2013/09/14

メモ「米国職業環境医学会(ACOEM, 旧称ACOM)のMCSについてのポジションステートメント(1990)」

1994年に環境庁やThe American Lung Association (ALA)やThe Consumer Product Safety Commission (CPSC)やThe American Medical Association (AMA)が室内環境について出したブックレットが「臨床環境医学」について参照した文献Ducataman et al.(1999)を紹介する。この文献は実際には、米国職業医学会(ACOM)の毒物学分科会としてのポジションステートメントである。また、ACOMは現在は米国職業環境医学会(ACOEM)と改称され、1999年には多種化学物質過敏症についてのポジションステートメント<を出している

で、「臨床環境医学」及び「多種化学物質過敏症」とされる患者への対処について書かれた部分は以下のとおりで、かなり強く「臨床環境医学」を批判している。
[American College of Occupational Medicine, Toxicology Committee: Ducataman et al. "What is Environmental Medicine?" Journal of Occupational Medicine 1990; 32: 1130-32. ]

Wider recognition of the many features of the environment that may adversely affect human health has attracted the interest of many, including some clinicians who may be insufficiently trained to address epidemiologic and toxicologic aspects of causation and prevention. Untested diagnostic and therapeutic regimens may become attractive to a few health care providers and their patients in the face of major deficiencies in information concerning environmental impacts upon health. Misdiagnosis of conditions related to the environment is as serious a problem as misdiagnosis of other conditions. For example, questions of untested and otherwise problematic aspects of clinical ecology have been noted by allergists and immunologists[5-7], internists[8,9], psychiatrists[10-12], government agencies and advisory panels[13,14], state medical societies where "clinical ecologists" practice[15] and consumer advocates[16-17]. Recently, trial courts also have expressed concern with the "subjective and conjectural" nature of clinical ecology testimony[18-21].

人間の健康に悪影響を与えるかもしれない環境の多くの要素についての幅広い認識が、因果関係や予防の疫学及び毒物学的側面に取り組むための教育を十分には受けていないかもしれない一部の医師たちを含む、多くの人々の関心を引きつけている。健康に対する環境のインパクトに関する情報が不足しているにもかかわらず、検証されていない診断法や治療法が、一部に医療提供者や患者たちを引きつけるようになってきている。環境に関連する症状の誤診は、他の症状の誤診と同様に、深刻な問題である。たとえば、「臨床環境医学」の検証されていない点や問題に多い点の問題は、あるいは問題のある側面についての疑問が、アレルギー医・免疫医・内科医・精神科医・政府機関・諮問委員会や、「臨床環境医」や消費者運動の活動している州の医療団体から指摘されてきた。最近では、裁判所が、臨床環境医学証言の「主観的かつ推測的」な点に懸念を表明している。

In these matters, we join other medical and scientific bodies in recommending, first, that all physicians must refrain from untested, unproven[22], or needlessly debilitating[23] diagnoses and treatments. Second, we ask that physicians recognize that the symptoms often leading to the diagnosis of "multiple chemical sensitivity" are real to the patient, even if the validity of the diagnosis and its proposed mechanisms are conjectural. Patients with multiple sensitivities need the same supportive, tolerant, and encouraging care that all patients deserve. Third, despite initial impressions that these patients may have simple misdiagnoses of other better known problems[7] or else learned psychologic reactions[10,11,24,25], occupational physicians should support and participate in scientifically designed studies of the phenomenon now characterized as multiple chemical sensitivity.

これらの問題について、我々は他の医学団体及び科学団体と歩調を合わせ、まず医師全員に、検証されていない、あるいは証明されていない、あるいは不必要に身体に負担をかける診断法や治療法を差し控えることを強く推奨する。第2に、たとえ診断法の正当性や提唱されたメカニズムが推測的であっても、「多種化学物質過敏症」の診断につながる症状は患者にとっては現実であると認識してもらいたい。他の全ての患者と同じく、多種過敏症の患者も、協力的で寛容で元気付けられるケアを必要としている。他のよく知られた病気の誤診あるいは、学習心理反射であるという第一印象を持ったとしても、職業医は、多種化学物質過敏症として特徴付られる現象についての、科学的にデザインされた研究を支援あるい参加を支援すべきである。

5 American Academy of Allergy, J. Allergy Clin. Immunol., 1981, 67, 333.
6 American Academy of Allergy and Immunology,  J. Allergy Clin. Immunol., 1986, 78, 269.
7 Terr, AI, Arch Intern. Med., 1986, 146, 145-149.
8 American College of Physicians, Ann. Intern. Med, 1989, 111, 168-178.
9 Kahn E. and Letz G, Ann. Intern. Med, 1989, 111, 104-106.
10 Brodsky CM, Psychosomatics, 1983, 24, 731-742.
11 Stewart DE and Raskin J, Can. Med Assoc J., 1985, 133, 1001-1006.
12 Schottenfels RS, in Cullen MR (ed) Workers with Multiple Sensitivities, State of the Art Reviews, vol II, 1987, 739-753.
13 Health Care Financing Administration, Fed. Reg., 1983, 48, 37716-37722.
14 Committee on Environmental Hypersensitivities, Report of the ad hoc Committee on Environmental Hypersensitivity Disorders, Toronto, Ontario, Ministry of Health, 1985.
15 Calforna Medical Association Scientific Board Taskforce on Clinical Ecology, West. J. Med., 1986, 144, 239-245.
16 Barrett, S. Nutrition Today, 1984, Mar/Apr 6-11.
17 Consumers Union, Consumer Reports, 1988, 53, 96-109.
18 Whitehead GM and Espel LD,  Toxics. Law Rep., 1988, 2, 1040-1047.
19 Keszbom A. and Goldman AV, Toxics. Law Rep., 1988, 3, 884-892.
20 Rothman RA and Maskin A, Toxics. Law Rep., 1989, 3, 1219-1231.
21 Miller, DR, Lancet, 1987, ii, 1283-1284.
22 Cullen, MR, N. Engl. J. Med, 1990, 322, 576-683.
23 Frumkin, H., Ann. Intern. Med, 1989, 111, 542.
24 Shusterman D. et al., J. Occup. Med., 1988, 30, 565-567.
25 Bolla-Willson K,  J. Occup. Med., 1988, 30, 684-686.
使っているのは、見てきたように、そして引用部分の前半にあるように、「検証されていない、あるいは証明されていない、あるいは不必要に身体に負担をかける」診断法や治療法を使っているのは、「臨床環境医」たちである。
posted by Kumicit at 2013/09/14 06:48 | Comment(3) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも良質の情報提供ありがとうございます。

記事タイトル内、"「" の直後の "は" の前には、何か主語が欠けているのでしょうか? それとも "は" 自体が削除漏れした文字なのでしょうか? おそらくは後者だ思うのですが、確証が持てないので質問させて頂きました。
Posted by nrt at 2013/09/14 18:11
どうもです。「は」は残骸です。ということで消しました。
Posted by Kumicit at 2013/09/15 01:33
少し分野が違いますが、癌の先進医療のニュースを想起させられました。
情報ありがとうございます。
Posted by もびろう at 2013/10/22 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/374758839
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[医学]臨床環境医学(Clinical Ecology)と環境医学(Environmental Medicine)は異なる
Excerpt: 国語の論説文の問題は、与えられた文章さえ読めば回答できるように出題者によって作られている。しかしながら、専門分野に関係する論文や報告書については国語の論説文のようには必ずしもいかない。前提となる専門..
Weblog: NATROMの日記
Tracked: 2013-10-31 18:08