2013/09/06

少なくとも2000年頃は臨床環境医の多くがAAEM所属だった

Federal Judicial Centerの資料(2000年)によれば...
One context in which the problem of reliability arises is when practitioners of a traditional discipline, such as medicine, find untenable claims by a nonconformist branch, such as clinical ecology. Thus far, federal courts have sided with the orthodox group and rejected the clinical ecologists’ theory that environmental insults may cause people exposed to them to develop a “multiple-chemical sensitivity” that makes them hypersensitive to certain substances. Since Daubert, decisions excluding the proposed testimony of a clinical ecologist have usually been justified on the ground that the multiple-chemical sensitivity theory has not been validated by testing. Although Kumho does not “rule in” testability as a factor to be considered in all cases, neither does it “rule out” testability as a reasonable criterion of reliability in an appropriate case. It is unlikely, therefore, that courts will handle clinical ecologists any differently than before, unless, of course, new research substantiates their theories.

信頼性の問題が生じる一つのコンテキストは、医学のような伝統的分野の実践者が、臨床環境医のような、通常医療に従わない人々の理不尽な主張に遭遇したときである。これまでのところ、連邦裁判所はオーソドックス側につき、環境原因物質に曝露された人々が、特定物質に過敏になる「多種化学物質過敏症」を起こす可能性があるという、臨床環境医の主張を退けている。Daubert以来、臨床環境医の証言を却下するという判断は、多種化学物質過敏症理論が検証によって確認されていないという理由で正当化されている。Kumhoは、すべてのケースについて、考量すべき要素としての検証性をルールインしていないが、適切なケースでの信頼性の合理的基準として検証性をルールアウトしていない。したがって、裁判所は新たな研究によって臨床環境医の理論が実証されない限り、臨床環境医を以前と違う扱いをすることはない。

[Reference Manual on Scientific Evidence, Second Edition. Federal Judicial Center, 2000]
これ以後も、MCS理論に否定的な実験はあっても、実証する研究はないので、この扱いは変わっていないと思われる。

なお、この文書では、臨床環境医を次のように位置づけている。
Clinical ecologists, another group of physicians, have offered opinions regarding multiplechemical hypersensitivity and immune-system responses to chemical exposures. These physicians generally have a background in the field of allergy, not toxicology, and their theoretical approach is derived in part from classic concepts of allergic responses and immunology. This theoretical approach has often led clinical ecologists to find cause-and-effect relationships or low-dose effects that are not generally accepted by toxicologists. Clinical ecologists often belong to the American Academy of Environmental
Medicine.

臨床環境医は、別の治療師の集団で、多種化学物質過敏症と化学物質への曝露による免疫反応についての意見を提示している。これらの治療師たちの多くは、アレルギーの分野を専門としており、毒物学ではなく、理論的アプローチは、古典的なアレルギー反応と免疫から導き出されている。このアプローチにより、臨床環境医は、毒物学者が一般に認めていない、因果関係や低用量効果を見出す。臨床環境医の多くはAmerican Academy of Enviromental Medicine(米国環境医学会, AAEM)に属している。

[Reference Manual on Scientific Evidence, Second Edition. Federal Judicial Center, 2000]
少なくとも、これが書かれた時点では、臨床環境医の多くがAAEM所属だったようである。


posted by Kumicit at 2013/09/06 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック