2013/05/28

増大するダイエットサプリ及びハーブサプリによる救急電話

米国では、ダイエットサプリやハーブサプリの多くが法規制を受けることなく販売されており、それによる入院や死亡も起きている。
The Central Ohio Poison Center received nearly twice as many calls last year about dietary and herbal supplements as it did a decade ago. Critics say supplements are lightly regulated, heavily marketed and widely available at health retailers and drugstores and via the Internet.

The poison center, which is housed at Nationwide Children’s Hospital and serves half of Ohio’s counties, received 611 calls about supplements in 2012, up from 323 in 2003. The supplements in question include weight-loss products and energy boosters, not vitamins and minerals.

Central Ohio Poison Center(中央オハイオ毒物センタ)は、ダイエットサプリ及びハーブサプリについての救急電話が10年前の2倍近くになっている。批判者たちは「サプリが、法規制は緩く、徹底して宣伝され、健康製品小売店や薬局やインターネットで広く買える」と言う。

Nationwide Children’s Hospitalに併設され、オハイオの郡の半分を管轄する毒物センターは、救急電話を2003年に323件受けていたが、2012年には611件に受けた。問題のサプリには、体重減量製品やエネルギーブースターなどがあるが、ビタミンやミネラルは含まれなていない。

...
Spiller was a co-author on research published this month in Pediatric Emergency Care that found a 274 percent increase in poisonings from dietary and herbal supplements in children younger than 6 between 2000 and 2010. The researchers evaluated data at 12 poison centers in five states − Ohio, Kentucky, Louisiana, North Carolina and Texas − and found that the total number of reported exposures among those younger than 6 increased from 1,017 to 3,798 in that decade.

Since 2004, the poison center has logged 54 hospitalizations requiring intensive care as a result of dietary-supplement use, although the annual number has declined sharply in recent years. The number of calls linked to weight-loss supplements also has dropped, from 215 in 2003 to 90 last year. That’s because of a 2006 ban on the sale of the appetite-suppressant ephedrine as a dietary supplement, Spiller said.

Pediatric Emergency Careに今月掲載された研究の共著者であるSpillは、2000年から2010年の間に,、6歳未満の子どもの栄養サプリやハーブサプリによる中毒が274%増加したことを発見した。研究者たちはオハイオ州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ノースカロライナ州、テキサス州の合計の12の毒物センターのデータを評価し、6歳未満の子供の中毒の合計数が、この10年間で、1017件から3798件に増えたことを発見した。

近年、年間入院者数は急減しているものの、毒物センターは2004年以降、54名の集中治療が必要な入院患者を記録した。体重減量サプリに関する救急電話は2003年は215件あったが、2012年には90件に減少した。これは2006年に、ダイエットサプリとして、食欲抑制剤エフェドリンの販売が禁じられたことによると、Spillerは述べた。

[Ben Sutherly: "Supplement poison calls on the rise" (2013/05/26) on Columbus Dispatch]
ダイエットサプリの大きな問題は法規制により抑え込まれたようだが、それで問題が消えるわけでもないようだ。そもそも、治療効果を謳わなければ、法規制を回避できてしまう。
Under a 1994 federal law, dietary supplements do not need approval from the Food and Drug Administration before they are marketed, as long as they don’t make specific health claims. “As long as you don’t cross that magic line and claim that you’re curing a disease, there’s really no one watching,” Spiller said. “It’s really ‘consumer beware.’  ”

Still, dietary supplements continue to draw fresh scrutiny after the December 2011 death of a Maryland teenager linked to toxic over-caffeination. The girl had consumed large cans of Monster Energy on two consecutive days. Another product that has provoked recent controversy is Jack3d, a powder that’s marketed as a workout enhancer and contains dimethylamylamine, a synthetic compound that the FDA said has been linked to adverse effects and deaths.

1994年連邦法の下では、ダイエットサプリは、特別な効能を謳わない限り、販売するのに、FDAの承認を受ける必要がない。「マジックラインを越えず、病気を治すと言わないなら、誰も監視しない。消費者は本当に用心すべきだ。」とSpillerは言う。

2011年12年のメリーランド州でのティーエンジャーの過剰カフェイン中毒による死亡事故が起きて以降も、それでもなお、ダイエットサプリの新たな事故の調査がなされている。その少女は2日連続で"Monster Energy"のラージ缶の飲んいた。最近問題となったのはJack3dという、運動増強剤として販売されている粉末で、これはジメチルアミラミンを含んでおり、FDAはこの合成化合物が副作用及び死に関連しているのではないかと、FDAは述べている。

[Ben Sutherly: "Supplement poison calls on the rise" (2013/05/26) on Columbus Dispatch]
そして、新たな流行はエネルギー飲料で、死亡事故も起きているという。

監督官庁たるFDAの監視を逃れているサプリ業界は、安全性を証明する必要がなくなっているので、危うい商品が販売され、それを誰も止めない。自衛するしか、サプリを使わないか、いずれかしかなようだ。
posted by Kumicit at 2013/05/28 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック