2013/08/26

米国の地下水のラドン

2013年5月に韓国環境部が「2012年に、全国92の自治体及び個人の飲用地下水563か所について、自然放射性物質の含有実態を調査した結果、全体の16.3%にあたる24か所で、米国の飲料水基準値を超えるラドンが検出された」という発表した話を、数日前に取り上げた

報道ではラドンの米国基準(4000pCi/ℓ)と書かれていたが、実際には米国環境庁提案値であり、基準値(MCL: 300 pCi/ℓ = 11.1Bq/ℓ)と、ラドン対策を行っている場合の許容値(AMCL: 4000pCi/ℓ = 148Bq/ℓ)がある。米国では、1992〜2003年に調査がおおなわれており、そのときには、3877の井戸でラドンが測定され、65%の井戸がMCL超過、2.7%の井戸がAMCL超過だった。
RadonUSGS.png
[Trace Elements and Radon in Groundwater Across the United States, 1992–2003 on USGS]
AMCL超過した地点の比率は、韓国に比べれば、かなり少ない(韓国 16.3% vs 2.7% 米国)。とはいえ、ニューイングランド方面に、AMCL超過した井戸が多くあるので、北東部の地下水は注意した方がいいかもしれない。

なお、韓国の地下水のラドン最高記録は32924pCi/ℓだったが、米国では220,000pCi/ℓという例がある。


posted by Kumicit at 2013/08/26 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。