2013/06/17

支持政党が違うと結婚も難しくなってきた米国

共和党支持者と民主党支持者の世論の乖離の拡大はすざまじいものがあるが、こんなものにも...
Last week, some striking data emerged into the political blogosphere, showing that inter-party marriage has become increasingly frowned-upon on both sides of the aisle, but more so on the Republican side. The data come from a paper by Stanford communications scholar Shanto Iyengar and his colleagues, but were given striking visual form by Kevin Drum:

先週(2012/09)、衝撃的なデータが、政治ブロゴスフィアに出現した。支持政党の違う二人の結婚は次第に、両政党支持者で眉を顰められるようになってきた。しかし、より共和党サイドの方がその傾向が強い。データはStanfordのコミュニケーション学者Shanto Iyengarたちの論文のものだった。それをKevin Drumがより明確なグラフにした。

otherpartymarriage.banner.kevindrum.jpg
What this shows, of course, is not only that both sides are increasingly upset by the idea of interparty marriage, but also that Republicans are significantly more upset (roughly 50 percent to 30 percent).

これが示すものは、もちろん、共和党と民主党の双方で、支持政党の違う二人の結婚に苛立つ傾向が強まっていることだが、特に共和党が有意に苛立っていることである(約50% 対 30%)。

[Chris Mooney: "Why Republicans Don’t Want to Marry Democrats" (2012/10/01) on PsychologyToday]
これを、人種間結婚の容認率の上昇と比べると...
gallupinteracialmar.png
[Jeffrey M. Jones: "Record-High 86% Approve of Black-White Marriages" (2011/09/12) on Gallup]
もはや、白人と黒人の間の結婚よりも、共和党支持者と民主党支持者の結婚の方が容認されざるものになったようである。


posted by Kumicit at 2013/06/17 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック