2013/06/29

ネガティブな結果の阻止を優先する保守と、ポジティブな結果の増大を優先するリベラル

保守はネガティブな刺激に影響を受けやすく、ネガティブな画像に関心を惹きつけられやすい。これと絡んで、保守はネガティブな結果の阻止を、リベラルはポジティブな結果の増大にフォーカスする傾向も見られる。
[Ronnie Janoff-Bulman: "To Provide or Protect: Motivational Bases of Political Liberalism and Conservatism", Psychological Inquiry, 20: 120-128, 2009]

Abstract

Political liberalism and conservatism differ in provide versus protect orientations, specifically providing for group members’ welfare (political Left) and protecting the group from harm (political Right). These reflect the fundamental psychological distinction between approach and avoidance motivation. Conservatism is avoidance based; it is focused on preventing negative outcomes (e.g., societal losses) and seeks to regulate society via inhibition (restraints) in the interests of social order. Liberalism is approach based; it is focused on advancing positive outcomes (e.g., societal gains) and seeks to regulate society via activation (interventions) in the interests of social justice. As evidenced by specific policy positions, the domains of social regulation and individual autonomy are mirror images for liberals and conservatives. These differences in regulation and motivation suggest fundamental divergences in conceptions of the group and bases of group membership (i.e., societal inclusion), with conservatives focusing on intergroup boundaries and common social identity, and liberals focusing on intragroup variability and interdependence. Implications for society are discussed.

政治的リベラルと保守は、提供と防護、特に集団構成員への福祉提供(政治的左翼)と集団構成員の外からの防護(政治的右翼)の点で違っている。これは接近動機と回避動機の基本的な心理学的区別を反映している。保守は回避ベースで、ネガティブな結果(社会的損失など)の阻止にフォーカスし、社会秩序の観点から、禁止(制約)によって社会を規制しようとする。リベラルは接近ベースで、ポジティブな結果(社会の利得)の増大にフォーカスし、社会正義の観点から、活性化(介入)によって社会を規制しようとする。特定の政治的立場によって証拠づけられるように、社会規制のドメインと個人自律のドメインは、リベラルと保守の鏡像である。これら規制と動機における違いは、集団の概念や集団構成員の基礎について、根本的な乖離の存在を示唆している。保守は集団間の境界線及び共通アイデンティティにフォーカスし、リベラルは集団間の多様性と相互依存にフォーカスする。その社会的意味合いを論じる。
保守は、ネガティブな結果を阻止すべく、ネガティブな兆候に関心を持つということのようである。


posted by Kumicit at 2013/06/29 16:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック