2013/06/25

今夏も需給逼迫するテキサス州ERCOT管轄地域

昨年(2012)同様に、今年もテキサス州の電力供給の予備力は目標値を下回っている。
Additions of electric power generation capacity are not keeping pace with Texas' rising demand for electricity, particularly during peak-hours. A robust economy and population growth spurred the need for more electricity supply, according to the grid operator Electric Reliability Council of Texas (ERCOT).

発電容量の増加は、テキサス州の電力需要、特に昼間時間帯の増大に追いついていない。系統運用機関であるテキサス州電力信頼性委員会(ERCOT)によれば、堅実な経済及び人口増大が、電力需要を増大させている。


ERCOT, the grid operator for most of Texas, warned that regulatory and market uncertainty would limit incentives for investment in new sources of power supply within the region, which causes the risk of narrowing reserve margins.

It's deemed "alarming" that ERCOT is the only region in the North American Electric Reliability Corporation's (NERC) 2013 Summer Reliability Assessment with a reserve margin below target level, which is based on the highest, or peak, hour of demand during the summer.

テキサス州の大半の系統を運用するERCORは、法規制及び市場の不確実性が、管轄下における発電投資のインセンティブを抑制しており、供給予備力を小さくするリスクとなっている。ERCOTは、北米電力信頼性機関(NERC)の2013年夏信頼性評価で、唯一、夏の期間の需要ピーク時間帯の最大値に基づく、供給予備力の目標値を下回っている。

Missing out on targeted 13.75% reserve margin (供給予備力目標13.75%を下回る)

For the second year in a row, ERCOT has been below its target reserve margin of 13.75 percent.

This poses the risk that during extended periods of high temperatures (similar to the record-breaking summer of 2011) combined with unplanned outages of some generation or transmission capacity may push demand for electric power higher than the available supply, analysts at the US Energy Information Administration (EIA) warned.

"In extreme cases this can lead to increased calls on emergency demand response programs or even rolling blackouts," they said.

Texas' electric system is expected to have 1,032 more megawatts of capacity available this summer compared with last summer, the grid operator forecast.

"However, the most recent economic forecasts for the state raised expectations of demand for electricity−particularly in areas of West Texas with increased oil and natural gas drilling−that have outstripped the capacity additions," according to EIA analysts.

ERCOTは、2年連続で13.75%という供給予備力の目標を下回っている。

このことが、(記録的な夏だった2011年と同様の)高温期間における、計画外の発電機停止あるいは送電の停止により、電力需要が供給力を上回るリスクを高めるかもしれないと、米国エネルギー情報局(EIA)のアナリストが警告した。「極端なケースでは、緊急時の需要反応プログラム、さらには輪番停電が必要になるかもしれない」とアナリストたちは述べた。

テキサス州の電力系統は、今夏は昨夏より103.2万kW供給力が増大すると系統運用機関は予測している。「しかし、直近のテキサス州の経済予測では、特に西テキサス地域の電力需要が増大すると予測されている。これは石油及び天然ガスの採掘によるもので、これは供給力の増加を上回る。」とEIAのアナリストは述べた。

[Capacity additions don't keep pace with Texas' rising peak-hour demand (2013/06/25) on GasToPower Journal]
でもって、今週末には38℃越えが予測されるテキサス州である。
Only four days into summer and Texans have already racked up a yearly peak for electricity usage, according to the Electric Reliability Council of Texas.

ERCOT reported Monday that electricity demand topped 60,000 megawatts for the first time in 2013. The grid has a maximum output of more than 64,000 megawatts, according to ERCOT.

Temperatures reached the mid to high-90s in North Texas, and they're expected to hit triple digits by the end of the week.

The sweltering summer of 2011 set the standard for electricity demand - with a record-breaking 70 days of 100 degrees or higher in Dallas, according to the National Weather Service.

ERCOT manages electricity for 23 million Texas customers, which represents 85 percent of the state's electric load.

ERCOTによれば、夏に入って、わずか4日目で、テキサス州の電力需要は年間ピークを上回っている。ERCOTは月曜日(2013/06/24)に、2013年に入って、初めて需要が6000万kWを越えたと報告した。ERCOTによれば、系統の最大容量は6400万kWである。

気温はテキサス北部で35〜37℃に達しており、週末には38℃に到達すると予測されている。National Weather Serviceによれば、Dallasで記録破りの70日間38℃以上を記録した2011年夏の猛暑が、電力需要の基準値となっている。ERCOTは2300万人のテキサス州顧客に電力を供給しており、これはテキサス州全体の需要の85%に相当する。

[Ben Russell:"ERCOT Reaches Electricity Peak" (2013/06/25) on NBC]
これから3か月間、ひたすら勝負が続くことに...




posted by Kumicit at 2013/06/25 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック