2013/09/09

二重盲検・ランダム化・対照群研究のかわりに、AAEMが行うこと

臨床環境医師の団体であるAmerican Academy of Environmental Medicine(AAEM)はABCのNightlineの批判に対する反論の中で、二重盲検について、次のように述べている(2008年)。
3. The Nightline interview suggested that only double-blind, randomized, controlled, prospective studies provide sufficiently reliable information upon which to base our practice of medicine. It is well known that over half of what we do in mainstream clinical practice as physicians is not based on such studies. Further, many areas of medicine including the complex problems seen in the practice of environmental medicine are not as easily studied because there are so many variables.

ナイトラインのインタビューは、二重盲検・ランダム化・対照群・前向き研究のみが、我々の臨床医療の基礎となる、十分に信頼できる情報を与えるものだと示唆している。メインスイームの医師の臨床医療の半数以上が、このような研究にもとづいていないことは、よく知られている。環境医学の臨床に見られる複雑な問題意を含む医学の多くの分野では、非常に多くの変数があるので、容易には研究できない。

[REACTION TO NIGHTLINE PROGRAM OF MARCH 20, 2008. on American Academy of Environmental Medicine
臨床環境医学のキーマンであり、AAEMの元会長でアドバイザーであり、"指でエネルギーバランシング"やサウナでデトックスなどの疑わしい療法を実践するWilliam Rea, MDは、Harriet Hallによれば、この言い訳をまさに反映した研究を実行している。
To show how rigorous a scientist Rea is, here’s the most recent example of his published scientific studies:

科学者William Reaがいかに厳格であるかを示すために、彼の最新の掲載科学研究を見てみよう。
Twenty-eight incapacitated individuals (average 43 years old, 7 males, 21 females, range 12-70) exposed to molds and mycotoxins were studied and treated with a protocol of cleaning up or changing their environment to be mold free. Injections of the optimum dose of antigens were given as part of the treatment protocol as was oral and intravenous (i.v.) antioxidants; heat depuration (sauna); physical therapy with massage and exercise under environmentally controlled conditions; oxygen therapy at 4-8 L/min for 2 hours with a special wood-grade cellophane reservoir and a glass oxygen container. Many patients were sensitive to plastics; therefore, exposures to these were kept to a minimum. Autogenous lymphocytic factor was given as an immune modulator. Of 28 patients, 27 did well and returned to work. One patient improved but did not return to work during the period of study.

カビやマイコトキシンに曝露されて、普通に生活できなくなった28名(平均43歳、男性7名、女性21名、年齢範囲12-70歳)を研究対象とし、クリーンアップ手順もしくは、生活環境をカビフリーにすることで治療した。治療手順の一部として、抗原の最適量の注射と経口及び静脈内酸化防止剤、温熱除去(サウナ)、マッサージ及び環境制御下での運動療法、特製木材セロファンのリザーバとがラス酸素容器による4-8リットル/分の酸素療法2時間を行った。多くの患者はプラスティック過敏である、したがって、これらへの曝露は最小限とした。免疫変調成分として自己リンパ球ファクターを投与した。28名中27名が仕事に復帰した。残る1名の患者は症状が改善したが、研究期間中には仕事に復帰できなかった。
With no controls and multiple interventions it is impossible to determine what worked or if anything actually did. Or even what was wrong with these patients in the first place. They are not trying to falsify a hypothesis or learn anything new; they are trying to justify a belief system. In my opinion, this kind of study amounts to junk science.

対照群はなく、介入は複数あり、何が働いたのか、効いたのか判断できない。そもそも、これらの患者たちが何が悪かったのかもわからない。彼らは仮説の反証も、何か新たなことも学ぼうとしていない。彼らはただ信念体系を正当化しようとしている。私の意見では、この手の研究は、結果としてジャンクサイエンスになる。

[Harriet Hall: "Environmental Medicine – Not Your Average Specialty" (2009/11/17) on Science Based Medicine]
二重盲検・ランダム化・対照群実験の代わりに行われたのは「色々やったら良くなったが、やらなかった場合にどうなるか知らないよ」という"研究"だった。なんというか、代替医療なので、代替研究をしたというところ。



posted by Kumicit at 2013/09/09 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック