2013/06/11

メモ「意識的な認識によらないプラセボ・ノセボの可能性」

2012年に、プラセボやノセボを、意図的な認識によらずに、無意識に形成しうるという研究が発表されている。
[Placebo Response Occurs at Nonconscious Level: Findings Demonstrate Unconscious Mind Plays a Key Role in Pain Experiences (2012/09/10) on ScienceDaily]

However, more recently, scientists have recognized that humans learn to expect either reward or threat quickly and automatically without needing to consciously register the idea in their brains. As the authors write, neuroimaging studies of the human brain have suggested that certain structures, such as the striatum and the amygdala, can process incoming stimuli before they reach conscious awareness, and, as a result, may mediate non-conscious effects on human cognition and behavior.

The scientists set out to determine whether placebo and nocebo responses might be activated outside of a person's conscious awareness, even if he or she has no expectation of either improving or declining.

しかし、さらに最近、科学者たちは、意図的に考えを脳にれなくても、人間は報償や脅威の予測を獲得できることに気づいた。著者たちが記しているように、ニューロイメージングを使った人間の脳の研究で、線条体や扁桃体のような脳の構造、入ってきた刺激を意識するより、速く処理する。結果として、それが人間の認知と行動に影響する無意識の効果を説明する。

Jensen, together with the study's senior author Jian Kong, MD, also of MGH and the PiPS, studied 40 healthy volunteers (24 female; 16 male, median age 23). Two experiments were conducted: In the first, researchers administered heat stimulation to participants' arms while simultaneously showing them images of male human faces on a computer screen. The first face was associated with low pain stimulations and the second image with high pain. Patients were then asked to rate their experience of pain on a scale of 0 to 100, 0 being no pain and 100 being the worst imaginable pain, but without the patient's knowledge that all heat stimulations would have the same moderate heat intensity. As predicted, the pain ratings correlated with the previously learned associations, with a pain rating of 19 when the subjects saw the low pain face while the high pain face resulted in subjects' mean reports of 53 on the pain scale (nocebo effect).

同じくMGHとPiPSのJensenは、研究の著者Jian Kong, MDとともに、40名のボランティア(女性24、男性16)に対して研究を行った。2つの実験が行われた。第一の実験では、研究者たちは、被験者に熱刺激を与えると同時に、コンピュータ画面に男性の顔を表示した。第一の顔は刺激が弱い時に、第二の顔は刺激が強い時に表示された。被験者は痛みを0から100で回答するよう求められた。0が痛みなしで、100が最大である。ただし、熱刺激はすべて同じくモデレートなものであることを、被験者は知らされていない。予測通り、被験者による痛みのレーティングは、既に学んだものだった。弱い刺激のときに見た顔が表示されたときのレーティングは19であったのに対して、強い刺激のときに見た顔が表示されたときのレーティングは53だった(ノセボ効果)。

Then, in the second experiment, the participants were administered the same levels of thermal heat stimulation. Once again, the facial images were projected on the computer screen -- but this time, they flashed by so quickly that subjects could not consciously recognize them. The participants once again rated their pain, and despite a lack of consciously recognizable cues, the participants reported a mean pain rating of 25 in response to the low pain face (placebo effect) and a mean pain rating of 44 in response to the high pain face (nocebo response) even though they did not consciously recognize the faces on the screen.

第二の実験では、被験者は同じレベルの熱刺激を与えられた。ここでも、コンピュータ画面に顔が表示された。ただし、今度は被験者が意識的には認識できない瞬間的な表示だった。そして、被験者は痛みのレーティングを行った。意識的には認識していなかったにもかかわらず、刺激が弱い時の顔が表示されると平均25、刺激が強い時の顔が表示されると平均44とレーティングした。

"Such a mechanism would generally be expected to be more automatic and fundamental to our behavior compared to deliberate judgments and expectations," explains Kong. "Most important, this study provides a unique model that allows us to further investigate placebo and nocebo mechanisms by using tools such as neuroimaging."

As PiPS Director and study coauthor Ted Kaptchuk notes, "It's not what patients think will happen [that influences outcomes] it's what the nonconscious mind anticipates despite any conscious thoughts. This mechanism is automatic, fast and powerful, and does not depend on deliberation and judgment. These findings open an entirely new door towards understanding placebos and the ritual of medicine."

「そのようなメカニズムは、意図的な判断や期待と比べて、我々の行動に対して、より自動的かつ根本的であろう。最も重要なことは、この研究が、ニューロイメージングなどのツールを使って、プラセボやノセボをさらに探求することを可能にするモデルを提供していることだ。」とKongは述べた。

PiPSの責任者で、研究の共著者であるTed Kaptchukは「これは患者が思ったことが起きたものではない。意識的思考に関わらず、無意識の心がもたらしたものだ。このメカニズムは自動的で、高速で、力強いものであり、熟慮や判断に依存しない。これらの発見は、プラセボの理解と医療の儀式行為について、まったく新たな扉を開いた。」と述べた。

In addition to Jensen, Kong and Kaptchuk, study coauthors include Jacqueline Raicek, Chantal Berna and Randy Gollub of MGH and the PiPS; Irving Kirsch of the PiPS and Plymouth (UK) University; and Kara M. Lindstrom and Martin Ingvar of the Karolinska Institute, Stockholm, Sweden.

This study was supported, in part, by grants from the Swedish Society for Medical Research and the Swedish Council for Working Life and Social Research and Grants R21AT004497 (National Center for Complementary and Alternative Medicine, NCCAM), R03AT218317 (National Institute on Drug Abuse), and R01AT006364 (NCCAM); K24AT004095 (NCCAM); and R01AT005280 (NCCAM).
このようなプラセボやノセボ効果だと、本人がそれをプラセボやノセボだと気づきようがない。
posted by Kumicit at 2013/06/11 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365944393
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック