2013/09/15

理科教科書をめぐるテキサスの攻防 2013年

テキサス州は人口2500万人で、カリフォルニア州の3700万人につぐ人口を擁している。このため、テキサスでの学校教科書の動向は他の州にも影響を及ぼす。そして、この教科書をめぐる戦いは、たとえば、「マーティン・ルーサー・キング・ジュニア師の非暴力的なアプローチとともに、ブラックパンサーの暴力の哲学」を学ぶことを義務付けたり、「資本主義」を「自由企業体制」と置換してみたりするなど、歴史教科書にも見られる。

もちろん主戦場は生物学や地学であり、米国の進化論教育を守るNational Center for Science Education (ncse)によれば、既に2009年に理科教科書が少し歪められている。
At its March 25-27, 2009, meeting, the Texas state board of education voted to adopt a flawed set of state science standards, which will dictate what is taught in science classes in elementary and secondary schools, as well as provide the material for state tests and textbooks, for the next decade. Although creationists on the board were unsuccessful in inserting the controversial "strengths and weaknesses" language from the old set of standards, they proposed a flurry of synonyms − such as "sufficiency or insufficiency" and "supportive and not supportive" − and eventually prevailed with a requirement that students examine "all sides of scientific evidence." Additionally, the board voted to add or amend various standards in a way that encourages the presentation of creationist claims about the complexity of the cell, the completeness of the fossil record, and the age of the universe.

2009年3月25-27日の会議で、テキサス州教育委員会は、「今後10年間の、小中学校の理科の授業内容を定め、州の試験及び教科書の内容を定める」誤った理科教育基準の採択を採決した。州教育委員会の創造論者たちはコントロヴァーシャルな用語な以前の基準からある「強いところと弱いところ」を挿入できなかったが、彼らは「十分あるいは不十分」と「支持的と非支持的」を提案し、最終的に生徒たちに「科学的証拠のすべての面を調べる」ことを義務付けることに成功した。さらに、州教育委員会の採決で、細胞の複雑さや化石記録の完全さや宇宙の年齢についての創造論者の主張の提示を推奨する方向に、さまざまな基準を追加・修正することを決議した。

[A setback for science education in Texas (2009/04/01) on ncse]
そして、再び戦いの季節がやってきた...
Ideologues on official state textbook review teams are attacking the treatment of evolution and climate change in science textbooks under consideration in Texas, charged the Texas Freedom Network and the National Center for Science Education in a joint press release issued on September 9, 2013. "Once again culture warriors on the state board are putting Texas at risk of becoming a national laughingstock on science education," TFN's president Kathy Miller warned.

As the press release explains, documents obtained by the TFN show "that reviewers made ideological objections to coverage related to evolution and climate change in textbooks from at least seven publishers, including several of the nation's biggest publishing houses. Failing to obtain a review panel's top rating makes it harder for publishers to sell their textbooks to school districts or can even lead the State Board of Education (SBOE) to reject the textbook altogether."

「州教科書の公式レビューチームのイデオローグたちは、テキサス州で検討中の理科教科書記載の進化論と気候変動の扱いについて攻撃してきた」と、Texas Freedom NetworkとNational Center for Science Educationの2013年9月9日付の共同プレスリリースで非難した。「州教育委員会の文化戦士たちは、テキサスの理科教育を全米の笑いものになるリスクに晒している」とTFN代表Kathy Millerは警告した。

そのプレスリリースによれば、TFNが入手した文書は「レビューアーたちは、少なくとも7社の理科教科書の進化論及び効く変動についての記載にイデオロギーてき異論を唱えている。うち数社は全米の大手出版社である。このレビューパネルで高いスコアを得られなかった出版社は、学区での採択が困難になるばかりか、州教育委員会によって教科書として却下される可能性もある。

[Textbooks under attack in Texas (2013/09/09) on ncse]
TFN及びNCSEによれば、聖書の原理に基づく創造科学・中間化石はない・気候変動に人間活動が影響している証拠はない・種の多様性に気候変動が影響する証拠はない・インテリジェントデザインは信頼できる化学・進化メカニズムとしての再結合と遺伝的浮動の否定・オオシモフリエダシャクの実験の否定などを入れることを求めているという。

これが通ると、出版社はテキサス州バージョンを作ることになり、それを今度は別の州が教科書候補として採択するという流れになる。
posted by Kumicit at 2013/09/15 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。