2013/08/11

メモ「IEI/MCSと心理的問題の関連」

MCSからIEI(本態性環境不耐性症)へと概念が変わりつつある。で、このIEI/MCSになると、その結果として心理的問題も生じるのか、あるいは既に心理的問題をかかえている人々が、IEI/MCSになりやすいのかについて、調べた研究がある。
[Eek F, Karlson B, Osterberg K, Ostergren PO.: "Factors associated with prospective development of environmental annoyance.", J Psychosom Res. 2010 Jul;69(1):9-15. doi: 10.1016/j.jpsychores.2009.12.001. Epub 2010 Jan 21.]
Abstract
OBJECTIVES: Idiopathic environmental intolerance (IEI) has in cross-sectional studies been associated with emotional problems and psychiatric disorders. However, in the absence of prospective studies it has not been possible to determine whether emotional problems precede the onset of IEI, or are a consequence of IEI. The purpose of this study was to address this issue in a prospective panel study design.
METHODS: The study sample (n=10 275) responded to a postal survey that included five questions regarding annoyance from environmental factors, at baseline and at follow-up five years later. Associations between a number of self-rating scales of stress, subjective health, and working conditions at baseline on one hand, and development of environmental annoyance from baseline to follow-up on the other, were examined.
RESULTS: Participants having developed environmental annoyance between baseline and follow-up had at baseline reported more subjective health complaints, higher levels of stress, strain, and lack of recovery, more dissatisfaction with their work situation, and lower personal social support, compared to participants not developing environmental annoyance.
CONCLUSION: Elevated subjective health complaints, high stress in daily life and a strained work situation, all possible signs of sustained arousal, increase the risk of developing annoyance to environmental factors. The results fit the hypothesis that reduced subjective health, over the course of time, may be attributed to environmental factors.

目的:本態性環境不耐性症は、感情問題と精神疾患に関連する横断的研究である。しかし、予測調査が行われていないために、感情問題が本態性環境不耐性症の発症に先行しているのか、あるいは本態性環境不耐性症の結果として感情問題が起きているのか、判断できなかった。本研究の目的には、予測パネル研究デザインによって、この問題に対処することにある。

方法:環境要因による不快に関する5つの質問にベースライン調査及び5年後のフォローアップ調査で、郵便調査に回答したサンプル(n=10,275)。ベースライン調査の時の自己評価のストレススケールと主観的健康と労働条件と、ベースライン調査からフォローアップ調査の期間での環境不快の進行を、比較検討した。

結果:ベースライン調査からフォローアップ調査の期間で、環境不快を進行させた被験者たちは、そうでない被験者たちと比べて、ベースライン調査で、主観的健康問題を訴え、高レベルのストレスや緊張を感じ、疲労回復できず、労働状況に不満を感じ、個人的社会サポートがあまりなかった。

結論:主観的健康問題を感じ、日常生活での高いレベルのストレスや、緊張する労働状況や、持続的覚醒を示すあらゆる兆候は。環境要因に対する不快を進行させるリスクを増大させる。この結果は、時間とともに悪化する主観的健康状態は、環境要因と関連している可能性があるという仮説と整合している。
この郵便アンケートベースの5年追跡調査では、「主観的には健康問題を感じていて、ストレスや緊張感があり、労働状況に不満なこと」は、本態性環境不耐性症に先行しているようである。

その後、同様の研究は手間が大きいのか、なかなか行われておらず、Skovbjerg et al[2012]が、心理的苦痛と本態性環境不耐性症の関連性を再確認したにとどまる。
[Skovbjerg S, Rasmussen A, Zachariae R, Schmidt L, Lund R, Elberling J.: "The association between idiopathic environmental intolerance and psychological distress, and the influence of social support and recent major life events.", Environ Health Prev Med. 2012 Jan;17(1):2-9. doi: 10.1007/s12199-011-0210-5. Epub 2011 Mar 1.
Abstract
OBJECTIVES: Idiopathic environmental intolerance (IEI) is a disorder characterized by non-specific symptoms attributed to common airborne chemicals. Increasing evidence points to an association between IEI and symptoms of psychological distress. However, whether other risk factors influence this association has not been clarified. The objective of this study was to examine the association between psychological distress and IEI and to determine whether the association is confounded by social support and major life events.
METHODS: Data were collected by postal questionnaires; other results from the study have been published previously in this journal. The study included participants from a general population-based study who had reported symptoms of chemical sensitivities (n = 787) and two patient groups. The first patient group (n = 101) included individuals who had contacted the Danish Research Centre for Chemical Sensitivities, and the second included individuals who had been diagnosed with environmental intolerance (n = 136). Multiple, hierarchical linear regression analyses were conducted with four IEI-related domains, i.e., mucosal and CNS symptoms, chemical intolerances and social consequences, as the dependent variables, and psychological distress, social support and major life events as the independent variables.
RESULTS: Our study confirmed positive and statistically significant associations between psychological distress and IEI. The associations remained statistically significant after adjusting for major life events and social support.
CONCLUSIONS: The results suggest that the association between IEI and psychological distress cannot be explained by known risk factors. More studies, including longitudinal studies, are needed to determine the role of psychological distress in the development and course of IEI.

目的: 本態性環境不耐性症は普通に大気中に存在する化学物質に関連する非特異症状によって特徴づけられる疾患である。本態性環境不耐性症と心理的苦痛の症状の関連性を支持する証拠が積み上がっている。しかし、その他のリスクファクターがこの関連性に影響しているかは、明らかではない。本研究の目的は、本態性環境不耐性症と心理的苦痛の関連性を調べ、社会的サポートと主要なライフイベントがこの関連性に影響しているかを明らかにすることである。

方法: データは郵便アンケートで収集した。その他の結果は本誌に掲載済みである。研究の被験者には、化学物質過敏症だと自己申告した一般人787名と2つの患者集団が含まれる。第1の患者集団はデンマーク化学物質過敏症研究センターにコンタクトした100人であり、第2の患者集団は環境不耐性症と診断された136人である。粘膜症状と中枢神経系症状と化学物質不耐性と社会的影響の4つの環境不耐性症の症状を従属変数とし、心理的苦痛と社会的サポートと主要なライフイベントを独立変数として、重階層線形回帰解析を行った。

結果: 心理的苦痛と本態性環境不耐性症に、ポジティブかつ統計的有意な関係を確認した。主要なライフイベント及び社会的サポートの効果を補正後も、関連性は消えなかった。

結論: 結果は、心理的苦痛と本態性環境不耐性症の関連性は、既知のリスクファクターでは説明できないことを示唆している。本態性環境不耐性症の進行における心理的苦痛の役割を定めるには、さらなる研究が必要である。
IEI/MCSと心理的な問題が関連していそうではあるが、「いそうではある」どまりで、今後の研究待ちということころ。
posted by Kumicit at 2013/08/11 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック