2013/06/13

化学療法の条件付けのノセボの威力には驚く他ない


ノセボのメカニズムは明確になっているというわけではないが、Harvard Mental Health Letterは2011年5月号で、以下のようなもにを挙げている。
[New insights into the nocebo response (2011/05) on Harvard Mental Health Letter]

Psychology. Anxiety, depression, and hypochondria increase susceptibility to the nocebo response. It's not clear why, but one theory is that these psychological states may cause somatization, the expression of emotional disturbances in the form of physical symptoms.

心理学: 不安や抑鬱や心気症はノセボ効果の感受性を増大させる。理由は明確ではないが、これらの心理的状態が、身体症状として表出される感情的動揺である、身体化を起こすという理論がある。

Conditioning. When patients have had a negative experience or developed side effects in the past, they may do so again in response to sights, sounds, or other cues associated with that treatment. For example, as many as one in three patients become nauseated or even vomit on entering a room where they have recently received chemotherapy.

条件付け: 過去に患者にネガティブな経験や副作用の発生があると、その治療に関係する光景や音や他の契機で、同じ反応が起きるかもしれない。たとえば、患者の最大3人に1人は、化学療法を直近に受けた部屋に入ると吐き気をもようし、場合によっては嘔吐する。

Context. Medications and other treatments take on symbolic features that can have nocebo effects. Red, orange, and yellow are colors associated with stimulation, while blue and green suggest sedation. Studies have found that participants who take blue placebo pills are more likely to say they feel drowsy afterward than people who take pink placebos.

コンテキスト: 薬物療法や他の治療には、ノセボ効果を持つシンボリックな特徴がある。赤色や橙色や黄色は興奮と、青色や緑色は鎮静と関連している。研究により、青色のプラセボ錠剤を飲んだ被験者は、桃色のプラセボ錠剤を飲んだ被験者よりも、眠気を訴える傾向があることがわかっている。

Suggestion. The words a clinician uses to describe possible side effects of treatment − or even the forms used to provide informed consent − can create expectations of outcomes. In one placebo-controlled study of aspirin for unstable angina (a type of chest pain), researchers used two variations of a consent form. One specifically listed "gastrointestinal irritation" as a possible side effect, while the other did not. In the placebo arm, patients who had signed the consent form listing gastrointestinal irritation not only were more likely to experience this distress, but were also more likely to drop out of the study as a result.

示唆: 治療法の副作用についての医師の説明の言葉や、インフォームドコンセントの書式で、結果への期待が創り出される。胸部の痛みの一種である、不安定なアンギーナについてのアスピリンのプラセボ研究では、研究者たちは二種類のインフォームドコンセント書式を使った。一方には、あるうる副作用として、特に胃腸不調が書かれていて、もう一方には書かれていなかった。胃腸不調の記載のあった書式に署名した被験者たちは、その症状になりやすく、研究自体からのドロップアウトも多かった。
この中でも、化学療法の条件付けが発動する率と、その威力には、驚く他ない。
posted by Kumicit at 2013/06/13 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック