2013/08/27

半世紀前にはありふれていた...

核戦争後の放射能ミュータントというネタ、特に普通人を超えた存在が出現するネタの初出がいつかは定かではないが、フィクション扱いではない形での早い例として知られるのが、月刊誌Modern Mechanix 1953年12月号である。
SF1s.png
[O. O. Binder: "An atomic war could produce an entirely new species of man. Would he be friend or foe?" on How Nuclear Radiation Can Change Our Race (Modern Mechanix, Dec, 1953) on Blog.ModernMechanix]
フィクションでは...
A similarly bleak ending follows atomic technology in Lester del Rey's 1938 short story “The Faithful” where a nuclear holocaust destroys the human race, clearing the way for intelligent apes and dogs to take over as well as another Cartmill story, 1942's “With Flaming Swords,” which features the struggle against atomic mutant villains who rule Earth. (p.29)

Similarly, the telepaths in Henry Kuttner's Mutant, a 1953 collection of novelettes published under the Lewis Padgett pseudonym, are believed to have come into being because of fallout from the “Blow-Up.” Telepaths are also the result of nuclear war induced radiation in The Crysalids by John Wyndham. (p.33)

The nightmare of nuclear radiation-induced mutation also appears in what many describe as a horror classic: Richard Matheson's 1954 novel I Am Legend, .... (p.33)

同様に荒涼とした結末は、Lester del Reyの1938年の短編"The Faithful"がある。これは、核戦争が人類を絶滅させ、知性を持つ猿と犬に道を開くものである。同様に、Cartmillの1942年の作品"With Flaming Swords"では、地球を支配する原子ミュータントとの闘いを取り上げている。

同様に、Lewis Padgett名義で出版された1953年の作品集にあるHenry Kuttnerの"Mutant"に登場するテレパスは、"Blow-up"の降下物によって生じたと考えられている。John Wyndhamの"The Crysalids"では、テレパスは核戦争の放射線によって生じている。

核の放射線に誘発される突然変異の悪夢も、ホラーの古典として多くが記述した作品に登場している。Richar Mathesonの1954年の小説"I Am Legend"...

[Heather Urbanski: "Plagues, Apocalypses and Bug-eyed Monsters"]
少なくとも"With Flaming Swords"(1942)は種族としてのミュータントのようである。

また、異形の異能キャラとしての、双頭のミュータントキャラの初出もわからないが、既に1962年のペリーローダン27巻にGoratschinが登場している。
Ivan Ivanovich Goratschin
Race: Terran
Date of Birth: April 19, 1950
Date of Death: 3432 AD
Places of Birth: Siberia, Terra
Height: 2.5 meters
Description: Human with Two Heads and Greenish Scaley Skin
First Appearence: Im Banne des Hypno ("In the Thrall of Hypno") - #27 (American #20)
Last Appearence: der Mann, der Doppelt Starb ("the Man who Died Twice") - #409
PerryRhodanTwoHeaded.jpg
(This picture comes from the Perry Rhodan computer game by FanPro)
[Perry Rhodan FAQ]
1960年代初頭には、核戦争後のミュータントというのは、あれふれたネタになっていたようである。


posted by Kumicit at 2013/08/27 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。