2013/08/04

1983年の演習用仮想放送原稿「核戦争勃発時の女王演説」

1983年の演習のために用意された「核戦争勃発時の英国女王の演説原稿」が、30年ルールに従って、2013年に機密解除されて、公開された。
[Full text of 'Queen's speech' for outbreak of World War Three

When I spoke to you less than three months ago we were all enjoying the warmth and fellowship of a family Christmas. Our thoughts were concentrated on the strong links that bind each generation to the ones that came before and those that will follow. The horrors of war could not have seemed more remote as my family and I shared our Christmas joy with the growing family of the Commonwealth.

Now this madness of war is once more spreading through the world and our brave country must again prepare itself to survive against great odds.

I have never forgotten the sorrow and the pride I felt as my sister and I huddled around the nursery wireless set listening to my father's inspiring words on that fateful day in 1939. Not for a single moment did I imagine that this solemn and awful duty would one day fall to me.

We all know that the dangers facing us today are greater by far than at any time in our long history. The enemy is not the soldier with his rifle nor even the airman prowling the skies above our cities and towns but the deadly power of abused technology.

But whatever terrors lie in wait for us all the qualities that have helped to keep our freedom intact twice already during this sad century will once more be our strength.

My husband and I share with families up and down the land the fear we feel for sons and daughters, husbands and brothers who have left our side to serve their country. My beloved son Andrew is at this moment in action with his unit and we pray continually for his safety and for the safety of all servicemen and women at home and overseas.

It is this close bond of family life that must be our greatest defence against the unknown. If families remain united and resolute, giving shelter to those living alone and unprotected, our country's will to survive cannot be broken.

My message to you therefore is simple. Help those who cannot help themselves, give comfort to the lonely and the homeless and let your family become the focus of hope and life to those who need it.

As we strive together to fight off the new evil let us pray for our country and men of goodwill wherever they may be.

God bless you all.

3か月近く前に私が皆さんにお話ししたとき、私たちは家族でクリスマスの暖かさと団らんを楽しんでいました。私たちは親の世代と子供の世代を結ぶ強い絆に思いを傾けていました。戦争の恐怖は、私の家族と私がクリスマスの楽しみを共有する、発展する英連邦の家族の皆さんよりも、はるかに遠いものでした。

今や、戦争の狂気が再び、世界中に広がり、我が勇気ある英国は再び、大いなる苦難を生き延びる備えをしなければなりません。

1939年の運命の日に、妹と私がラジオのまわり集まって、父の感動的な言葉を聞いたときに感じた悲しみと誇りを、私は忘れたことがありません。私は一瞬たりとも、そのような厳粛かつ苛酷な義務を果たさなければならない時が来るとは想像したことすらありませんでした。

今日、私たちが直面している危機は、私たちの長き歴史の中で経験したものよりも、はるかに巨大なものであることを、私たちは知っています。敵は銃を持った兵士でも、私たちの街を上空を飛ぶパイロットでもありません。悪用された技術の致命的な力です。

しかし、いかなる恐怖が私たちを待っていようとも、この悲しい世紀に二度、私たちの自由を守るのに貢献したすべてが、今回も私たちの力となるでしょう。

息子たちと娘たちのために、そして家族の元を離れて我が国を護る任務についている夫たちと兄弟たちのために、英国全土の人々が感じる恐怖を、私の夫と私も共有しています。私の最愛の息子アンドリューは、この瞬間も所属部隊とともに任務を遂行しており、私たちはアンドリューの安全と、そして国内と海外で任務にある軍人たちと女性たちの安全を絶えず祈っています。

家族の結束は、未知なるものに対する最大の防御となります。家族が結束し、決然とし、寄る辺なき人や防護手段のない人に、避難場所を与えるなら、我が国の生存の意志が挫けることはありません。

みなさんへの私のメッセージは、したがって、単純です。助けが必要な人を助けましょう。孤独な人や家なき人に慰めを与えましょう。希望と生命を必要とする人に、みなさんの家族で対処しましょう。

新たなる悪を撃退するために、私たちがともに努めるように、我が国と善意の人々のために、祈りましょう。

みなさんに、神の祝福がありますように。
これは1983年3月4日に、演習シナリオの進行が第3次世界大戦開戦となった場合の、仮想放送原稿であり、実際に起きた時のためのではない。

その点で、2008年に公開された、BBCの核攻撃時の予定原稿及び予定音源とは異なる。
posted by Kumicit at 2013/08/04 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。