2013/05/30

1981年に成立し、1987年無効化されたルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法の後始末は挫折したもよう

Edwards v. Aguillard裁判(1987年)で違憲判決が確定し、無効化されたルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法を撤廃する動きがルイジアナ州上院であった。もともと別目的の州法案SB205を修正して、均等取扱州法を廃止を加えて、上院本会議を通過したものだが、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、州下院で挫折したもよう。
At its May 29, 2013, meeting, the Louisiana House Education Committee declined to endorse the attempt to repeal Louisiana's Balanced Treatment for Creation-Science and Evolution-Science Act. ...

At the House committee's meeting, discussion centered on the provisions concerning the foreign language immersion programs. Asked about the repeal provision, the bill's sponsor Eric LaFleur (D-District 28) described it as "oddball," and indicated that he would not object if it were to be removed. Eventually Rob Shadoin (R-District 12) proposed to remove the provisions repealing the Balanced Treatment Act; his amendment was adopted by voice vote, and the amended bill then passed 7-6. SB 205 now proceeds to the House of Representatives. If it passes, either the Senate will concur with the removal of the repeal provision or the bill will go to a conference committee. The legislative session ends on June 6, 2013.

2013年5月29日のルイジアナ州下院教育委員会は、ルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法の撤廃する試みを差し控えた。議論は外国語没入プログラムに関する規定に集中した。撤廃条項について問われた提案者Eric LaFleur(民主党District 28選出)は「Oddball(変わり者)」であり、削除されても反対しないと述べた。結局、Rob Shadoin(共和党District-12選出)は、均等取扱州法撤廃条項の削除を提案した。彼の修正は発生採決により採択され、修正された州法案は7-6で可決された。SB205は州下院本会議へ送られた。通過した場合、州上院は均等取扱州法撤廃条項の削除に同意するか、両院協議会に送られる。州議会会期は2013年6月6日に終了する。

[Back to 1981 in Louisiana (2013/05/29) on NCSE]
ということで、違憲判決で無効になっているルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法は、そのまま残りそうである。
posted by Kumicit at 2013/05/30 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック