2013/09/03

MCSのとても疑わしい代替療法〜エネルギーバランシング

MCS(多種化学物質過敏症)の治療機関であるEnvironmental Health Centerは、治療法の一つとして、エネルギーバランシング療法を行っている。
[Energy Balancing on Environmental Health Center, Dallas]

Energy balancing is based on the existence of patterns of energy within and around the body that form a matrix used by the body to maintain itself in a state of "wellness."

エネルギーバランシングは、身体が自らをウェルネスに状態に保つために使うマトリックスを形成する、体内及び周辺にあるエネルギーパターンの存在を基礎としている。

The principle behind balancing is that every living organism is in constant movement, a vibration of energy, a contraction and expansion of the life force itself. Life energy moves within every cell of the body through channels called meridians or currents generating energy fields both inside and outside the body. These fields may be influenced to temporarily alter the flow of energy within the body.

エネルギーバランシング療法の基礎となる原理とは、あらゆる生物が、恒常的運動とエネルギーの波動と、生命力の収縮膨張の中にいるというものである。生命エネルギーは、経絡と呼ばれるチャネルや、体内外に流れが形成するエネルギー場を通って、体内の全細胞を移動する。これらのエネルギー場は、体内のエネルギー流を一時的に置換するような影響を受けることがあるかもしれない。

This temporary influence may be the result of (or) caused by the stress of illness, disease, injury, emotional trauma (past or recent) or psychological factors. In the normal course of events, when a physical correction, such as the ingestion of proper nutrients is made, the body naturally corrects the flow of life  energy. If, for some reason, the flow of energy remains out of balance, energy blocks may be established and chronic health problems arise. In energy balancing we work to release these energy blocks and balance the flow so that healing can take place naturally.

この一時的な影響は、病気や疾病や負傷や(過去あるいは最近の)感情トラウマや心理的要因などのストレスの結果として、あるいは起因して起きる。通常のイベントの過程では、適切な栄養の摂取などの身体的校正措置が行われたときに、身体は生命エネルギーの流れを正しいものに校正する。何らかの理由で、エネルギーの流れがバランスを崩したままになると、エネルギーブロックが形成され、慢性疾患が起きる。エネルギーバランシング療法で、我々はこれらのエネルギーブロックを解放し、自然に治癒が進むようにエネルギーの流れをバランスする。

Balancing deals with the energy that flows through and energizes the body's organs and tissues. In practice when influencing energy,  bi-polar contact is used, that is, we use two contact points on the patient's body simultaneously, a positive and negative contact, using hands, fingers or some combination of the two.

エネルギーバランシング療法は、身体の器官と組織内を流れて、それらを活性化するエネルギーに対処する。治療でエネルギーに影響を与えるときに、バイポーラコンタクト(二極接触)を使う。これは患者の身体の陰陽ふたつの接触点を同時に、手あるいは指あるいは組み合わせで用いる。

By temporarily influencing the energy flow, we remind the body of its natural state of health, a harmonious flow of life energy throughout the body, expressed physically in balanced cellular and biochemical activity. This remembrance of health allows the body to hold this harmonious flow as the body heals itself.

エネルギーの流れに一時的な影響を与えることで、我々は身体に、健康状態すなわち、バランスした細胞及び生化学的活動に身体的に刻印された、身体を流れるエネルギーの調和を思い出させる。この健康の回想が、身体に治癒自体として、調和した流れを維持させる。いい
とても疑わしい代替医療であり、このような主張を信じ込める人々を対象にしているのだろう。

なお、このエネルギーバランシング療法を行うEnvironmental Health Centerは、化学物質過敏症分野のキーマンの一人William Rea, MDが運営している

posted by Kumicit at 2013/09/03 06:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373775457
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック