2013/06/18

保守と恐怖と

5年ほど前に、恐怖感が保守支持を高めるという研究が発表されていた。
"Threatening situations do indeed seem to increase people’s affinity for politically conservative opinions, leaders, and parties," said New York University psychologist John Jost.

「脅威を受けている状態では、実際、保守的な意見や指導者や政党への親近感が高まる」とNew York Universityの心理学者John Josth言う。

Study co-author Kevin Smith, also a University of Nebraska political scientist, demurred at making such a connection. "Historically speaking, politicians have appealed to the ‘be afraid’ response in the electorate in an attempt to mine votes," he said. "But in terms of going from campaigning to what we did in the laboratory, that’s a large leap."

But even Smith agreed that "people with stronger responses are more sensitive to potential threats in their environment."

研究の共著者であり、University of Nebraskaの政治科学者であるKevin Smithはそのような関連を作ることに意義を唱える。「歴史的に言って、政治家たちは票を掘り起こそうとして、有権者の不安への反応に訴えかけてきた。しかし、選挙運動と、我々の研究の間には、巨大な飛躍がある。」

しかし、Kevin Smithも「強く反応する人々が、自分たちの環境への脅威に、よりセンシティブである」には同意している。

Asked whether the findings imply a fearmongering strategy for conservatives, New York University psychologist David Amodio responded, "Yes. And some people believe that they are actively using this strategy."

それらの知見が恐怖を煽る戦略が保守に有効だということを意味するのか問われて、New York Universityの心理学者David Amodioは「はい。保守が実際にこの戦略を積極的に使っていると考えている人々もいる。」と応えた。

[BRANDON KEIM: "Conservatives Scare More Easily Than Liberals, Say Scientists (2008/09/18) on Wired]
実際、保守と恐怖を煽ることが不可分だと考えるジャーナリストもいる。
Conservatism, I fear (so to speak), can never be cleansed of this need to instill fear. Whether it’s of black people or of street thugs or of immigrants or of terrorists or of jackbooted government agents, it’s how the conservative mind works. I don’t even think it’s always cynical and manipulative; conservatives often do see enemies under every bed. But that doesn’t mean they’re there, and it most definitely doesn’t mean the rest of us ought to make law and policy based on their nightmares.

保守主義は恐怖を教え込む必要性から逃れられないのではないかと思う。それが、黒人か、街のチンピラか、移民か、テロリストか、高圧的な政府のエージェントかにかかわらず、それが保守の心の働きである。それを私は冷笑的とも、巧みな表現とも思わない。保守はベッドの下に敵の姿をみる。しかし、それは実際に敵がいることを意味しない。そして、彼らの悪夢に基づいて、法律や政策を作ってはならない。

[Michael Tomasky:*The Conservative Paranoid Mind" (2012/04/22) on DailyBeast]
この道を保守が極めると、人民の敵を狩り続けた革命政権と何ら違わなくなってしまいそう。


posted by Kumicit at 2013/06/18 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。