2013/07/22

「信じるな、疑え」は難しい

Charles Darwinは"The Descen of man"で、確信を持って進化論を否定する人々について、こんなことを書いている。
It has often and confidently been asserted, that man's origin can never be known: but ignorance more frequently begets confidence than does knowledge: it is those who know little, and not those who know much, who so positively assert that this or that problem will never be solved by science. ([Charles Darwin:"The Descen of man")

人間の起源は知りえないと、しばしば自信を持って、主張される。しかし、無知はしばしば知識よりも自信を生む。ほとんど知らぬ者、十分には知らぬ者は、あれこあれの問題を科学は解決しえないと、確信を持って主張する。
これが、後にDunning–Kruger effectと呼ばれるものの初出のようである。
wikipedia:ダニング・クルーガー効果( Dunning–Kruger effect )


The Dunning–Kruger effect is a cognitive bias in which unskilled individuals suffer from illusory superiority, mistakenly rating their ability much higher than average. This bias is attributed to a metacognitive inability of the unskilled to recognize their mistakes.[1]

Actual competence may weaken self-confidence, as competent individuals may falsely assume that others have an equivalent understanding. David Dunning and Justin Kruger of Cornell University conclude, "the miscalibration of the incompetent stems from an error about the self, whereas the miscalibration of the highly competent stems from an error about others".[2]

ダニング・クルーガー効果とは、未熟な人が、誤って自らの能力を平均よりも、はるかに高いと評価して、幻想上の優位性を患う認知バイアスである。

実際の有能な人は、他者が自分と同等の理解をしていると誤って仮定して、自信を弱めるかもしれない。Cornell UniversityのDavid DunningとJustin Krugerは「自身についての誤りによる無能な人のキャリブレーション失敗と、他者についての誤りによる有能な人のキャリブレーション失敗」と結論している。
これは、克服か不可能に近い。
Dunning-Kruger as a Vicious Cycle

Dunning and Kruger often refer to a "double curse" when interpreting their findings: People fail to grasp their own incompetence, precisely because they are so incompetent. And since, overcoming their incompetence would first require the ability to distinguish competence form incompetence people get stuck in a vicious cycle.

「まさしく無能すぎるが故に、自分が無能であることを把握できない」という知見を解釈するとき、ダニング・クルーガー効果は二重の呪いと呼ばれる。従って、その無能を克服するためには、まず、有能と無能を識別する能力が必要であり、悪循環から抜け出せない。

"The skills needed to produce logically sound arguments, for instance, are the same skills that are necessary to recognize when a logically sound argument has been made. Thus, if people lack the skills to produce correct answers, they are also cursed with an inability to know when their answers, or anyone else's, are right or wrong. They cannot recognize their responses as mistaken, or other people's responses as superior to their own."

論理的に正しい議論を行うために必要なスキルはまさに、論理的に正しい議論が行われたことを認識するために必要なスキルと同じである。従って、正しい答えを作るスキルがないと、どこに正しい答えがあるか知ることもできず、他人が言っていることが正しいかも判断できないという呪いを受けることになる。そして、自分のレスポンスが間違っているのか、自分のレスポンスより相手のレスポンスがすぐれているのかも、認識できない。

[When Ignorance Begets Confidence: The Classic Dunning-Kruger Effect]


posted by Kumicit at 2013/07/22 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。