2013/09/21

ミシガン州下院に反"気候変動科学"州法案が登場

米国の進化論教育を守National Center for Science Educationによれば、ミシガン州下院に反"気候変動科学"州法案が登場した。
House Bill 4972, introduced in the Michigan House of Representatives on September 12, 2013, would, if enacted, require that "[t]he state board model core academic curriculum standards shall not be based on the Next Generation Science Standards." Additionally, it would prohibit the state board of education and the state department of education from adopting, implementing, or aligning assessments to the NGSS, and prohibit all state officials and agencies from participating in implementing the NGSS.

The bill's primary sponsor, Tom McMillin (R-District 45), told the Petoskey News-Review (September 18, 2013) that he was primarily worried about "turning over our standards to unelected bodies," but he and cosponsor Greg MacMaster (R-District 105) also acknowledged their concern about the NGSS's inclusion of global warming: "It does get into controversial issues such as man-made global warming as fact,” said McMillin. "That's still somewhat controversial."

...

2013年9月12日にミシガン州下院に提案されたHB4972は成立すれば、「州委員会モデルコア学術カリキュラム基準は次世代理科基準(NGSS)に基づいてはならない」ことを義務付ける。さらに、州教育委員会及び州教育庁に対して、NGSSの採択・実施・アセスメント実施を禁じ、州当局者と州機関に対して、NGSSの実施を禁じる。

州法案の提案者Tom McMillin州下院議員(共和党District 45)は、Pretoskey News-Review(2013/09/19)に対して、「選挙で選ばれていない団体に、我々の基準を合わせる」ことへの懸念をまず述べた。しかし彼と共同提案者Greg MacMaster州下院議員(共和党 District 105)は、懸念がNGSSに地球温暖化が入っていることであることを認めた。「人間起源による地球温暖化のようなコントロヴァーシャルな問題を事実として入れている。これはまだ少しはコントロヴァーシャルである」とMcMillin州下院議員は述べた。

[Anti-NGSS bill introduced in Michigan (2013/09/19) on ncse]
州法案としては反進化論州法案と同類であり、どこまでミシガン州下院の共和党幹部たちがまともに取り合うかは不明(審議すべき州法案は多く、反進化論州法案はどの州でも委員会棚上げになることが多い)。


posted by Kumicit at 2013/09/21 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック