2013/07/19

何かで何かが起きる

QuackwatchのStephen Barrett, M.D.によれば、MCSとは、何んらかの微量の物質もしくは電磁波で、何らかの症状が起きるもののようである。
The concepts underlying MCS were developed by allergist Theron G. Randolph, M.D. (1906-1995), who asserted that patients had become ill from exposures to substances at doses far below the levels normally considered safe. In the 1940s, he declared that allergies cause fatigue, irritability, behavior problems, depression, confusion, and nervous tension in children.

MCSの基礎となる概念はアレルギー学者Theron G. Randolphによって構築された。彼は患者が、通常は安全だと考えられているより、はるかに低レベルの曝露で病気になると主張した。1940年代に、彼はアレルギーによって、子供たちに、疲労、神経過敏、問題行動、抑鬱、混乱、緊張が起きると明言した。

In the 1950s, Randolph suggested that human failure to adapt to modern-day synthetic chemicals had resulted in a new form of sensitivity to these substances. His concern with foods then expanded to encompass a wide range of environmental chemicals. Over the ensuing years, the condition he postulated has been called allergic toxemia, cerebral allergy, chemical sensitivity, ecologic illness, environmental illness (EI), immune system dysregulation, multiple chemical sensitivity, total allergy syndrome, total environmental allergy, total immune disorder syndrome, toxic response syndrome, 20th century disease, universal allergy, and many other names that suggest a variety of causative factors. These labels are also intertwined with Gulf War syndrome, sick building syndrome, toxic carpet syndrome, and other politically controversial diagnoses.

1950年代に、Randolphは、現代の合成化学物質に人間が適応できなかったことが、これらの物質に対する新たな形の過敏症をもたらしたと示唆した。彼の食品への懸念は、幅広い環境化学物質へと拡大した。その後長年にわたり、彼が存在を主張してきた症状は、多くの原因物質を示唆する、アレルギー中毒症、脳アレルギー、化学物質過敏症、生態病、環境病(EI)、免疫系調節異常、多種化学物質過敏症、総アレルギー症候群、総環境アレルギー、総免疫障害症候群、毒性反応症候群、20世紀病、ユニバーサルアレルギーやその他の多くの名前で呼ばれてきた。これらの名称は、湾岸戦争症候群、シックハウス症候群、中毒性カーペット症候群、その他の政治的論争となっている診断と、密接に絡み合っている。

The complaints associated with these labels include depression, irritability, mood swings, inability to concentrate or think clearly, poor memory, fatigue, drowsiness, diarrhea, constipation, dizziness, mental exhaustion (also called "brain fog" or "brain fag"), lightheadedness, sneezing, runny or stuffy nose, wheezing, itching eyes and nose, skin rashes, headache, chest pain, muscle and joint pain, urinary frequency, pounding heart, muscle incoordination, swelling of various parts of the body, upset stomach, tingling of the fingers and toes, and psychotic experiences associated with schizophrenia. William J. Rea, M.D., who says he has treated more than 20,000 environmentally ill patients, states that they "may manifest any symptom in the textbook of medicine."

これらの名称に関連付けられた症状の訴えには、抑鬱、神経過敏、気分のむら、集中して明晰に考えらえない、記憶力の低下、疲労、眠気、下痢、便秘、眩暈、精神的な疲労(脳の霧や脳疲労と呼ばれる)、立眩み、くしゃみ、鼻水や鼻づまり、喘鳴、かゆみ目や鼻、皮膚の発疹、頭痛、胸の痛み、筋肉や関節の痛み、頻尿、動悸、筋肉の協調運動障害、身体の各部の腫れ、胃のむかつき、指や爪先のしびれ、統合失調症に関連した精神病経験などがある。20,000人以上の環境病患者を治療したと言っているWilliam J. Rea, M.D.は、医学の教科書に載っている、いかなる症状もありうると述べている。

MCS proponents suggest that the immune system is like a barrel that continually fills with chemicals until it overflows and symptoms appear. Some also say that a single serious episode of infection, stress, or chemical exposure can trigger "immune system dysregulation." The alleged stressors include practically everything that modern humans encounter, such as urban air; diesel exhaust; tobacco smoke; fresh paint or tar; organic solvents and pesticides; certain plastics; newsprint; perfumes and colognes; medications; gas used for cooking and heating; building materials; permanent press and synthetic fabrics; household cleaning products; rubbing alcohol; felt-tip pens; cedar closets; tap water; and even electromagnetic forces.

MCSの支持者は、免疫系は化学物質を注がれ続ける樽のようなもので、溢れると症状が現れると示唆している。唯一環の重い感染やストレスや化学物質への曝露の経験で、免疫系の調節異常が発症することもありうると主張する者もいる。ストレッサーだと主張されるものとして、都市の大気や、ディーゼルの排ガスや、タバコの煙や、新しい塗料やタールや、有機溶剤や農薬や、ある種のプラスチックや、新聞紙や、香水やコロンや、薬物や、調理や暖房に用いるガスや、建材や、パーマネントのプレスや合成繊維や、家庭用清掃用品や、消毒用アルコールや、フェルトペンや、杉製クローゼットや、水道水や、電磁力まで、人間が遭遇するあらゆるものが挙げられている。

[Stephen Barrett, M.D.:"Multiple Chemical Sensitivity: A Spurious Diagnosis" (2011/03/18) on Quackwatch]
これらのうち、食品についてJewett et al(1990)が、化学物質についてStaudenmayer et al(1993)Bornschein et al(2008)が、二重盲検により否定的な結果を出している。しかし、際限なくMCSの原因が挙げられているので、事実上、反証されることはなさそう。
posted by Kumicit at 2013/07/19 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/369640920
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック