2013/07/20

何かで何かが起きる(つづき)

最近のMCS関連の文献をいくつか見てみると、MCSとは、何らかの原因で発症する」と「微量の何か」で「多様な症状」を起こすものである。
Multiple chemical sensitivity (MCS) is a complex clinical entity that includes a large number of non-specific symptoms, associated in a univocal manner in each patient and triggered by exposure to various chemicals at low concentrations, well below those known to cause toxic effects.

MCSは、患者ごとに異なる形で、非常に多くの非特異的な症状を含み、毒性作用起こすと知られているよりも、微量の多様な化学物質への曝露によって起動される、複雑な臨床症状である。

[Barnig and de Blay; 2013 (in French)]

Multiple Chemical Sensitivity (MCS) is a chronic condition characterized by recurrent, non-specific symptoms in response to chemically unrelated exposures in non-toxic concentrations

MCSは慢性症状で、化学的に無関係な非毒物への曝露に反応した非特異症状の繰り返しによって特徴づけられる。

[Tran et al;2013]
その症状群には「リンパ球や抗体やサイトカインの反応」もあると主張されている。
The sensitization state of CS seems to be initiated by a significant toxic exposure, occurring as a 1-time event, or on surpassing a threshold of toxicity after toxicant accrual from repeated lower-level exposures. Once sensitized through a toxicant-induced loss of tolerance, individuals exposed to inciting triggers such as minute amounts of diverse everyday chemicals may experience various clinical and immune sequelae, sometimes involving lymphocyte, antibody, or cytokine responses.

化学物質過敏症の感作状態は、1回のイベントとして起きる著しい毒物曝露あるいは、毒物低レベル曝露の蓄積の閾値超によって起きるようである。毒物誘発性の耐性喪失により感作状態になると、日常にある多様かつ微量の化学物質への曝露により、多様な臨床あるいは免疫後遺症が発生し、時にはリンパ球や抗体やサイトカインの反応も起きる。

[Genuis SJ.; 2013]
症状を起こすものとして、臭い系を挙げる研究もあるが...
Multiple chemical sensitivity (MCS) is a chronic condition, which belongs to the group of medically unexplained syndromes. Patients (men as well as women) complain of many subjective symptoms such as nose and mouth irritation, sore throat, dyspnea, tiredness, dizziness, headache and concentration difficulties. Patient typically report at least four or five symptoms occurring when they are exposed to particular substances, at a very low concentration that usually does not cause symptoms or harm in normal individuals. The common feature of products that appear to be responsible (either occupational or domestic) is that they have a strong smell and include: solvent, paint, glue, tar, oil, pesticides, perfume, cosmetics and spray products. MCS is nowadays considered to be one aspect of idiopathic environmental intolerance (IEI) whose other main aspect is hypersensitivity to electromagnetic fields.

MCSは医学的に説明できない症候群のグループに属する慢性的な症状である。患者は、鼻と口の刺激、喉の痛み、呼吸困難、倦怠感、眩暈、頭痛、集中できないなど、様々な自覚症状を訴える。患者は、健常者には症状を起こしたり、害になったりしない、微量の特定物質の曝露により少なくとも4〜5の症状を起きたと報告している。原因と思われる製品に共通する点は強い臭いで、溶剤や塗料や接着剤やタールやオイルや殺虫剤や香水や化粧品やスプレー製品などが挙げられている。今日ではMCSは、IEI(突発性環境不耐症)の一面と考えられ、その他の主要な一面は電磁波過敏と考えられている。

[Dupas and Dagorne; 2013(in French)]
ただし、[Hillert et al; 2013]によるPET測定では、MCS患者は健常者よりもむしろ臭いに反応していない。

また、MCS患者は健常者より解毒作用が弱いという考えもあるが、日本人を対象として研究では、そのような差異は見出されていない。
[Fujimori S, Hiura M, Yi CX, Xi L, Katoh T.: "Factors in genetic susceptibility in a chemical sensitive population using QEESI.", Environ Health Prev Med. 2012 Sep;17(5):357-63. doi: 10.1007/s12199-011-0260-8. Epub 2011 Dec 29.]

Abstract
OBJECTIVES: Inherited impairment of xenobiotic metabolism is a postulated mechanism underlying environmentally associated pathogeneses such as multiple chemical sensitivity (MCS). Using the Quick Environmental Exposure and Sensitivity Inventory (QEESI), we defined people who have a strong response to chemical substances as "chemical sensitive populations (CSP)." The aim of this study is to evaluate the condition of subjects sensitive to chemicals and to analyze their genotypes in order to identify susceptibility factors in CSPs in Japanese populations.
METHODS: A total of 1,084 employees of Japanese companies were surveyed using the QEESI, history of MCS, and sick house syndrome. The common genotypes of the participants were analyzed for glutathione S-transferase (GST) M1, GSTT1, aldehyde dehydrogenase2 (ALDH2), and paraoxonase1 (PON1) in order to identify factors in the susceptibility to sensitivity to chemicals.
RESULTS: Four subjects had history of diagnosis of MCS; no subjects had diagnosis of sick house syndrome. The subjects were divided into four levels according to scores of 0, 1-19, 20-39, and 40 or more on three of the QEESI subscales. In addition, we used the MCS criteria by Hojo to differentiate between cases (CSP) and controls. No significant differences in the allelic distribution of genetic polymorphisms in the GSTM1, GSTT1, ALDH2 or PON1 genes were found among the four levels of each subscale, or between cases and controls.
CONCLUSIONS: Our findings suggest that the common genotypes of GSTM1, GSTT1, ALDH2, and PON1 are of little importance to CSP in a Japanese population.

目的: 異物代謝の遺伝的損傷は、MCSのような環境に関連した病態の根底にあるメカニズムと仮定されている。QEESI(クィック環境曝露過敏インベントリ)により、我々は化学物質に強く反応する人々を「化学過敏集団(CSP)」と定義した。本研究の目的は、患者音化学物質への過敏の条件を評価し、遺伝子型を分析して、日本人集団におけるCSPの感受性因子を同定することである。
方法:日本企業の従業員合計1084人について、QEESIを使って、MCS履歴とシックハウス症候群を調べた。化学物質に対する感受性の要因を特定するために、被験者の共通の遺伝子型を、GSTM1とGSTT1とALDH2とPON1について分析した。
結果:被験者のうち4名が、MCSの診断履歴があった。またシックハウス症候群の診断履歴はなかった。QEESIサブスケールのうち3つに基づいて、被験者を0, 1-19, 20-39, 40以上の4グループに分割した。さらに、HojoのMCS規準にしたがって、症例(CSP)と健常者(対照群)を識別した。GSTM1とGSTT1とALDH2とPON1遺伝子について、遺伝子多型の対立遺伝子分布に有意な差は、4レベルの間にも、症例(CSP)と健常者(対照群)の間にも見られなかった。
結論:我々の調査結果は、共通的な遺伝子型であるGSTM1とGSTT1とALDH2とPON1は、日本人集団のCSPでは、ほとんど重要ではないことを示唆している。
今のところ、MCSは基本的には「何かで何かが起きる」もののようである。


posted by Kumicit at 2013/07/20 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。