2013/08/08

メモ「排気ガスを希釈して電磁気的印影しか残っていない液で治療するWilliam Rea, MD」

MCSの著名人William Rea, MDによる、排気ガス希釈液を使った治療法が2007年に問題になった。
[Stephen Barrett, M.D.:"William Rea, M.D. Facing Charges by the Texas Medical Board"]

In 2007, as noted below, the Texas Medical Board charged William J. Rea, M.D. with (a) using pseudoscientific test methods, (b) failing to make accurate diagnoses, (c) providing "nonsensical" treatments, (d) failing to properly inform patients that his approach is unproven, (e) practicing in areas for which he has not been trained, and (f) representing himself certified by a board that is not recognized by the American Board of Medical Specialties.

2007年に、テキサス州医療委員会はWilliam J. Rea, M.D. を、(a) 疑似科学検査手法を用いている、(b) 正確な診断ができていない、(c) ナンセンスな治療を行っている、(d) 実証されていないアプローチをとっていることを、患者に適切に告知していない、(e) 訓練を受けていない分野の治療を行っている、(f) 米国医療専門職委員会の認めていない委員会から認証されていると称していると非難した。

In 2010, the board approved a mediated agreed order under which Rea must revise the form he uses to obtain consent to treat patients with injections of environmental substances. The order was based upon Rea's failure to obtain informed consent from five patients diagnosed with chemical sensitivity and/or environmental sensitivity. During the investigation, Rea testified that a "car exhaust" solution he used for injections was so dilute that only an "electromagnetic imprint" of the original active substances remained. The revised consent form must state that (a) his injections contain only the “electromagnetic imprint” of the agents in question, (b) the therapy is not FDA-approved, and (c) the therapeutic value of the therapy is disputed. In addition, he must not start using any formulations that contain any amounts of substances classified as hazardous or carcinogenic by the Environmental Protection Agency or any other federal or statesregulatory agency. The charges not related to informed consent were dropped as part of the settlement. Rea is also licensed in Ohio. After learning about the Texas case, the Ohio Board of Medicine ruled that even though Rea was not practicing in Ohio, it would hold him to the same restrictions. Rea appealed this decision, but in 2013, the Franklin County (Ohio) Court of Common Pleas upheld the Ohio Board's ruling.

2010年に、テキサス州医療委員会は、環境物質注入による治療を行う患者からの同意に使う書式の修正を命じる調停合意命令を承認した。化学物質過敏や環境物質過敏と診断された5人の患者からインフォームドコンセントを取得していなかったことに基づいている。調査の過程で、Reaは、注入に用いた「排気ガス」溶液が希釈され過ぎていて、「電磁気的印影」しか残っていないと証言した。修正版の同意書では、(a) 注入液は問題の物質の「電磁気的印影」しか残っていないこと、(b) その治療法はFDAが承認していないこと、(c) 治療法の治療効果は、論破されていることを記載しなければならない。さらに、Reaは、環境庁あるいは連邦政府規制部局や州政府規制部局が有害物質あるいは発癌物質に分類している物質を、いかなる量でも調剤してはならない。インフォームドコンセントに関連しない非難は、調停結果には入らなかった。Reaはオハイオ州でも医師免許を持っている。テキサス州医療委員会の調停結果を受けて、オハイオ州州医療委員会は、Reaはオハイオ州では開業していないが、同等の制約をかけることを決定した。この調停合意を不服として、Reaは2013年に、オハイオ州Franklin郡通常事件裁判所に訴えたが、裁判所はオハイオ州州医療委員会の決定を支持した。

Rea, who operates the Environmental Health Center in Dallas, Texas, is best known for his promotion of the concept of multiple chemical sensitivity (MCS), a diagnosis not recognized as valid by the scientific community.

テキサス州Dallasにある環境医療センターを運営しているReaは、科学界では有効な診断だと認められていない、MCSの概念の著名な推進者である。
怪しい治療法だが、そのことをインフォームドコンセントに記載することで決着している。
posted by Kumicit at 2013/08/08 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック