2013/09/19

1993年頃の臨床環境医

医学系学会たちから臨床環境医学が非科学と見なされていることが、Daubelt v. Merrell裁判[1993年の連邦最高裁]にも反映され、臨床環境医は裁判における専門家証人とは見なされない。その頃について、科学史などを専門とするMichelle Murphyは次のように書いている。
In fact, the now famous redefinition of the status of the scientific evidence in the judicial system in Daubelt v. Merrell was explicitly about clinical ecology. While clinical ecologists began by claiming that mental illness was sometimes caused by food sensitivities, they ended up defending their diagnosis of chemical sensitivity against claims that it was only cover for a mental illness, that practitioners were tricking impressionable, mentally ill women into thinking they were chemically sensitive.

今や有名な、Daubelt v. Merrell裁判[1993年の連邦最高裁判決]における、司法制度での科学的証拠の地位の再定義は、まさしく臨床環境医学についてのものだった。臨床環境医師たちは「精神疾患が食物過敏症で起きることがある」という主張を以て始めたが、最終的には「化学物質過敏症が精神疾患のカバーに過ぎない」という主張から自分たちの化学物質過敏症診断を擁護するために、影響を受けやすい精神疾患の女性たちを騙して、化学物質過敏症だと思い込ませた。そして「影響を受けやすい精神疾患の女性たちを騙して、化学物質過敏症だと思い込ませた」という主張から自分たちの化学物質過敏症診断を擁護することとなった。

Fleeing an increasing bad reputation, the Society of Clinical Ecology changed it's name to the Anerican Academy of Environmental Medicine. With clinical ecology's name change and the deaths of most of it's founding members, the capital migrated from Chicago to William Rea's Environmental Health Center in Dallas.

悪評を逃れるために、Society of Clinical EcologyはAnerican Academy of Environmental Medicineに名称変更された。この改称と、創立時のメンバーたちの多くの死により、本拠地はシカゴから、ダラスにあるWilliam ReaのEnvironmental Health Center へと移った。
...
While earlier clinical ecologists spurned conventional allergists' slavish reliance on an immunological mechanism, later clinical ecologists practiced their own form of "clinical immunology" in an attempt to objectify environmental illness and win scientific legitimacy.

当初の臨床環境医たちは通常アレルギー医たちの免疫メカニズムに信を置いていたが、環境病を具体化し、科学的正当性を得るために、独自形態の「臨床免疫学」を実践するようになった。

[Michelle Murphy:"Sick Building Syndrome and the Problem of Uncertainty: Environmental Politics, Technoscience, and Women Workers", Duke University Press, 2006/02/01, p. 162]
なお、著者Michelle Murphyは...
I am a Professor in the History Department and Women and Gender Studies Institute at the University of Toronto, with graduate appointments in Science and Technology Studies at York University and the Institute for the History and Philosophy of Science and Technology at U of T. I have a PhD in the History of Science from Harvard University (1998), and I have a Bachelors degree in Biology and History and Philosophy of Science and Technology from the University of Toronto (1992).
である。

その後も、以前も触れたFederal Judicial Centerの資料(2000年)にあるように...
One context in which the problem of reliability arises is when practitioners of a traditional discipline, such as medicine, find untenable claims by a nonconformist branch, such as clinical ecology. Thus far, federal courts have sided with the orthodox group and rejected the clinical ecologists’ theory that environmental insults may cause people exposed to them to develop a “multiple-chemical sensitivity” that makes them hypersensitive to certain substances. Since Daubert, decisions excluding the proposed testimony of a clinical ecologist have usually been justified on the ground that the multiple-chemical sensitivity theory has not been validated by testing. Although Kumho does not “rule in” testability as a factor to be considered in all cases, neither does it “rule out” testability as a reasonable criterion of reliability in an appropriate case. It is unlikely, therefore, that courts will handle clinical ecologists any differently than before, unless, of course, new research substantiates their theories.

信頼性の問題が生じる一つのコンテキストは、医学のような伝統的分野の実践者が、臨床環境医のような、通常医療に従わない人々の理不尽な主張に遭遇したときである。これまでのところ、連邦裁判所はオーソドックス側につき、環境原因物質に曝露された人々が、特定物質に過敏になる「多種化学物質過敏症」を起こす可能性があるという、臨床環境医の主張を退けている。Daubert以来、臨床環境医の証言を却下するという判断は、多種化学物質過敏症理論が検証によって確認されていないという理由で正当化されている。Kumhoは、すべてのケースについて、考量すべき要素としての検証性をルールインしていないが、適切なケースでの信頼性の合理的基準として検証性をルールアウトしていない。したがって、裁判所は新たな研究によって臨床環境医の理論が実証されない限り、臨床環境医を以前と違う扱いをすることはない。

[Reference Manual on Scientific Evidence, Second Edition. Federal Judicial Center, 2000]
臨床環境医たちが専門家証人に値しないとの判断は継続している。
posted by Kumicit at 2013/09/19 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック