ねた。) 報復の法は均衡した正義であって、自己防衛ではない。事実、イエスの弟子たちは剣を持ち歩いており、武装していない者は武装すべきと言っている。剣の使用が特に禁じられたのは、イエスの殉教をペテロが暴力で阻止しようとしたときだけである。

[David French: "The Biblical and Natural Right of Self Defense" (2012/07/27)]
まさに、銃で武装して自己防衛することは、権利ではなく義務であるというのが、神の教え。
posted by Kumicit at 2013/05/25 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック