2013/08/10

メモ「自己申告ベースのMCSに効く治療法」

どのような治療法が、MCSの治療に役立つのか自己申告ベースで調査した、2003年の論文がある。対象となる治療法は、通常医薬品から補完代替東洋医療まで様々。
Pamela Reed Gibson, Amy Nicole-Marie Elms, and Lisa Ann Ruding: "Perceived Treatment Efficacy for Conventional and Alternative Therapies Reported by Persons with Multiple Chemical Sensitivity", Environmental Health Perspectives, VOLUME 111 | NUMBER 12 | September 2003

Multiple chemical sensitivity (MCS) is a condition in which persons experience negative health effects in multiple organ systems from exposure to low levels of common chemicals. Although symptoms experienced from particular chemicals vary across persons, they are generally stable within persons. The sensitivities often spread over time, first to related chemicals and then to other classes of chemicals. This study examined self-reported perceived treatment efficacy of 101 treatments used by 917 persons with self-reported MCS. Treatments examined included environmental medicine techniques, holistic therapies, individual nutritional supplements, detoxification techniques, body therapies, Eastern-origin techniques, newer therapies, prescription items, and others. The three most highly rated treatments were creating a chemical-free living space, chemical avoidance, and prayer. Both creating a chemical-free living space and chemical avoidance were rated by 95% of respondents as helpful. Results for most therapies were mixed. Participants had consulted a mean of 12 health care providers and spent over one-third of their annual income on health care costs. We discuss this drain on personal resources and describe respondents’ attitudes toward the possibility of healing from MCS.

多種化学物質過敏症(MCS)は、一般的化学物質への低レベル曝露により、複数の器官系に健康への悪影響が発生する状態である。特定の化学物質による症状は個人によって異なるが、それらは人々の中で、一般的に安定している。過敏症の対象は多くの場合、最初は関連する化学物質だが、時間とともに他の化学物質群他に広がっていく。本研究では自己申告のMCS患者917人が、使用した101も治療法の自己申告による治療効果を検討した。検討した治療法は、環境医学技術、ホリスティックセラピー、個々のサプリメント、デトックス、ボディセラピー、東洋医学、新しい治療法、処方項目などである。最も高い評価を受けた治療法の上位3つは、ケミカルフリーの生活空間、化学物質の回避、祈りだった。ケミカルフリーの生活空間と化学物質の回避はともに、回答者の95%が役立つと評価した。ほとんどの治療法の結果を効果有無が入り乱れていた。回答者たちは、平均12人の治療師に相談し、年収の三分の一以上を医療費に費やしていた。我々は、個人の費用負担を議論し、MCSから治癒の可能性についての回答者の態度を記述する。

Key words: chemical hypersensitivity, chemical injury, environmental allergy, environmental illness, environmental sensitivity, multiple chemical sensitivity. Environ Health Perspect 111:1498–1504 (2003). doi:10.1289/ehp.5936 available via http://dx.doi.org/ [Online 9 April 2003]
自己申告で上位にランクインしたのは...

Treatment治療法Number triedHarmed (%)No effect (%)Helped (%)Help・Harm ratio (%)
Chemical-free living spaceケミカルフリーの生活空間8200.64.594.8155.2
Chemical avoidance化学物質回避8750.84.794.5118.6
Prayer祈り6091.434.464.248.3
Meditation瞑想4232.843.353.819.2
Acupressure指圧療法3084.528.367.214.9
Touch for healthタッチフォーヘルス753.841.854.414.3
Air filter (to prevent exposure)エアフィルター(曝露防止)786611.882.113.7
Rotation dietローテーションダイエット5605.722.172.212.7
Acidophilus乳酸菌6614.1445212.7
Relocation転地療法5137.4686.611.7
Reflexologyリフレクソロジー2044.838.556.611.6
Personal oxygen to cope with exposures曝露に対処するための酸素吸入3267.314.278.410.6
Faith healing信仰療法1274.751.643.89.3
Support group支援グループ5208.715.575.98.7
Craniosacral work頭蓋仙骨療法2706.636.656.78.6
Magnesium supplementsマグネシウムサプリメント6446.141.452.48.6
Chiropractic with applied kinesiologyアプライドキネシオロジーとカイロプラクティック2786.841.751.47.5
Nambudripad desensitization (NAET)脱感作療法(NAET)2077.638.653.97.1
Aluminum foil to seal offgassingオフガス防止用アルミホイル25310.914.774.46.8
Massageマッサージ5018.732.558.86.8
Oxygen therapy酸素療法16210.720.3696.4
Reikiレイキ1707.544.647.86.4
Other mineral supplementsその他のミネラルサプリメント6667.743.448.96.4
Charcoal maskチャコールマスク59812.89.877.46
Psychotherapy to cope with MCSMCSに対処するための心理療法3624.524.1656
Intravenous magnesiumマグネシウム静脈注入1751125.563.55.8
Polarity balancing極性バランシング1178.245.945.95.6
Herbal medicinesハーブ療法(漢方薬含む)65011.824.563.85.5
Other vitamin Cその他ビタミンC6839.538.851.75.5
Vitamin E supplementsビタミンEサプリメント7097.253.139.65.4
Yoga asans (postures)ヨガアサナス(ポーズ)2608.941.949.35.5
Traditional chiropractic伝統的カイロプラクティック4988.347.444.35.3
Acupuncture42210.23653.85.3
Qi gong気功1099.840.749.65.1
Milk thistle seedミルクアザミの種子4589.741.648.75


Table 3. The highest rated of 101 treatments [Gibson et al 2003]
「ケミカルフリー」と「化学物質回避」はさておき、それに続くのが、効果がありそうにない、祈りと瞑想と指圧とタッチフォーヘルスなどプラセボ効果だけの補完代替医療群。これらの下位には、ホメオパスホメオパシーとOTCホメオパシーとバッチフラワーがある。

このことは、MCSの症状の多くが心因性であることを意味するものではない。症状の多くが心因性でも起きうるものであるため、プラセボでも、症状を打ち消しやすいだけかもしれない。そもそも、自己申告ベースなので、何かを結論できるわけでもない。

で、一方、評価の低かった療法は...

Treatment治療法Number triedHarmed (%)No effect (%)Helped (%)Help・Harm ratio (%)
Zoloftゾロフト14868.223.48.40.1
Prozacプロザック18359.125.815.10.3
Elavilエラヴィル(抗鬱剤)14957.527.315.20.3
Other antidepressantsその他の抗鬱薬3065027.222.70.5
Valiumバリウム12544.734.320.90.5
Antiseizure medications (other than Neurontin)抗痙攣薬(ニューロチン以外)7650.524.724.70.5
Xanaxザナックス13445.827.826.30.6
Microhydrinマイクロヒドリン5726.253.8200.8
Acyclovir (Zovirax)アシクロビル(ゾビラックス)6833.440.725.90.8
P-N for chemicals with preservative防腐剤入り化学物質徴発中和15940.125.434.40.9
Glutathione in nasal spray鼻スプレーのグルタチオン5433.835.330.90.9
UltraClearウルトラクリア23235.730.3341
Hydrogen peroxide過酸化水素12330.640.329.21


Table 4. Treatments rated more likely to harm than help. [Gibson et al 2003]
薬剤っぽい方が効きが悪そうなのも、MCSらしい感じではある。

posted by Kumicit at 2013/08/10 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371641039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック