2013/09/02

条件反射は症状を起こすものの候補たり得るだろう

MCS患者の症状の原因が心因性であるか否か、識別を試みて、心因性であると診断された症例報告が2008年ににあり、MCS患者が心因性であるか識別する必要性があることがわかっている。そして、そのような指摘は既に2000年になされている。
[Black DW.: "The relationship of mental disorders and idiopathic environmental intolerance.", Occup Med. 2000 Jul-Sep;15(3):557-70.]

Abstract
Idiopathic environmental intolerance (IEI) is an acquired condition with multiple symptoms associated with diverse environmental factors tolerated by most persons, not explained by known medical or psychiatric disorders. Data from clinical and epidemiologic samples show a robust association between IEI and lifetime psychiatric disorder, particularly mood, anxiety, somatoform, and personality disorders. IEI has not been associated with lifetime substance use disorders or psychotic disorders. The relationship of IEI and psychiatric disorder is important to acknowledge because it alerts clinicians to the fact that many persons diagnosed with IEI suffer treatable emotional illnesses, and because it suggests that some persons with mental illness are being misdiagnosed when their symptoms are misinterpreted as evidence of IEI.

本態性環境不耐性症(IEI)は、既知の医療及び精神疾患で説明されない、大半の人々が許容可能な多様な環境要因に伴う多種の症状の獲得状態である。臨床及び疫学事例は、IEIと生涯にわたる精神疾患、特に気分・不安・身体表現・人格障害と強固な関連性を示している。IEIは生涯にわたる、物質使用の障害や精神病性障害とは関連していない。IEIと精神疾患の関係を確認することは重要である。というのは、IEIと診断された多くの人々が、治療可能な感情の病気を苦しんでいるという事実を医師たちに警告することになるからだ。そして、精神疾患の人々の一部が、その症状がIEIの証拠として誤って解釈されて誤診されていることを示唆しているからだ。
同じ頃、条件反射の学習による獲得として、MCSの再現を行った研究例がある。
[OMER VAN DEN BERGH, STEPHAN DEVRIESE, WINNIE WINTERS, HENDRIK VEULEMANS, BENOIT NEMERY, PAUL EELEN, AND KAREL P. VAN DE WOESTIJNE: "Acquiring Symptoms in Response to Odors: A Learning Perspective on Multiple Chemical Sensitivity", Ann N Y Acad Sci. 2001 Mar;933:278-90.]

ABSTRACT: In this chapter, a learning account is discussed as a potential explanation for the symptoms in multiple chemical sensitivity. Clinical evidence is scarce and anecdotal. A laboratory model provides more convincing results. After a few breathing trials containing CO2-enriched air as an unconditioned stimulus in a compound with harmless odor substances as conditioned stimuli, subjective symptoms are elicited and respiratory behavior is altered by the odors only. Also, mental images can become conditioned stimuli to trigger subjective symptoms. The learning effects cannot be explained by a response bias or by conditioned arousal, and they appear to involve basic associative processes that do not overlap with aware cognition of the relationship between the odors and the CO2 inhalation. Learned symptoms generalize to new odors and they can be eliminated in a Pavlovian extinction procedure. In accordance with clinical findings, neurotic subjects and psychiatric cases are more vulnerable to learning subjective symptoms in response to odors. Consistent with a learning account, cognitive-behavioral treatment techniques appear to produce beneficial results in clinical cases. Several criticisms and unresolved questions regarding the potential role of learning mechanisms are discussed.

この章で、多種化学物質過敏症に症状の説明の可能性として、学習を論じる。臨床証拠はわずかで、逸話でしかない。実験室モデルはより納得できる結果を与える。CO2の多い空気を少し吸い込むことを無条件刺激とし、無害な臭気物質を条件刺激として、自覚症状が誘発され、呼吸動作は、臭気のみによって変更される。また、精神的なイメージは、自覚症状をトリガする条件刺激になりうる。学習効果は、レスポンスバイアスや条件覚醒では説明できず、臭気とCO2吸入の関係を認識することとは重ならない、基本的な連想プロセスに伴って現れている。学習された症状は新しい臭気について汎化され、パブロフの消去手順で除去できる。臨床的発見と合致して、臭気に反応した自覚症状の学習に対して、神経症例や精神疾患症例は脆弱である。学習と一致して、認知行動療法の技術は臨床例で有益な結果を生成するように見える。学習メカニズムの潜在的な役割について、いくつかの批判や未解決の質問を論じる。
この一連のVan Den Berghたちの研究は、MCSが学習による条件反射であることを証明するわけではない。

しかし、二重盲検によりMCSに否定的な結果を出したStaudenmayer et al(1993)Bornschein et al(2008)が正しく、化学物質曝露で症状が生じていないのであれば、症状を引き起こしているものの候補たりうるだろう。


posted by Kumicit at 2013/09/02 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック