2013/07/09

英国政府の広告規制機関は、英国ホメオパス協会が自サイトでホメオパシーで病気を治療できると主張してはならないと判断した。

英国政府の広告規制機関であるASAは、英国ホメオパス協会(the Society of Homeopaths)がウェブサイトで、関節炎や花粉症の症状を治療できるという主張を禁じる、という画期的な判断を下した。
The Advertising Standards Authority (ASA) has had a remit since 2011 to investigate claims made online, and the organisation said it had a large number of complaints relating to claims on homeopathy websites. It chose to investigate the website of industry body the Society of Homeopaths as a test case “to establish our lead position on claims for homeopathy”.

英国広告規制局(ASA)は2011年以来、オンラインでなされた主張を調査するために、指す戻しを行ってきた。ASAは、ホメオパシーウェブサイトに掲載された主張についての苦情が数多く届いていると述べた。ASAは、ホメオパシーについての主張に対する我々の主導的立場を確立するために、業界団体であるホメオパシー協会のウェブサイトを、テストケースとして調査することを選択した。

The authority also looked at the body’s Twitter page, which included the tweet: “Antidepressant prescriptions up by 43 per cent. For more holistic healthcare which doesn’t rely on drugs try #homeopathy”, with a link to the home page. The ASA found that all of the claims investigated were misleading and breached guidelines on health advertising.

ASAは、業界団体のTwitterページを見て、「抗鬱薬の処方43%増。薬物に頼らない包括的健康管理のために、#ホメオパシーをお試しください」という記述と、ホームページへのリンクのあるツイートがあると判断した。ASAは、調査した主張すべたがミスリーディングであり、健康広告のガイドライン違反であると判断した。

The society’s homepage states: “There is a growing body of research evidence suggesting that treatment by a homeopath is clinically effective, cost-effective and safe.

“Currently, there is sufficient research evidence to support the use of homeopathic treatment for the following medical conditions: allergies and upper respiratory tract infections, ankle sprain, bronchitis, childhood diarrhoea, chronic fatigue, ear infections, fibromyalgia, hay- fever, influenza, osteoarthritis, premenstrual syndrome, rheumatic diseases, sinusitis, vertigo.

“Your local homeopath would be happy to discuss any health problems with you and offer advice about whether they might be able to help.”

ホメオパシー協会のホームページには「ホメオパシー治療が臨床的に効果があり、低コストで、安全ることを示す証拠が増えている。現在、以下の医学的症状に対して、ホメオパシー治療の適用を支持する十分な研究証拠がある: アレルギーや上気道感染症、足首の捻挫、気管支炎、小児下痢、慢性疲労、耳の感染症、線維筋痛症、花粉症、インフルエンザ、変形性関節症、月経前症候群、リウマチ性疾患、副鼻腔炎、眩暈。あなたの地域のホメオパスは、あなたの健康問題について喜んで話しあい、ホメオパスが役に立ちそうか助言する。」

The ASA asked whether the site could discourage essential treatment for conditions for which medical supervision should be sought, and whether the claims that homeopathy could treat the medical conditions could be substantiated.

In relation to the tweet, it investigated whether it could discourage essential treatment for depression, a medical condition for which medical supervision should be sought, and misleadingly implied that homeopathic remedies could alleviate symptoms of depression.

ASAは、ウェブサイトが、医師の指導を求めるべき症状についての不可欠な治療を妨げるか、ホメオパシーが医学提唱上を治療できることを立証することができるかを問うた。

ツイートについては、ASAは、医師の指導を求めるべき医学的症状である鬱について、不可欠な治療を妨げるか、及びホメオパシーレメディが鬱症状を緩和できると誤解させていないかを問うた。

The Society of Homeopaths said it did not believe there was anything on the web page in question, or their website as a whole, which discouraged patients from seeking medical treatment.

Its site recommended maintaining a relationship with a GP or specialist and said homepathy could be used “alongside conventional medicine”, it pointed out.

ホメオパス協会は、患者の医学的治療を妨げるような、問題になるような記述はサイト上のページにも、ウェブサイト全体としても存在しないと考えていると述べた。ホメオパス協会は自サイトで、GP(一般医)や専門医との関係を維持することを推奨し、ホメオパシーは通常医療と同時に使えると記述していると述べた。

But the ASA found that the claims were in breach of advertising rules.

A spokesman said: “We considered that the reference to these specific medical conditions meant the ad was targeted at consumers with a pre-existing diagnosis of these conditions or who were suffering from those symptoms.

“We considered the average consumer targeted by the ad was therefore particularly vulnerable.”All medical claims “must be backed by evidence”, he said.

しかし、ASAはホメオパス協会のサイト上の記述は広告ルール違反であると判断した。ASAの報道担当は「これらの特定の医学的症状への言及は、広告が、これらの症状だと既に診断されている消費者や、これらの症状に苦しんでいる消費者をターゲットにしていることを意味するものだと、我々は考えてる。我々は、平均的消費者がこれらの広告のターゲットとなっており、したがって、これらの消費者は誘惑に晒されていると、考えている。医療効果について主張は、証拠に裏付けられていなければならない。」と述べた。

[ANGUS HOWARTH: "Homeopathy claims banned for ‘misleading’ readers" (2013/07/03) on Scotsman]
これについてthe Society of Homeopathsのサイトに何らの反応はない。



posted by Kumicit at 2013/07/09 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。