2013/08/20

メモ「IEI-EMFに否定的な研究が積みあがっているもよう」

IEI/MCSの症状が化学物質によって誘発していることに否定的な二重盲検研究はあるが、肯定的な研究はない。電磁波過敏については、より否定的な状況にある。Rubin et al[2010]によれば...
[G. James Rubin, Rosa Nieto-Hernandez, and Simon Wessely: "Review -- Idiopathic Environmental Intolerance Attributed to Electromagnetic Fields (Formerly‘Electromagnetic Hypersensitivity’): An Updated Systematic Review of Provocation Studies, Bioelectromagnetics 31:1–11, 2010. ]

Idiopathic Environmental Intolerance attributed to electromagnetic fields (IEI-EMF; formerly ‘electromagetic hypersensitivity’) is a medically unexplained illness in which subjective symptoms are reported following exposure to electrical devices. In an earlier systematic review, we reported data from 31 blind provocation studies which had exposed IEI-EMF volunteers to active or sham electromagnetic fields and assessed whether volunteers could detect these fields or whether they reported worse symptoms when exposed to them. In this article, we report an update to that review. An extensive literature search identified 15 new experiments. Including studies reported in our earlier review, 46 blind or double-blind provocation studies in all, involving 1175 IEI-EMF volunteers, have tested whether exposure to electromagnetic fields is responsible for triggering symptoms in IEI-EMF. No robust evidence could be found to support this theory. However, the studies included in the review did support the role of the nocebo effect in triggering acute symptoms in IEI-EMF sufferers. Despite the conviction of IEI-EMF sufferers that their symptoms are triggered by exposure to electromagnetic fields, repeated experiments have been unable to replicate this phenomenon under controlled conditions. A narrow focus by clinicians or policy makers on bioelectromagnetic mechanisms is therefore, unlikely to help IEI-EMF patients in the long-term.

電磁場に起因する本態性環境不耐性症(IEI-EMF, 以前は電磁波過敏と呼ばれた)は、電気機器への曝露後に報告される主観的症状であり、医学的に説明できない病気である。初期の系統的レビューで、「電磁場に曝露されたときに、電磁場を検出できるか、悪い症状を報告するかについて、アクティブ及び偽電磁場に曝露されたIEI-EMFボランティアによる、の盲検誘発研究」31本から、我々はデータを報告した。本論文では、我々はこのレビューをアップデートする。精力的な文献調査により、新たに15件の実験を特定した。以前の論文で報告した研究も含めて、合計46本の盲検及び二重盲検誘発研究で、合計1175名のIEI-EMFボランティアが、電磁場に曝露されたときに、IEI-EMFの症状を起こすかテストされた。この理論を支持する堅牢な証拠は見つからなかった。しかし、レビューに含めた研究は、IEI-EMFの急性症状のトリガに、ノセボの役割を支持している。その症状が、電磁場への曝露によって引き起こされるというIEI-EMF患者の信念にもかかわらず、繰り返される対照実験では、この現象は再現できていない。したがって、治療者や政策決定者が生体電磁気メカニズムにフォーカスすることは、長期的にはIEI-EMF患者を足すことと助けることにはならなさそうである。
最近も、IEI-EMFが主として心因性によるもと示唆する研究が発表されている[Ferenc Köteles et al. 2013]。
posted by Kumicit at 2013/08/20 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372550338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック